2017年08月12日

新型ジムニー?


 new-jimny1.jpg

2018年に現行ジムニー(JB23)がフルモデルチェンジをするらしい。ネットで検索したところ、上の写真がヒットした。信憑性はともかく、現行ジムニーに比べて、かなりアグレッシブなエクステリアになっている。タイヤは15インチだろうか。足の伸び縮みもかなり期待できそうだ。スペックなど詳細は知る由もないが、このスタイルで出るのなら、ちょっと考えてしまう。
posted by 生出 at 23:35 | Comment(0) | クルマ

2017年08月09日

白猫


 _0088249.jpg

なんとなく誰かの視線を感じことがあるもので、振り返ると・・・こいつがいた。白い猫、年齢・性別は不詳。どこから来たのか珈琲舎うつわの入り口付近にちょこんと座っていた。

 _0088255.jpg

やさしいマスターが牛乳を与えると、おいしそうにペロペロ。よほどお腹が減っていたに違いない。風体からして野良猫なのだろう。白い毛並みはお世辞にも奇麗とは云えない。身体の周りを複数の蚊が飛び回っていたのが気になった。これから先、季節が厳しくなったとき、彼(彼女)が生き延びられるか・・・。当面は大丈夫だろうが、やはり冬のことが気になってしまう。気になると云えば、峠の花子(牛)はどうしただろう?
posted by 生出 at 07:46 | Comment(2) | 馴染みの店

2017年08月04日

PERFECT ANGEL


 perfect-angel.jpg

大ヒットした「Lovin' You」が収められたMinnie Riperton(ミニー・リパートン)、2枚目のアルバム「「PERFECT ANGEL」である。リリースは1974年12月。

  「Lovin' You」

 Lovin' you I see your soul come shinin' through

 And every time that we oooooh

 I'm more in love with you

 La la la la la...

 do do do do do do...

 Ah...

最後の Ah... のフレーズは、この曲の真骨頂とでもいうべき聴きどころで、信じがたいほど広い声域・・・なんと5オクターブ・・・には驚きを隠せない。3オクターブ半出るという山下達郎もすごいのだが、彼女の唄声はまさに天使。あのスティービー・ワンダーが惚れ込んだというのも合点がいく。

エレクトリックピアノとギターというシンプルな構成ながらも、この曲の持つ世界観が存分に伝わってくる。時折聞こえてくる小鳥のさえずりが奥行きのある世界観を創り出す大きな役目を担っている。聴く者をやさしく包み込み、歌う彼女の姿を見ていると涙が流れてきそうだ。



1979年7月に31歳の若さで亡くなっている。
posted by 生出 at 23:17 | Comment(0) | 音楽

2017年08月02日

ゲリラ豪雨


 L1140985.jpg

毎年のように豪雨による被害が発生している日本列島。昨日も神奈川県で猛烈な雨が降った。この写真は先週の金曜日、私の住む会津若松市の模様。道路はまるで川である。歯車が狂いはじめた自然を元に戻すのは難しい・・・.この先も豪雨被害が発生するのは必至なのだろう。
posted by 生出 at 07:58 | Comment(0) | その他

2017年08月01日

八月


 2017-08.jpg

夏休みまっただ中の子供にとって、8月はパラダイス月間ですね。はじまったばかりの8月のカレンダーを見ると、これはもうたまらないほどうれしいことでしょう。この夏こそミヤマクワガタを捕まえてやるぞ、と昆虫図鑑を見ながら捕らぬタヌキの皮算用をしていた小学校時代の私でした。

小学校2年から5年の秋までは山梨県都留市に住んでいました。仲良しだった柴田君のお父さんの実家が道志村で、彼が帰省後に決まって自慢するのがミヤマクワガタだったのです。僕が捕まえたノコギリクワガタと比べてみると、身体の大きさ色艶が段違いで、子供心に彼に嫉妬していました(笑) 

あれからだいぶ時間が経過してしまい、いつの頃からか8月のカレンダーを見ても、あまりときめかなくなっている自分に気がつきました。この夏は久しぶりにクワガタでも探してみるか(笑)
posted by 生出 at 08:11 | Comment(0) | M's works

2017年07月31日

夏野菜カレーライス


 _0288192.jpg

何かを無性に食べたくなることって、誰もが経験することだろう。先日、僕が食べたかったのは夏野菜のカレーライスだった。
しかしカレーやシチューは、一食分だけを作るのはかなり面倒なことだ。といって何皿分も作るのも抵抗がある。何かいい方法はないかと、検索したところレトルトカレーを使った夏野菜カレーがヒットした。作り方は実に簡単。

