2016年10月17日

キヤノンF-1


 canonF-1-1.jpg

キヤノンが5年の歳月と数十台分の開発費をかけて世に送り込んだのが「F−1」である。1971年3月に発売された。プロ市場はすでにニコンF、F2に席巻されていた状況であったが、そこへ殴りこみをかけたのが「F−1」であった。

 canonF-1-2.jpg

ボディの耐久性は+60度〜−30度、湿度90パーセント、連続10万回に耐えるシャッターユニット・・・その頑丈さは「重戦車」と形容された。新しく開発されたFDレンズ群はカラーバランスに優れ、さらに無調整で取り付けられる各種アクセサリーも開発。あらゆる撮影に対処できるシステムが構築された。報道からコマーシャルまで、あっという間に幅広い世界で支持された。遥かうしろを走っていた選手が猛ダッシュで迫り来る足音に、ニコンは戦々恐々だったのではないだろうか?

1972年には、固定ペリクルミラーを使用した「F−1高速モータードライブカメラ(当時、世界最高速の秒間9コマ)」が発表された。同年ドイツ・ミュンヘンで開催されたオリンピックで好評を博し、1976年のモントリオールオリンピックでは、公式カメラに認定され、一気にニコンの牙城を脅かすことになる。次第にスポーツ中継ではキヤノンの白レンズの砲列が数多く見られるようになり、ニコンを席巻してしまった。

 canonF-1-3.jpg

ニコンF、F2、そしてF−1を使った僕の感想としては、ボディの作りこみはF−1に軍配が上がる。F2にはチタン製ボディがあったものの、F−1の分厚い鉄板(実際は真鍮)は少々の衝撃ではびくともしない。情けない話だが・・・撮影中、油断をしてコンクリートにF−1を落としたことがあった。ペンタ部分は大きく凹んでしまい、これは間違いなくプリズムにもダメージがあるだろうとファインダーを覗いたところ・・・まったく無傷だった。その状態で数年は使っていた。

 canonF-1-4.jpg

ファインダーの交換はスライド式で、左右の着脱ボタンを押して引くと、すっ〜と引き出せる。装着も実にスムーズ。FやF2のように親指の爪やコインで着脱ボタンを押す、あのストレスはない。ファインダースクリーンも当然交換式で、スクリーンの溝に爪を引っ掛けると、これまたストレス無く取り外せる。F、F2はボディをひっくり返して、着脱ボタンを押さなければならない。これは事実かどうかはわからないが、F−1発表の際、キヤノンの担当者が開けた裏蓋を持ちながら、カメラをぶんぶん振り回して「このくらい全然へっちゃらです」とボディの堅牢さをPRしたという。F2の柔らかい裏蓋で、そんなことは到底出来ない。また「10年間は、モデルチェンジをしない」という公約も信頼性を得るものであった。実際は1976年に小さな改良(13箇所)が加えられ、そのボディはF−1Nと表記されていた。ブログ紹介のF−1は初期モデルである。

 canonF-1-5.jpg

当時使っていたF−1は35年ほど前に手放してしまった。知人のF2Photomicと交換してしまったのだ。あのころ僕は使い慣れたF−1に多少の未練はあったものの、キヤノンでもニコンでもどちらでもよかった。双璧のひとつをなすニコンを使ってもいいかな、くらいの気持ちだったのだ。知人は海外青年協力隊としてエチオピアへ赴き、彼の地でF−1を使うも、帰国時にあちらの知人に譲ってしまった、と言っていた。いまもアフリカ大陸にあの「F−1」はあるだろうか?
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年10月14日

THE FREEWHEELIN'N BOB DYLAN


 the-freewheelin1.jpg

ボブ・ディランの代表曲といわれている「風に吹かれて」は1963年に発表されたセカンドアルバム「THE FREEWHEELIN' BOB DYLAN」に収録されている。昨日から幾度となくこの曲を耳にされている方も多いことだろう。そう、ディランにノーベル文学賞が授与されたのだ。

