2017年09月30日

写真展中止



 _0289047.jpg

28日から始まったばかりの写団ふくしまの写真展ですが、福島テルサの設備不具合により急遽中止になりました。会期中、足を運ばれるご予定の方にはほんとうに申し訳ございません。このまま中止になるか、改めて会期を設定するかは、いま時点で決まっておりません。決まり次第ご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。
posted by 生出 at 13:45 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年09月28日

写団ふくしま写真展開催中!


 _0289038.jpg

郡山展が終了し、本日より福島市上町の福島テルサにて福島展が始まりました。会員諸氏の力作をぜひご覧ください。私も拙作を一枚、晒しておりました。ご高覧いただければ幸いです。
posted by 生出 at 22:00 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年09月26日

写真の店みやもり閉店


 _0268966.jpg

本日をもって写真の店みやもりが閉店した。突然の連絡で僕も面食らっているところである。このご時世にフィルムにこだわり続けた一人の男が、ついに銀塩の旗を降ろし、静かに店の扉を閉めた。

 _0269013.jpg

宮森さんが彼の地に開店してから10年の年月が流れた。その間、巷ではフィルムの話題が、ごく稀に取り上げられることはあったものの大抵は明るいものではなかった。それでもフィルムの再起に期待を抱きつつ走り続けた宮森さんであった。僕自身もデジタルへ移行し、なんとも心苦しい思いをしていたのだが、いずれ大きな波には太刀打ちできなかった、ということだ。

本日午後3時半に、けっして大きな星とは云えなかったが、写真の店みやもりの明かりは消えた。しかし最後に強烈な閃光を放ったことをここに記しておきたい。僕らの記憶から写真の店みやもりが消えることはないのである。

宮森さん、ほんとうにありがとう。
posted by 生出 at 22:38 | Comment(5) | 馴染みの店

2017年09月23日

そして・・・


 _0218704.jpg

個展を拝見したのち、画伯と夜の吉祥寺へと繰り出したのだった。有名なハーモニカ横丁である。戦後の闇市が横丁のスタートで、現在は新旧約100店舗がひしめいている。雑多な雰囲気がたまらない。とある店で美味しいビールをいただき、気がつくと・・・。

 _0218811.jpg

阿佐ヶ谷にワープしていた。カウンターだけの、とあるバーで居合わせた客と話しが大いに盛り上った。ここでは書ききれないくらい人の縁を強く感じる出会いであった。時計を見ると11時半。福島と違って終電時間を心配する必要があまりないので、気持ちもついつい緩んでしまう。

ホテルに戻ったのが何時だったのか正確なところはわからないが、濃厚な時間を過ごすことができ、画伯も僕も大いに満足したのであった。
posted by 生出 at 14:36 | Comment(2) | 出逢いの妙

2017年09月22日

蛭田憲一展はじまる


 _0218610.jpg

昨日より吉祥寺のギャラリー永谷2で始まった蛭田憲一展「ヒルタノリカズの世界」である。開始早々、ギャラリーにファンがかけつけていた。皆さんも是非足をお運びください。
posted by 生出 at 22:48 | Comment(1) | 写真展・絵画展など

2017年09月19日

タマネギスライスとサンマの蒲焼き


 _0288431.jpg

疲れ果てた一日であった。ようやくわが家へたどり着き冷蔵庫の中を見てみると・・・ほとんど何も入っていない。疲れが倍増する瞬間である。買い物に行くのも面倒で、なんとか有り合わせのもので作ったのがこれである。

たまたまあったサンマの蒲焼き(缶詰)をタマネギスライスと合わせただけのもの。でもそれなりにおいしかった。CookPadを見てみるとタマネギを炒めてもよかったみたい。

ご飯、モズク酢、冷や奴、冷やしトマトと、まったく火を使わないで用意した夕飯であった。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 男の料理

2017年09月13日

眠り猫


 _0098470.jpg

あれ以来、珈琲舎うつわへ日参している白猫である。マスターによると、野良であるが故に人に対して100%心は開いていないようで、手を出すと引っ掻かれるとのこと。白猫のお目当ては、なんと云ってもマスターが与えるミルク、そして最近はキャットフードである。

