2020年03月11日

長芋のソテー


 IMG_8345b.jpg

長芋と云えば摺りおろすか、短冊に切るかくらいしかやったことがなかったので、以前から懸案だったソテーを作ってみた。

あいにく冷蔵庫にバターはないのでマーガリンを使う。長芋は適当な厚さに切り両面に焦げ目が付くまで焼く。マーガリンの香ばしい香りが食欲をそそる。火を止めるちょっと前に醤油を適当に回して出来上がり。

皿に盛ったら刻み海苔とネギをパラパラと。突き合わせはホウレンソウとエノキダケのソテー。

こりゃのんべぇ〜の一品だったね。
posted by 生出 at 06:45 | Comment(2) | 男の料理

2020年03月09日

本日最終日


 _3060308b.jpg

コラッセ福島で開催されている絵画展は本日が最終日です。

写真は、ご自身の作品の前でポーズをとる宮森さんです。作品と作家ご本人をご覧になられるチャンスです。
posted by 生出 at 06:52 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2020年03月07日

絵画展示会開催中!


 20200307_1b.jpg

 20200307_2b.jpg

昨日より画家・蛭田憲一氏が主催する絵画展がコラッセ福島・5Fプレゼンテーション(福島市三河南町1−20)で開催されています。

会期は9日(月)まで、時間は10時〜16時(9日は15時)です。
posted by 生出 at 08:34 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2020年03月02日

北塩原村・早稲澤屋「しお◯」


 IMG_8054b.jpg

山塩ラーメンが世間に認知されたのは、そうむかしのことではないように感じている。地元に「名物」があれば、地域活性化の源になるだろうし、訪れる者にとっても、ご当地の味を堪能出来る楽しみが増えるというものだ。

さて休みの日など、多くの人が訪れる北塩原村(裏磐梯)の早稲澤「しお◯」へ初めて入ってみた。並ぶのが苦手なので、閑散期に開いていれば入ろうと思っていた店だ。

 IMG_8041b.jpg

テーブル席、小上がり席があり、壁には訪れた有名人のサインが貼られていた。食べログなどでは大入り満員の写真がアップされているが、この日は貸し切りだった。

 IMG_8043b.jpg

 IMG_8045b.jpg

もはやブランドとしても確立しているようで、パンフもしっかりしたものが作られていた。

 IMG_8047b.jpg

せっかくなので「会津山塩チャーシューメン」を頼んでみる。好みはあるだろうが、普通の塩ラーメンよりも、まろやか&あっさりだなと感じた。やわらかチャーシューもおいしい。1000円越えのお値段は、ちょっと高いかな・・・。観光地故にしょうがないか。
posted by 生出 at 06:20 | Comment(0) | ふらりとよった店

2020年03月01日

きょうから三月


 202003.jpg

3月になってしまいました。すでにご案内しておりますが、画家・蛭田憲一氏が主催する絵画展がコラッセ福島・5Fプレゼンテーション(福島市三河南町1−20)で開催されます。宮森さんの作品も展示されます。ぜひお越しください。

会期は6日(金)〜9日(月)、時間は10時〜16時(9日は15時)までです。
posted by 生出 at 21:15 | Comment(0) | M's works

2020年02月27日

相変わらずの雪不足


 _2230182b.jpg

先月14日掲載の記事と、ほぼ同じ場所で撮影してみた。積雪量はほとんど変わらない。今冬はこのままの状態で春を迎えるのかもしれない。撮影は今月23日、只見町中ノ平山付近。
posted by 生出 at 18:06 | Comment(0) | クルマ

2020年02月26日

只見線


 _2230173b.jpg

只見線の復旧工事は、2021年度中に完了する予定だと云う。2011年7月の豪雨災害でイレギュラーな運行を強いられていたが、来年度にはようやく元の姿に戻る。過ぎてしまえばあっという間だが、この10年近く、いろいろあったものだ。

撮影地は会津中川駅付近。
posted by 生出 at 18:15 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

食堂「しづ香」定食編


 IMG_7401b.jpg

食堂「しづ香」の定食編をご紹介しよう(前回の紹介は1月19日を参照)。

暖簾をくぐり店内に入るとカウンター席、テーブル席、そして座敷席がある。おやっさんのそばにいたいのならカウンターへ、テレビのそばならテーブル席へ、出来上がるまでの時間、沈思黙考するならば座敷席へ。まぁ〜ご自身の好きな席へどうぞ・・・である。