 _0288190.jpg

用意したのはナス、タマネギ、アスパラ、レトルトカレーはハウスの「ザ・ホテル・カレー」である。

 _0288195.jpg

フライパンで野菜を炒め・・・

 _0288201.jpg

カレーを入れ、温まったら・・・

 _0288205.jpg

皿に盛るだけ。実に簡単である。今回使ったカレーは、ちょっとバターと生クリームの風味が強すぎて、僕の口にはちょっと甘ったるかったかな。でも美味しかったです。


posted by 生出 at 08:16 | Comment(2) | 男の料理

2017年07月27日

TAPROOT


 taproot.jpg

1990年にリリースされたマイケル・ヘッジスのアルバム「TAPROOT」は実験的な・・・と形容されることが多い。マイケルの卓越したギター奏法は、いまさら云うまでもないが、このアルバムではギター以外の楽器、フルート、パーカッション、ベース、キーボードなどもマイケルが演奏している。ギターサウンドが前面に出ていないため、通常イメージするギターインストとは曲想が異なり、やや前衛的なイメージを受けた。彼が音楽表現の幅を広げる上で、こだわりをもったであろうことは間違いないが、アルバムタイトルの「TAPROOT」(主根)のとおり、彼の音楽表現のテイストを十分に感じさせてくれる重要なアルバムである。

巨木の幹といっしょに写るマイケルの満足した表情から、このアルバムの完成度の高さが伺い知れる。同時に、物悲しさを感じてしまうのは、もう彼が二度と再び新しい曲を創れないという事実に気がついてしまったからだ。
posted by 生出 at 12:44 | Comment(0) | 音楽

2017年07月25日

麻婆茄子


 _0248187.jpg

冷蔵庫を開けると、扉側の棚に人参が「早く食べて!」とメッセージを出していた。葉っぱが伸びはじめていて、かなりくたびれた状態である。ネギもピーマンもしかり・・・。茄子だけは元気だったので、麻婆茄子を作ってみた。丸美屋という強い見方がいるので安心である(笑) 麻婆茄子の素、またお世話になりました。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 男の料理

2017年07月19日

ナスのおろし生姜漬


 _0188173.jpg

ナスの美味しい季節である。新鮮なナスが手に入ったので、ちょっと作ってみたのがこれ。簡単でおいしい。熱したフライパンにサラダオイル(適当)を敷き、切ったナスを入れたら、すぐに蓋をする。火が通ったら、あらかじめ麺つゆを入れておいた器に移す。大根おろし、おろし生姜をトッピングして冷蔵庫で冷やす。

シシトウがあれば彩りも増すのだろうが、スーパーに適量のものがなかったので今回は買わなかった。ご参考までに、サラダは惣菜売り場のマカロニサラダ。スライスしたタマネギの上に乗せ、周りをトマトで固める(笑) 納豆にはキザミネギをやや多めに入れた。長ネギの代わりにタマネギでもおいしい・・・。
posted by 生出 at 08:16 | Comment(0) | 男の料理

2017年07月15日

鈴木佳世作品展、本日最終日


 _0148114.jpg

それにしても暑い日が続きます。連日の真夏日、猛暑日にいささかグロッキー気味です。涼を求め珈琲舎雅を訪れると、コスモスの花が目に入ってきました。バックの作品は、鈴木佳世さんの作品です。

 _0148142.jpg

連日のようにファン、とくに多くの女性が訪れています。今日が最終日です。もう午後になってしまいましたが、まだの貴方、ぜひお越しください。
posted by 生出 at 12:27 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年07月14日

牛出没中


 L1140920.jpg

土湯峠(国道115号線)で牛を目撃したのが、先月26日の夕方だった。昨夕、道の駅付近を走行中に目にしたのが、この表示である。「この先、牛出没 走行注意」・・・えっ?まだ捕まえていなかった? 花子(牛の仮名)は、自由の身となり、短期間ではあるが、自然の中で生きていく術を身につけた? 
posted by 生出 at 08:19 | Comment(2) | 出逢いの妙

2017年07月13日

すき焼き風卵とじ


 _0267830.jpg

永谷園のすき焼き風卵とじである。用意する具材は豆腐、長ネギ、エノキダケ、そして卵である。味付けくらいは醤油、味醂、砂糖などを使えばいいのだろうけど、まずは試しに使ってみて、簡単お手軽なところが気に入り2度、3度と使ったのであった。
posted by 生出 at 08:25 | Comment(0) | 男の料理

2017年07月12日

円盤餃子


 _0067952.jpg

福島市霞町にある居酒屋「たかのは」の円盤餃子である。ここは馴染みの店とまではいかないが、幾度かお邪魔したことがあった。でもなぜか餃子のことは記憶から飛んでいたのである。なんでだろう。