この日もいつのまにか入り口にちょこんと座っている。そのシルエットが、まるで左甚五郎の眠り猫のように見えたのでパチリ。でも改めて眠り猫を見てみると、向きが違うんだね。

posted by 生出 at 08:37 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年09月12日

蛭田憲一展


 document-3.jpg

画家蛭田憲一氏が、吉祥寺のギャラリー永谷2にて個展「ヒルタノリカズの世界」を開催いたします。
会期は9月21日(木)〜27日(水)までです。初日は13時〜18時、以降は10時〜18時、最終日は10時〜15時までとなっています。ギャラリーの情報はこちらよりご覧ください。

今回の個展のために描かれた渾身の作品を、ぜひご覧いただければ幸いです。
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年09月08日

三種類のキノコと小松菜の黒コショウ炒め


 _0078442.jpg

用意したもの。椎茸、エノキダケ、舞茸、小松菜、ベーコン。味付けはバターと醤油、そして黒コショウ。お手軽メニューですな。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 男の料理

2017年09月05日

風 ファーストアルバム


 document-1.jpg

いまふりかえると1973〜75年という時間は、僕の音楽の方向性を決定した重要な時間であった。な〜んて書くと、なにやら一端のミュージシャンっぽい発言になってしまうが、まぁ〜簡単に言えば、音楽の好みがはっきりした、ということである。あの時期は拓郎、陽水、かぐや姫、そして結成したばかりの風がすべてといってもいいくらいだった。もちろんその他いろいろ聴いたのだけど、限られた小遣い、情報の中で、新しいミュージシャン、楽曲との出逢いは、いまとは比べ物にならないほど少なかった。なので手元のLP、ラジカセで録音したFMをカセットで繰り返し聞くのが関の山だった。

音楽的環境としては、非常に貧しい中でフォークギターを始めた訳なんだけど、誰もがそうであったように、コードを覚えるのに四苦八苦。最初の壁は、ご多分に漏れず「F」であった。なんとかクリアしたものの、次の壁がリードギターだった。なにせコードしか載っていない簡単な楽譜しかなかったので、耳コピをせざるをえなかった。しかし稚拙な僕の耳では聞き取れない部分がほとんどで、壁をクリアするのは容易くはなかった。

そんなとき、同級生が弾く風の曲には、正直嫉妬した。とにかく上手かった。同時に聞かせる音を奏でる素晴らしさを教えてくれた。同級生の弾く「海岸通」と「あいつ」のアルペジオ&リードは僕の心を捉えて離さなかった。いつか弾いていやると思いつつ、いまに至っているのだから、僕のスキルもそれほどでないことがわかる。

風のファーストアルバムは1975年6月にリリースされた。かぐや姫の解散が4月で、その二ヶ月前に風として発表されたシングル盤「22才の別れ」が大ヒット。いきなりオリコン第1を獲得。そしてファーストアルバムも追い風に乗って第1位。時代の風が彼らに吹いたのだ。

ついでに云うと2作目のアルバム「時は流れて・・・」も1位、「WINDLESS BLUE」は3位、「海風」は1位、「MOONY NIGHT」は2位という輝かしい結果を出した。

 document-2.jpg

アルバムは全体にアコースティック感に溢れている。どの楽曲も思い出深い。聴きどころなどは、いろんなひとが、いろんなところで云っているので、ここでは触れなくてもいいだろう。ちょっと目先を変えた聴きどころとしては・・・コーラスにシュガーベイブ、ハイファイセットが参加しているところだ。5曲目の「でぃ どりーむ」の1分55秒から2分10秒の間に聞こえてくる歌声は・・・一部コアなファンはいたものの、まだ一般的にはほとんど知られていない「山下達郎」である。「RIDE ON TIME」でブレークする前の貴重な唄声だ。

他に細野晴臣、松任谷正隆、伊藤銀次、石川鷹彦、吉川忠英、吉田美奈子などなど豪華な顔ぶれだ。
posted by 生出 at 22:20 | Comment(4) | 音楽

2017年09月03日

第14回 写団ふくしま 風景讃美


 document.jpg

上記内容で写団ふくしまの写真展が開催されます。会員のみなさんの力作をぜひご覧ください。
posted by 生出 at 22:34 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年09月01日