 JxYobT0qSLax-0ijx20TKwb.jpg


今回紹介するのは「野菜炒め」「トンカツ」「ニラレバ炒め」の各定食。


 IMG_7400b.jpg


たっぷりの野菜がうれしい「野菜炒め定食」は800円。


 IMG_7656b.jpg


「トンカツ定食」は850円。肉と千切りキャベツ、もう少し頑張っていただければ・・・。


 oPQbAq36SOe5UXJcxnnBxAb.jpg


「ニラレバ定食」も850円。レバーは野菜の下にカクレンボ。でもすぐに見つかる。僕のお腹には十分な質と量である。

posted by 生出 at 06:38 | Comment(0) | ふらりとよった店

2020年02月25日

カモシカ


 IMG_8172b.jpg

先週の土曜日、旧国道115号線、土湯峠を走っていて出逢ったカモシカくん。バイパスが開通してから交通量も少なくなり野生の動物にとってはのんびりと歩けるようになったのだろう。そこへ急に僕が現れたものだから、慌てて斜面を駆け上っていった。カメラを取り出そうとするも、残念カメラバッグに手が届かない。仕方なくiPhoneで撮影。30秒ほど止っていたが、その後、ゆっくり林の中に消えていった。
posted by 生出 at 06:24 | Comment(0) | 出逢いの妙

2020年02月19日

会津高田駅前・小林食堂


 _2030102b.jpg

おそらく20年ぶりくらいに訪れた「小林食堂」である。JR只見線の会津高田駅前に昭和元(1926年)に創業したと云うから、その歴史は永い。上の写真で、入り口の右側にその旨を記す案内板がある。さすがに建物は建て替えたはずである。

 _2030099b.jpg

やや薄暗く感じるが、実際に入るとそんなことはない。気のせいである(笑) 僕の背中側には小上がりがある。スペース的には十分だ。ただし駐車スペースは、やや狭いのが難点。

 IMG_7899b.jpg

メニューはシンプル。元祖ホルモン定食が気になるところだが、イチオシらしい「会津ソースかつ丼」を選ぶ。

 IMG_7917b.jpg

価格の割に肉が厚い。丼で隠れてしまったが小皿がふたつとスープが付く。ソースかつ丼、定番の味と云ってしまえば、それまでだが、甘めのソースと柔らかめの肉質で一気にたいらげてしまった。

 IMG_7911b.jpg

さて、かつ丼が仕上がるまでの間、目についたのがこちらのイラストだ。ご存知「男はつらいよ」の寅さんのイラストが飾ってある。店主(おやっさん)に訊ねてみると「お客さんが描いたもの」なのだとか。単に寅さんのファンなのかなとおもいつつ座った席のすぐわきにファイルボックスがあって、その中を見てみると、そのむかし(昭和60年)に「男はつらいよ」のロケがご当地会津高田で行われたということだ。

 IMG_7914b.jpg

会津に来て初めて知った事実であった。
posted by 生出 at 20:04 | Comment(0) | ふらりとよった店

2020年02月17日

絵画展


 86734054_1789165037892711_7546164321101807616_o.jpg

画家・蛭田憲一氏が主催する絵画教室の展覧会が上記内容にて開催されます。皆様、お誘い合わせの上お越し下さい。宮森さんの作品も展示されています。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(2) | 写真展・絵画展など

2020年02月14日

正面衝突!


 IMG_8066b.jpg

三日前(2月11日)、裏磐梯〜猪苗代間を結ぶ国道459号線で起きた交通事故。事故現場の手前は乾燥路面、緩やかなカーブを曲がると路面はご覧のとおり。反対車線は圧雪、そして自車線は融けた雪が部分的に凍っている、いわゆるブラックアイス状態。

直前まで快適な路面でアクセルを踏み込んでしまう車が多かった。そしてカーブの先で待ち受けていたのが、この試練であった。通過時はすでに警察が現場検証をしていた。双方のドライバーは救急車で運ばれたらしい。
posted by 生出 at 08:45 | Comment(0) | クルマ

2020年02月12日

「珈琲のある風景写真展」開催中!


 IMG_8037b.jpg

珈琲舎雅にて開催中です。ほっとひといきつける写真をご覧ください。私も一枚出品いたしました。

 _2100162b.jpg

写真はこれから順次増えるそうです。皆様のお越しをお待ちしております。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(0) | 馴染みの店

2020年02月07日

Lonely one


 PB264358b.jpg

ギターはMartinのD−28。GibsonのJ45と並んでアコースティックギターの両雄と言われている。拓郎フリークの僕としてはJ45もいちどは手にしたいところだが・・・。

さてサウンドホールに取り付けたのが、昨年11月25日、このブログで紹介した「スカイソニックのWL-800JP」というピックアップだ。ちょうどネックがかぶさってしまったが、床に置いていあるヤマハのアンプとワイヤレスでつながっている。

