2018年09月27日

秋の味覚


 _0225637.jpg

あちこちで稲刈りが始まっている。あっという間に黄金色になった稲穂。刈り取られた田を見ると、ちょっと寂しくなる。だけど収穫の秋、実りの秋を堪能するよろこびは格別である。先週の土曜日にいつもの集まりがあった。今回は、まさに秋を感じさせるメニュー。

毎回、自分の料理の腕を磨くべく、何か学べるものはないか?そんな気持ちを抱きつつも、いざ食べる段になると食い意地が先行して、ただ腹を膨らますだけに終わっている。
posted by 生出 at 22:45 | Comment(0) | その他

2018年09月26日

キノコシチュー


 _0256087.jpg

いただいたキノコはシチューの具材に使ったのであった。カノシタは食感的に、ちょっとシチューには合わなかった。キノコは下茹でしてから仕上げの段階でシチューに入れたのだが、下茹でした時にキノコの旨味が出てしまったのだろう。最終的に味は、いつものシチューと変わらなかった・・・。残念。ちなみに黒い粒は胡椒です。
posted by 生出 at 21:59 | Comment(2) | 男の料理

2018年09月25日

タマゴダケとカノシタ


 _0246079.jpg

珈琲舎うつわのマスターは、キノコの達人である。タマゴダケとカノシタをいただいた。さてどうやって食べようか・・・。


posted by 生出 at 21:54 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年09月24日

「金婚の歌」入選


 _0246083.jpg

久しぶりに宮森さんの川柳を紙面(福島民報新聞9月23日)で拝見した。今回は「金婚の歌」の特集で入選。芸術の秋を迎え、宮森さんの創作意欲も本格的に始動したようだ。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | M's works

2018年09月20日

裏磐梯にて


 _0205462.jpg

今回は裏磐梯の秋元湖近くの林道に入って見た。五色フーズの手前右側に緩やかな上りのダート路がある。終点は1.8キロ先になる。グランデコ・スキー場へアクセスする道に出る。路面は極端なギャップもなく、普通乗用車でも走行は可能。ただし折れた枝が随所に転がっているので路面の確認は怠りなく。

観光客でごった返す時も、この林道に入ってくる車はほとんどいない。喧騒を抜けてちょっと静けさに浸りたい向きには、いいかもしれない。でもバイクやボートのエンジン音は、裏磐梯のどこに居ても割と響いてくるのが現実だけど・・・。

さて、とあるカーブを曲がると、前方に白い影が現れた。そして飛ぶような速さで斜面を駆け上っていく。

 _0205456.jpg

正体はカモシカだった。ちょっと心臓がバクバクした。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | クルマ

2018年09月17日

ここから先は行ってはいけない


 _0165240.jpg

林道・倉掛沢線に入ってみた。起点から約1.7キロは舗装された走りやすい路面だ。杉林の続く淡白な風景が続く。幅員が狭いので対向車には気を使う。でも、まず来ないと思っていいだろう(笑)

 _0165228.jpg

舗装路が終わると、微かに轍の残るダートになる。轍以外は草が生い茂る路面。ダートになってから約700メートルほど進むと轍が無くなり、路面状況の確認は車から降りなければできない。

 _0165223.jpg

イヤな予感がしたので徒歩で20メートルほど歩いて見た。けっこう大きな石が草に埋もれるように転がっている。直径30センチほどの倒木も道を塞いでいた。そのまま勢いをつけて走っていたら、間違いなく亀の子になっていただろう。ここから先はいってはいけない。起点から約2.5キロの地点。単独行であれば、この地点での勇気ある撤退を。

ちょっとスリルを味わって見たい方は、ここまで行かなくてもいいので、舗装路の終わるところまで走ってみるのもいいかもしれない。たった2キロちょっとの距離で、日常では味わえないスリルを堪能できると同時に、自分の弱さを客観的に見られるいい機会。魑魅魍魎の類に逢えるかも(笑)
posted by 生出 at 21:49 | Comment(2) | クルマ

2018年09月16日

会津宮下駅14時31分発 会津川口行


 _0165258.jpg

いちどこのポイントで撮ってみたかった。只見川を沿うように走るキハ40系気動車。川霧が出ていれば幻想的で、なおよかったのだろうが、まぁ〜それは仕方あるまい。それにしても不通区間の再開通が望まれる。
posted by 生出 at 22:07 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2018年09月13日

シマダヤ「鉄板麺」海鮮しお味


 _0105020.jpg

久しぶりに新たな焼きそばが店頭に並んでくれた。このところ品揃えに変化がなく、焼きそばは敬遠していたのであった。で、これを見つけるやいなや即購入した。シマダヤ の「鉄板麺」海鮮しお味である。イカとエビは冷凍物を用意する。あとは冷蔵庫の中の人参、キャベツを使う。

この焼きそばのいちばんのウリは、シャッキリとした細麺の食感のようだ。細麺自体はわからなくはないが、僕の好みで言わせてもらえば太麺でもよかったのではないか?ということ。