九月


 2017-09.jpg

ひさしぶりに清々しい気候に恵まれた福島です。湿度も気温も低めですが過ごしやすい日和です。こんな日が続いてくれればいいのにと思います。でも週末は台風の影響で、また空が泣き出すようです。長続きしないのは季節のせいなのか、それとも温暖化のせいのか。

とにかく、この貴重な一日を有効に使いたいと・・・思うだけで、なかなか思うようには行きません。
posted by 生出 at 12:59 | Comment(0) | M's works

2017年08月28日

テイラー314Ce


 _0208412.jpg

うつわのマスターにも弾いてもらった。
posted by 生出 at 22:50 | Comment(0) | アコギ

2017年08月27日

吉田類の酒場放浪記


 rui1.jpg

2003年に放映された吉田類の酒場放浪記の第一回目は吉祥寺のシンボルとまで言われた「焼き鳥のいせや」だった。ぼぉ〜と見ていたら、公衆電話を使っている男の背中がふと目に入った。何だか見覚えのある人だなぁ〜と。

番組の最後に吉田類が訪れた店の印象などを語るのだが・・・。

 rui2.jpg

そこに映っていたのが、生前の高田渡だった。ちらりと吉田類に視線を向けたものの、すぐに画面から消えてしまった。ネットでは既知の情報であったが、今更ではあるけれど、自分の目で見つけたことにプチ感動したのであった。
posted by 生出 at 22:56 | Comment(0) | 出逢いの妙

2017年08月23日

牛出没中?


 L1150077.jpg

三度めの牛の話である。

ここ数週間にわたり、表示板に「牛出没走行注意」が出ていなかった。しかし今週になって再び表示されるようになった。気になって管理事務所へ確認したところ・・・「7月上旬に乗用車と牛が衝突事故を起こして以来、目撃情報がないために、とりあえず収束したものと判断し表示をやめた。しかし、いまだ牛が発見されていないので念のため再表示した」とのこと。

このブログを見たaさんから、ネットのニュースにも載っているよ、と連絡をいただいた。けっこう大掛かりな捕獲作戦が展開されていたことを初めて知った。

ニュースはこちらからどうぞ。そして僕が初めて牛と遭遇した動画がこちら
posted by 生出 at 22:43 | Comment(0) | 出逢いの妙

フォーク酒場


 _8190197.jpg

というわけでフォーク酒場である。先週の土曜日に開催されて、総勢30名ほどの参加であった。今回は18時スタートで、蛍の光が流れたのが25時であった。毎回感じることであるが、皆さんのパワーの源はいったいどこに?若者よ、ついてこれるか!
posted by 生出 at 12:52 | Comment(0) | 音楽

2017年08月21日

あたごやさん、新メニュー


 _0198353.jpg

あたごやさんの新メニューがこれ。「つめたいワンタン麺」だ。冷たくなっても固くならない鶏のハムを使っている。希望があれば、いつものチャーシューに交換してもらえる。スープの味はあっさり醤油味。麺はモチモチ。ワンタンも冷たいスープにあっている。
posted by 生出 at 12:43 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年08月20日

ツキノワグマ


 L1150057.jpg

昨日、旧土湯道路、鷲倉温泉付近で見かけたツキノワグマの子供。

 L1150056.jpg

今日、裏磐梯の桧原簗部沢山(ひばらなべさわやま)の林道で出逢ったツキノワグマ。皆さん、くれぐれもお気をつけけください。
posted by 生出 at 22:05 | Comment(3) | 出逢いの妙

2017年08月19日

タコウインナー


 _0178347.jpg

お弁当のおかずで定番のひとつが、このタコウインナーだ。手軽で美味しい。「深夜食堂」でヤクザの竜ちゃんが、表情一つ変えず、こいつを食べるシーンがあって、見てたらたまらなく食べたくなった、という次第。

 shinya-shokudou.jpg

誰が食っても美味しいものは美味しいのである。
posted by 生出 at 13:25 | Comment(2) | 男の料理

2017年08月18日

人間ドック


 _0088244.jpg

今年も行ってきました人間ドック。かろうじてセーフといったところ。検査後、ご褒美の昼食がこちら。メインの鶏モモは昨年と同じだった。自分のブログを見て初めて気がついた(笑) 来年は何かしら引っかかるかもしれないなぁ〜。
posted by 生出 at 16:51 | Comment(0) | その他