2018年03月11日

春猫


 _0100837.jpg

無事、厳しい冬を乗り越えることができた「Shiro」である。穏やか気候になって、性格も少しずつだけど丸くなって来たようだ。まだ100パーセント心は開いていないが、以前のようなアグレッシブさは薄れていた。厳しい冬を経験して、独りでは生きていけないと悟ったのかもしれない。うつわのマスターには感謝しないとダメだよ。
posted by 生出 at 21:49 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年03月09日

主夫の味方


 _0080818.jpg

カインズホームをふらふらしていて見つけたのがこれ。フローリングスプレーワイパーである。僕が一番の苦手としているのが整理整頓、掃除・・・なのである。ひっくり返った灰皿が一ヶ月も放置されていたなんてことはザラ。まぁ〜男ヤモメになんとやらとはよく云ったもので、それを地でいく自分に少々嫌悪感を覚えていたところに、これと出会ったのであった。

雑巾がけなど、小学校以来していないのでは?と思いつつ床を拭き拭きしてみた。腰に負担がかからないのがいちばん。雑巾だけでなく「お掃除シート」も取り付けられる。正に主夫の見方。でも修行僧から見たら、そんな雑巾がけの姿は邪道と映るかもしれない。

ま、とりあえず興味のある方はどうぞこちらをご覧あれ。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | その他

2018年03月07日

マーチンOM-21


 _0060806.jpg

マーチンギターの中で、いちばん支持されているのは、やはりD−28だろうか?一世紀近い歴史の中で、多くのミュージシャン、ギタリストに愛用されている名機である。

OM−21は1991年より製造が開始されたというから歴史は浅い。知名度はD−28ほどではないが、このOM−21も一部ギタリストから支持されていると聞いている。トップはシトカ・スプルース、サイドとバックはローズウッド。

 _0060810.jpg

 _0060812.jpg

ネックは44.5ミリでD−28よりも広めで、僕にはちょうどいい感じ。ネックはマホガニー、指板はローズウッド。ボディのサイズはOOO(トリプル・オー)と同じだが、スケールがドレッドノートと同じ約64.5センチで、繊細且つダイナミックなサウンドが楽しめる。

 _0060817.jpg

現行のOM−21とは仕様が少し違うようだが、比較的コンパクトで、軽くブルースを弾いたりするにはちょうどいい。ちなみに僕は常にチューニングをオープンDにしている。とくに理由はないけど・・・。
posted by 生出 at 12:33 | Comment(0) | アコギ

2018年03月04日

春はすぐそこ?


 _3040082.jpg

Topにも書いたのだが、あまりにも寒暖の差がありすぎて、いささか面食らっている。金曜日の晩、土湯峠はこの冬いちばんのスリッピーな路面だった。四駆を入れ忘れた?と感じるほどリアが流れる・・・。こんな経験はそう滅多にあるものではない。

今日は久しぶりの撮影で猪苗代湖を一周して来た。周囲はまだまだ雪が多いのだけど、空も湖も春の柔らかい色に満ちていた。厳しい冬だったけど、春は案外早いのだろう。
posted by 生出 at 21:48 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年02月28日

43回目の入選


 _0270779.jpg

平昌オリンピックで賑わった二月も今日で終わり。今月もウナギように掴みどころのない時間の過ごし方をしてしまった。時間の使い方はなかなかむずかしい・・・。

宮森さん、43回目の入選作品がこちら。

 休みなく AIロボット うつになり

仲間内でももう少し上位に評価されてもいいのでは?と噂していた作品である。産業革命以来、急速に技術革新が進んでいる。いまや人工知能である。小心者の僕などは映画「ターミネーター」のようなことが起こらなければと日々心配しているのである。ウナギ掴み用に開発されたロボットも、いつかは「こんなことばっかりやっていられるか!」とヤケになることもあるのだろうね。
posted by 生出 at 08:29 | Comment(0) | M's works

2018年02月27日

味噌ラーメン


 _0260773.jpg

ここ二週間ばかり多忙を極めていた。スーパーの惣菜に頼る日々が続いていたが、ようやく少し落ち着いて自分で作る時間的な余裕ができた。といっても作ったのは味噌ラーメンである。モヤシ、ニラ、タマネギは塩コショウで炒め、出来上がったラーメンにチャーシューとともにトッピング。実に簡単である。いちおう付け合わせにサラダと納豆を用意した。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 男の料理