というわけで今回はしっかり証拠写真を撮るとともに、じっくり味わったのであった。

美味であった。たしかこれで二人前だったと思う。あっというまに皿は空いた。

 _0067995.jpg

こちらは野菜炒め。テーブルにのってから数分で3分の1ほど消費されている。焼き鳥も美味しかった。
また行こう(笑)
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年07月11日

暑気払い


 _0078083.jpg

連日のように猛暑日が続く福島である。いっぱいやりましょう!ということで、宮森さんを囲んでの暑気払いを、いつもの「だいじょうぶ」で行った。それにしても暑い!カウンターに座ったオヤジ達の熱気も猛暑日の遠因?ときにヒートアップするのもいいだろう(笑)
posted by 生出 at 08:17 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年07月09日

WHIPPED CREAM & OTHER DELIGHTS


 whipped-cream.jpg

オールナイトニッポンのテーマソングは、このアルバムに収められている"Bittersweet Samba"なのである。説明は不要だろう。

 herb-alperts-1.jpg

 herb-alperts2.jpg

 herb-alperts3.jpg

radicoで聞くのもいいだろうが、やっぱり深夜放送は、ちょっと雑音混じりのAMの音に限るな、と僕は思うのであった。
posted by 生出 at 20:07 | Comment(2) | 音楽

2017年07月05日

福島大学写真部写真展2017


 fukudai.jpg

下記日程にて福島大学写真部の写真展が開催されます。

日時:7月8日(土)午前10時〜午後7時 9日(日)午前10時〜午後5時まで
場所:とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)3階展示室
   福島県福島市春日町5-54

皆様のお越しをお待ちしています。
posted by 生出 at 08:18 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年07月04日

いまは、僕の人生で何番目の駅だろう


 _0017875.jpg

自分の住んでいる街を、こうやって見下ろすロケーションはそうはない。ひとつひとつの屋根の下には、喜怒哀楽を織り交ぜた日々の暮らしがある。この集落に知り合いはひとりもいないのだけれど、どんな人生を歩まれているのか・・・勝手に想像力が働いてしまう。

カタンコトンとかすかにレールの響く音が聞こえてくる。会津若松13時7分発の普通列車が、もうすぐ終着駅の会津川口に到着する。人生という名の旅も後半になると、いまは終着駅まで、あとどのくらいなのだろうか?などと余計なことを、ふと考えてしまう。
posted by 生出 at 08:22 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2017年07月01日

七月


 2017-07.jpg

今日から七月。第一日目はあいにく雨模様の会津でした。梅雨入りしたのが先月21日で、しばらく雨の少ない日々でしたが、ようやく梅雨らしい空模様になりました。鬱陶しい日々が当面は続くのでしょうが、これも季節のお約束。今しばらくの辛抱です。今月下旬には梅雨明けするでしょうから、それまで心と体にカビが生えないよう、くれぐれも気をつけましょう。
posted by 生出 at 18:07 | Comment(0) | M's works

2017年06月30日

鈴木佳世 作品展開催中


 _0297842.jpg

珈琲舎雅開店13周年、Roccia開店1周年を記念して陶芸家鈴木佳世さんの作品展「ひとり時間」が開催されています。すでに6月24日から開催されていて、7月15日(土)までの会期です。思わず手にとってみたくなる暖かみのある作品が雅、Roccia両店内に飾られています。

詳細は珈琲舎雅のブログをご覧ください。

 _0267823.JPG

窓辺に飾られている作品達。心がほっこりする世界観に溢れています。
posted by 生出 at 07:52 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年06月26日

黒毛和牛現る。


 L1140881.jpg

夕暮れ迫る国道115号線、土湯峠に突如現れた黒毛和牛。近くに牧場があるわけではない。想像だが・・・輸送中に何らかのアクシデントがあり、そのどさくさに紛れて、いわゆる脱柵をしたのではないかと思われる。それにしても目の前に突如として現れた和牛の姿に、声も出なかった。

 L1140883.jpg

近づくと警戒して林道へ入り込んでしまった。車をバッックさせると牛は前進する。牛も自分の置かれている立場に不安を覚えているようで、一刻もこの場所から離れたいようだ。しかし陽が落ちた峠道を、この黒い体で歩くのは極めて危険である。重大事故が発生したのでは洒落にならない。すぐに110番通報をして、あとは警察に任せることにした。

所用があり、警察が来るまで現場にいられなかったのが心残りだったが・・・無事保護されかな? そして所有者は、このトラブルにいつ気がついたのだろうか?
posted by 生出 at 22:18 | Comment(2) | 出逢いの妙