今回は打田十紀夫氏オリジナルの「lonely one」をどうぞ。チューニングはレギュラー。
posted by 生出 at 22:17 | Comment(0) | アコギ

2020年02月06日

軽トラ救出


 IMG_7945b.jpg

軽 トラが縁石に乗り上げ亀になっていた。おやっさんに訊いたところ「緩やかなカーブで対向車がセンターラインを大きく回りこみ、衝突を避けるために突っ込ん だ」ということだ。軽トラならすぐに出るだろうとタカをくくっていたのだが、引っぱりはするものの、なかなか縁石を超えてくれない。

おやっさんとふたりで荷台をどっこらせ!と持ち上げ、わずかな隙間におやっさんが持っていた角材と、僕のサンドラダーを後輪に差し込み無事レスキュー完了。

路面はツルツルのアイスバーンで、おまけに傾斜があるので歩くのも難儀するほどだった。「家が近くだからお茶でも」というのを振切り、爽やかな(?)笑顔を残し立ち去ったのであった。
posted by 生出 at 16:38 | Comment(0) | クルマ

2020年02月04日

匍匐前進・・・でも無理


 _2030097b.jpg

見た目には軽くクリアできるなと思ったのだが、想像以上に雪が固まっていて、なかなか前に進んでくれない。緩やかなカーブ、そして上り坂で、何度か前進後進を繰り返していると、徐々にラインが崖側によってしまう。前進出来なくなるような位置にならないよう細心の注意が必要だ。

遠くに見える三角の山は磐梯山。
posted by 生出 at 21:17 | Comment(0) | クルマ

2020年02月03日

G線上のアリア


 P0112742b.jpg

昨夏、撮影した動画。バッハ作の「G線上のアリア」はあまりにも有名。敬愛するギタリスト岡崎倫典さんのアレンジのコピーである。調弦はレギュラーでカポ4で演奏。ギターはテイラーの314c。こちらからどうぞ。
posted by 生出 at 21:48 | Comment(0) | アコギ

林道三本勝負


 _2010055b.jpg

久しぶりに70で林道を攻めてみた。1本目、小田林道はかすかに残る轍をトレースしながら進んだが、いよいよこれから登りというところでユーターンした。雪が少ないとはいえ、これまで積もった雪が硬くしまりハンドルが取られる。ホイールベースの長い70だと、この先Uターンできるかどうか、ちと心配だったのでおとなしく引き返した。

 _2010059b.jpg

2本目、湖南町の湖岸道路から鬼沼に至るライン。こちらはほとんど雪がなく難なく通過。鬼沼にも積雪は全くなく撮影にならない。

 _2010085b.jpg

3本目は湖南から崎川浜へ至る赤崎・小倉沢線。こちらも積雪は少ないものの、部分的に吹き溜まりがあり少々緊張を強いられる処があった。が、とくに問題はない。抜けきって猪苗代湖の見えるところで記念撮影。磐梯山の上部は雲の中だった。
posted by 生出 at 16:58 | Comment(0) | クルマ

2020年02月01日

二月そして第55回目の入選


 img077b.jpg

予想通りに一月は行く月であった。二月は逃げて三月は去る・・・ということだろう。一日一日を大切に・・・などと殊勝な気持ちは何処へやら。日々、流される木の葉の如し・・・なのであった。

 img091b.jpg

そんな中、宮森さんの川柳が、またまた入選したという嬉しいニュースが。今回で55回目の入選。

 年一度手書き賀状があたたかく

世の中、年賀状を出さない方もすでに多くいられるようだ。多様性という言葉を借りれば、これまでの常識というのが常識ではなくなり(かといって非常識でもなく)様々なシチュエーションで選択肢が増えたことは、生き様のバリエーションも当然広くなったということだ。因習と云ってしまうと身も蓋もないが、その呪縛からの解放は、時代が下れば下るほど加速度が増す。

しかし年一度の手書きの賀状を手にすると、心がほっこりするのも極々自然な気持ちなのである。
posted by 生出 at 17:45 | Comment(0) | M's works

2020年01月30日

オヤジ達


 IMG_7790b.jpg

  IMG_7806b.jpg

昼前から独りビールを飲むオヤジ有り。かと思えば黙々とラーメンをすするオヤジもいる。それぞれが過ごした人生という時間を、ここで反芻することはあるのだろうか。お互いにけっして交わることはことはないが、人生の刹那、たまたま同じ空間に居合わせたことも「縁」なのだろう。
posted by 生出 at 14:21 | Comment(0) | 出逢いの妙