2018年02月21日

浜通りプチ旅行


 IMG_0778.jpg

美味しい定食があるという情報があったので行ってみた。相馬市松川浦は旅館「斎春」の日替わり定食1000円也(税別)。けっこうなボリュームである。海が近いから、この価格で提供出来るのだろう。

 _0200733.jpg

食後、膨らんだ腹を撫でながら海を眺めた。まだまだ風評被害の続く福島の漁業である。操業自粛から試験操業へと一歩ずつ前進しているものの、本格操業はまだ先になりそうだ。今月5日には7年ぶりに松川浦の青海苔の出荷が再開された。

 _0200749.jpg

松川浦を後にして、新地駅を訪れてみる。きれいに整備されていて構内には地元住人が電車を待っていた。駅周辺の整備はこれからが本番で、今後温泉施設や商業施設も作られるそうだ。近くに美味しいカツ丼の店もあるようなので、また機会を見て行ってみよう。
posted by 生出 at 08:31 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年02月14日

ジムニーがますます好きになるショートムービー


 

このショートムービー、何度見たことだろう。ジムニーは冒険心に火を着けてくれる。
※出典:(株)アピオ
posted by 生出 at 22:40 | Comment(0) | クルマ

2018年02月11日

音楽の力


 

誰もが音楽を愛する世界になってほしい。

 

音楽は世界を繋ぐ。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | 音楽

2018年02月09日

焼きビーフン


 _0050648.jpg

焼きビーフンを作った。お馴染みシマダヤ製である。実はビーフンを口にするのは人生お初であった。野菜、肉を炒めて添付の特性オイスターソースをかければ出来上がり。まぁ〜味はそれなりであった。

今回のツボは焼きビーフンではなくて・・・。

 _0050631.jpg

こちらである。ついにあのレミパンを手に入れたのであった。これまで使っていたフライパンのコーティングは、かなりくたびれていて、こびり付く食材にいささかストレスを感じていた。レミパンを手にしたことで台所が一気に明るくなった。不思議なものである。

ひとりでテンションが上がっている自分なのであった。さて今度は何を作ろうか?
posted by 生出 at 08:16 | Comment(0) | 男の料理

2018年02月08日

42回目の入選


 _0080659.jpg

ピューピューと 吾妻おろしに 張り手され

「吾妻おろし」とは福島県民ならお馴染みの、冬に吾妻連峰から吹き下ろす冷たい風のこと。今冬はとくに張り手が厳しく感じる。

 _0020557.jpg

先日、宮森さん、写真家Y氏と、少し遅い新年会を開いた。順調に入選を重ねる宮森さん。50回を迎えるのも、そう遠い未来ではないだろう。

そうそう・・・宮森さんの作品が掲載された2月⒋日(日)の民報俳句に、僕の知り合いの作品を目にした。

 初水の汲みどころなき深雪かな

雪深い山都町にお住まいの方で、朝日歌壇にも取り上げられたこともある実力者である。二人をよく知る僕としては、お互いの個性が作品から滲み出ているなぁ〜と思わずにんまり。
posted by 生出 at 08:37 | Comment(2) | M's works

2018年02月06日

懐かしの郵便ポスト


 _0050606.jpg

所用があり南相馬市へと足を運んだ。懸案の事項も解決し通りすがりの磐城太田駅前でいっぷく。目にしたのが、この懐かしの郵便ポスト。「郵便差出箱1号(丸形)」というのが正式な名称とのこと(郵政博物館より)。「昭和」を演出する観光スポットなどで、たまに目にするがここは観光地ではないので、もしかしたら設置されてから今日まで、ずっとそのままだったのだろう。

丁寧に塗り直されたポストは存在感も際立っている。僕自身、手紙や葉書を出す機会は皆無に近くなり、ポストの存在を意識することもない。このポストを見ていたら、ひさしぶりに手紙でも書きたくなった。近々、皆さんのお手元に挨拶状が届くかもしれませんよ。ふふふ・・・。
posted by 生出 at 08:44 | Comment(0) | 出逢いの妙

2018年02月05日


 _0010541.jpg

この冬の冷え込みも温暖化の影響だという。自然のメカニズムは複雑すぎてわからないが、なんとも不思議な話である。寒い夜は鍋である。今回はご覧のようにキノコづくしの鍋にした。エノキ、シメジ、椎茸、長ネギ、ツミレ、小松菜が具材である。いつものようにポン酢で、はふはふしながらいただいたのである。
posted by 生出 at 08:14 | Comment(0) | 男の料理