やや大ぶりに具材を刻んでしまったので、麺と具材が絡まず、麺を食い終わる段になって、かなり多めの具材が皿に残ってしまった。
posted by 生出 at 22:06 | Comment(0) | 男の料理

2018年09月10日

70ピックアップ


 IMG_23992.jpg

これはとある映画のワンシーン。現実として、こういう人たちも70に乗っている。なんとも複雑な思いに駆られる。
posted by 生出 at 12:45 | Comment(0) | クルマ

2018年09月09日

昭和を感じる場所


 P8314745.jpg

ふらふら歩いていると魅力ある場所に出逢える。消えゆく昭和の風情をいまのうちに記録しておいたほうがいいかな。そうなるとまた福島で飲まなければならない(笑)
posted by 生出 at 22:10 | Comment(2) | 出逢いの妙

2018年09月04日

サンチャイルド


 P8314725.jpg

いま福島でちょっとした騒動があって、それがこの「サンチャイルド」なのである。作者およびその制作意図は以下のとおり。

 _0314714.jpg

原発事故による風評に疲れている県民が多いことも事実。この「サンチャイルド」は2011年に福島空港でお披露目されたのだが、その時は今のような炎上騒ぎはなかった。僕自身、この作品の存在を知ったのは、駅前に設置されてからだった。

結果として「サンチャイルド」は設置反対の批判を受けることとなり撤去されることになった。どんなアート作品であれ、時間の経過が、その存在価値、意義、意味・・・を浮き彫りにするだろう。50年後、100年後のことはわからないが、何事につけ、いまの判断が子孫に笑われないよう、しっかりとしておきたいものだ。
posted by 生出 at 21:50 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年09月02日

朝ドラ、実現なるか!


 P8314740.jpg

福島駅前をふらふらしていたら、古関裕而・金子の朝ドラ実現を!という横断幕が目に飛び込んで来た。古関裕而といえば「六甲おろし」「栄光は君に輝く」「東京五輪オリンピックマーチ」などスポーツ関係の曲を思い浮かべる人も多いことだろう。他に校歌(ほぼ全国にわたっている)、ラジオドラマ、社歌、歌謡曲・・・などなど実に数千曲を作り上げた大作曲家。

東京オリンピックまであと2年。朝ドラ実現としては、なかなかいいタイミングだと思う。朝ドラの主人公は女性なので、妻・金子(きんこ)が見た古関裕而をどう描くか、それとキャスティング、ここがポイントなんだろうね。
posted by 生出 at 21:15 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年08月30日

第15回 写団ふくしま「風景讃美」写真展 はじまる


 _0304637.jpg

昨日より写団ふくしまの写真展が始まりました。会期は9月2日(日)までです。会員の方々の力作をぜひご覧いただければ幸いです。写団ふくしまの写真展も15年という節目を迎えました。ある会員の方が、この15年を噛みしめるように、作品を眺めていたのが印象的でした。

 img032.jpg
posted by 生出 at 21:48 | Comment(4) | 写真展・絵画展など

2018年08月27日

新型ジムニー目撃


 IMG_2276.jpg

納車までに半年どころか、一年はかかると云われている新型ジムニーである。ネット上でも話題沸騰で、もしかしたらカー・オブ・ザ・イヤーを受賞するかもしれない(笑) すでに年間計画の販売台数はクリアしてしまうほど売れてしまったと云うから凄まじい人気である。

セブンでいっぷくしていたところ、新型ジムニーが滑り込むように入ってきた。試乗車以外で目撃したのは、これがお初。なんとも目立つカラーだ。運転していたのは30代後半くらいの小太りのお兄さんだった。この季節に納車されたということは、かなり早い時期に契約したのだろうね。

 IMG_2281.jpg

ふらふら走っていると、いろんなジムニーと遭える。先日はJB23のノーマル車、そして僕の23、JA11の改造車が三台連なって約20キロ近く走行した。もちろんどこのだれかはわからない。お互い気恥ずかしかったのか、付かず離れずの車間距離を保っての運転だった。

上の写真はJA22である。後付けのオーバーフェンダーに幅太タイヤを履かせていた。サスも若干揚げ気味。

 IMG_2284.jpg

こちらもJA22。足回りはノーマルでオーバーフェンダーを装着している。フロントバンパーはカスタマイズされている。

 IMG_2292.jpg

これは僕が借りている駐車場で。お隣さんもジムニーが好きなようである。それにしもジムニーユーザーのなんと多いことか。個性豊かなジムニーに出逢えるのは、楽しいっすね(笑)
posted by 生出 at 12:57 | Comment(2) | クルマ

2018年08月26日

西会津国際芸術村(旧新郷中学校)


 _0114407.jpg

木造校舎の中に一歩足を踏み入れると、外の暑さとは裏腹にひんやりした空気に包まれる。すでに学び舎としての務めは終えたとはいうものの、元学校だったということが多少の緊張感を抱かせる。もう教科書を開くこともないのに、なぜか勉強しなければ、自分を磨かねば・・・との思いも湧いてくる(笑)