2018年02月01日

珈琲舎雅の窓


 _0260531.jpg

僕が福島県内に住んで30数年になるが、これほど寒さが続いたのも、雪の日が多いのも初めてである。例年、市街地は降った雪は数日で融け、それからまた降るのが普通なのだが、今冬は積もった雪がなかなか消えてくれない。新潟の佐渡では大規模な水道管破裂による断水で自衛隊に救助要請が出された。当初、暖冬という予報は大きく裏切られた。

営業時間中は暖かな店内だが、夜間の冷えの影響だろうか、チューリップもだらりんこ。それとも像の小物と話がしたかったのかな・・・。温かい珈琲を口にしながらBGMとチューリップ、像の会話に耳を澄ます至福のひととき。


posted by 生出 at 08:33 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月30日

41回目の入選


 _0300539.jpg

宮森さん、41回目は第一席での入選です。おめでとうございます。

 風評に 耐えて七年 ダルマ市

原発事故の風評被害を被っているのが福島県。被害者がいるということは、加害者がいるということ。では風評加害は誰が?差別や偏見は民度によるところが大きいのだろう。
posted by 生出 at 08:19 | Comment(0) | M's works

2018年01月28日

JB23w いよいよラストオーダー


 img02

現行ジムニー、JB23wの製造がいよいよ佳境を迎えたようだ。先週末、専門店から「今月いっぱい注文をいただかないと新車の購入はできなくなります」という連絡をもらった。20年の長きにわたり進化し続けて来たJB23w。本格的4WDとしては世界的に見ても唯一無二の存在だけに、惜しまれつつの引退となる。

新型に関する情報は、すでにネット上でいくつも出ている。安全装置装着の義務化と云う制約のために、現行車は作り続ける事が出来ないのだと云う。現行車を新車としてゲット出来るのはいましかない!

※写真出典はスズキのサイトより
posted by 生出 at 21:57 | Comment(0) | クルマ

2018年01月25日

白はいずこへ?


 _0210389.jpg

この前の日曜日に「うつわ」で撮影した野良猫の白である。食事を終え満足のポーズをとっている。数年ぶりの大寒波に包まれてしまった日本列島。この寒さの中、白は何処にいるのだろう?
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月23日

雪中酒宴


 _0220418.jpg

昨夜来から福島市は雪だった。雪は美しい。そんな夜は「だいじょうぶ」で飲むに限る。というわけで暖簾をくぐったのであった。大した雪ではないが、テレビのニュースは大騒ぎである。

 _0220443.jpg

今年お初のだいじょうぶ、ビール数杯、そして焼酎の水割りと続く。食べ物はお決まりの焼き鳥から。

 _0220416.jpg

ほかポテトサラダ、マグロ納豆、めざし・・・をいただく。いつのまにか知り合いのYカメラマンも隣りにいて、しばし写真談義をする。〆は大盛りのカツカレーを彼と半分こにしたのだった。降りしきる雪の帰り道、ふらりふらりと歩いていたら、聞き覚えのある声が聞こえてくる。前を歩いている人に勇気を出して声をかけてみたら、なんとフォーク酒場でいつもご一緒しているT氏とK嬢だった。

それからミスドで珈琲を飲んで宿に入ったのが、たしか11時少し前だったかな。

今朝の駐車場の雪の状態がこんな感じだった。

 _0230521.jpg

福島市内で30センチ前後の積雪だった。かわいいものである。


posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月21日

長谷川富王 写真展『水音』


 hasegawa-san-koten.jpg

上記日程で写真家長谷川富王さんの個展が開催されます。皆さま、ぜひお越しください。
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2018年01月18日

40回目の入選


 _0160337.jpg

入選が遂に40回目となりました。宮森さんおめでとうございます。

 軍事費に 暮らし予算が 飲み込まれ

ささやかな日々の暮らしは、事が起きてしまうと風前の灯。そうならないために日々政治に対して目を光らせておかなければなりません。軍靴の音が聞こえはじめてきたら要注意。被害を被るのは決まって市井の人々なのだから。


posted by 生出 at 08:18 | Comment(0) | M's works