 _0114376.jpg

廊下は格好の遊び場である。掃除の時間になると、丸めた雑巾をボールに、ホウキをバッターに見立てて、すぐに野球ごっこが始まる。廊下の角には、ちょっと気の利く奴が先生の来るのを見張っていてくれる。来た!と合図を確認するや、すぐに掃除に戻る体勢は整っていた。しかし生真面目な女子が、そんな男子を許すはずもなく、必ず担任への報告をするものだから結局は怒られる羽目になる。愚行蛮行の限りを尽くした小中学校だった(笑)

 _0114370.jpg

 _0114373.jpg

元素記号もある程度は覚えたけど、結局何の役にも立たなかった。英会話にしても、ネイティブアメリカンと接したほうが手っ取り早いよね。まぁ〜そんな環境を持った人は限られていただろう。当時は旺文社のLL教室の雑誌広告をよく目にしたことも思い出した。

 _0114338.jpg

まぁ〜悩みは幾つになっても尽きないものでね、自分が押しつぶされないよう、上手に付き合って行くしかないかな。難しい問題だけどね。

 _0114330.jpg

図書室は見知らぬ世界への扉を提供してくれる。小学6年の頃だったか、アサヒグラフで見たベトナム戦争の惨状は衝撃だった。撮影者が誰だったのか、今となっては知る由も無いが、僕に写真に興味を持たせるキッカケのひとつになったのは間違いない。
posted by 生出 at 12:29 | Comment(0) | その他

2018年08月23日

第42回公募 福島県版画展


 img045.jpg

昨日より福島市の「とうほう・みんなの文化センター」にて福島県版画展が開催されています。皆様のお越しをお待ちしています。
posted by 生出 at 22:04 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2018年08月20日

神谷明氏!ご来店!!


 IMG_22942.jpg

珈琲舎うつわの店内に何気なく貼られていたサイン入りのポスター。マスターに訊いたところ「神谷さんという人が来たみたい」と、素っ気ない返事(笑) 神谷明さんって北斗の拳とかキン肉マンとか・・・そのほかいろいろなアニメキャラクターの声優をやっているんですよと、説明をする。

マスターの話では「来年の冬、プライベートで来るらしいので、そのとき一緒に会津を案内してね」と(笑) 生の「あ〜たたたたたたぁ〜!」を聞けるか?
posted by 生出 at 12:47 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年08月16日

西会津町 国際芸術村


 _0114412.jpg

先日、ブログで紹介した西会津町「国際芸術家村」を訪れた。木造校舎に入るのは、いつ以来だろう?僕自身、木造校舎を経験したのは宇都宮市立富士見小学校での一年数ヶ月の間だけである。子供の頃の記憶は、時間の永さより体験したインパクトの強弱によって、思い出指数が上がったり下がったりする。

構内は基本的に写真撮影は自由に行える。なので今回撮影した写真は追って紹介したいと思っている。

さて、現在展示されているのが現代美術家の佐藤香さんの作品だ。

 _0114232.jpg

作品に囲まれていると・・・鬱蒼とした森の中に迷い込んでしまいつつも、冷静にあたりを見回すと何か得体の知れない「気配」を感じることがある。それは森の一部分からなのか、それとも森全体から醸し出されているのかはわからないが、未知のものや世界に初めて触れたときの何とも云えない独特の不安と恐怖心、そしてわずかながらも安堵感が入り交じった、これまでに経験したことの無い不思議な感覚。

 _0114237.jpg

プリミティブアート的な表現が木造校舎の空気と共鳴する。夏休みもそろそろ後半。夏休みの思い出として子供達には是非見てもらいたい作品だ。もちろん大人の貴方にもぜひ!


posted by 生出 at 12:33 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2018年08月14日

ジロー!急ぐんだ!!


 IMG_2136.jpg

焼酎の水割りを飲みながら人造人間キカイダーを見ていたのだった。仮面ライダー1号の次に好きだった僕のヒーロー。あの黄色いサイドカーも欲しかった(プラモデルの話)。確かサイドマシーンが正式名称で、空も飛べるし地面にも潜れたように記憶している。最高時速は驚きの500キロ・・・。まぁ〜いいだろう(笑)

 IMG_2128.jpg

さて重箱の隅をつつくような指摘で申し訳ないが、僕は気が付いてしまったのだった。悪事を働くダークロボットの前に、何処からともなく現れたジロー青年。お決まりのギターソロを奏でたのち、遠山の金さんよろしく口上を述べる。「テメェら人間じゃねぇ(その通り)、叩っ斬ってやる!」と(←これは破傘刀舟悪人狩りだ)。そして変身をするのだが・・・。愛用のギターだけど五絃のペグが取れてますよ。戦う前に、まずは楽器屋へゴーだ!お勧めはゴトーのペグだよ。
posted by 生出 at 21:29 | Comment(2) | その他

2018年08月13日

珈琲舎雅、本日はお休み


 IMG_2177.jpg

先週、マスターからお盆休みについて聞いていたにも関わらず、日頃の習性なのだろう、無意識に足を運んでしまった。雅は明日14日(火)から、お隣のROCCIAは16日(木)から通常営業です。お間違いのないようお気をつけ下さい。
posted by 生出 at 12:37 | Comment(0) | 馴染みの店