これまでにグラミー賞、アカデミー賞、ピュリッツァー特別賞、大統領自由勲章などを受章。ロックの殿堂入りも果たしている。そして今回のノーベル文学賞の受賞。シンガーソングライターとしては、もちろんはじめてで、今後ディランのような人物が現れることは、まずないだろう。スウェーデン・アカデミーは「口語で表現する偉大な詩人であり、54年もの長きにわたり自身を改革しながら、新しいアイデンティティーを創造し続けた」と賞した。

   BLOWIN' IN THE WIND(風に吹かれて)

 How many roads must a man walk down
 Before you call him a man?
 How many seas must a white dove sail
 Before she sleeps in the sand?
 How many times must the cannon balls fly
 Before they're forever banned?

 The answer, my friend, is blowin' in the wind
 The answer is blowin' in the wind

 How many years can a mountain exist
 Before it's washed to the sea?
 How many years can some people exist
 Before they're allowed to be free?
 How many times can a man turn his head,
 And pretend that he just doesn't see?

 The answer, my friend, is blowin' in the wind
 The answer is blowin' in the wind

 How many times must a man look up
 Before he can see the sky?
 How many ears must one man have
 Before he can hear people cry?
 How many deaths will it take till he knows
 That too many people have died

 The answer, my friend, is blowin' in the wind
 The answer is blowin' in the win

この曲を最初に世に知らしめたのがディラン本人ではなくPPM(ピーター・ポール&マリー)であった。「THE FREEWHEELIN'」がリリースされた3週間後にPPMバージョンが発表された(当初、ディランのしゃがれ声は、大衆には受けなかったという)。このヒットを機に他の曲もカバーされ始め、ディラン自身も注目されることになる。

 freewheelin2.jpg

ディランの歌詞には隠喩に満ちた抽象的な言葉がちりばめられている。これは聞き手が自由で多様な感じ方(解釈)が出来る幅が広いということだ。ディランに関する書籍は世界的に見てもその数はあまりに多い。自らをディラン研究者と標榜する人もまた多い。すでに神格化されたディランではあるが、さらに時代が下れば、彼の言葉は神のごとく崇め奉られるのかもしれない。そのときも人類は戦争をしているのだろうか?
posted by 生出 at 20:50 | Comment(2) | 音楽

2016年10月12日

クリームシチュー


 cream-stew.jpg

一気に寒さがやってきた。そんな夜はやっぱりクリームシチューでしょう。食しながら、ふと思い出したのは小学校の給食に出たシチューのことであった。当時としてはご馳走だったわけで、たいていの子供は残さず食べていた。僕はコッペパンにつけて食べるのが好きだったなぁ〜。
posted by 生出 at 08:22 | Comment(2) | 男の料理

2016年10月11日

フジペット


 fujipet1.jpg

1957年(昭和32年)に販売された富士写真フィルムの「フジペット」は、初心者(主に小学校高学年〜)向けの中判(6×6)カメラである。作りはいたって簡易。各部にプラスチックを多用し見た目よりも軽量だ。ボディのカラーバリエーションは黒、赤、緑、緑、黄、グレーがあったらしい。撮影に関して小難しい理屈はいらない。レンズは75ミリ固定で開放F値は11(選べる絞りは11、16、22・・・お天気マーク有)、ピント合わせの機能はない。視野は上部流線型のファインダーを覗く。シャッター速度は1/50とバルブのみ。上部のダイヤルを回してフィルムを巻き上げる。カメラ本体にフィルム巻上げカウンターが無いので、背面の赤窓でフィルムの裏紙に印字された数字で確認をする。

 fujipet2.jpg

レンズのレバーには「1」「2」と数字が刻印されている。「1」でシャッターをチャージ、「2」でシャッターが切れる。実にシンプルである。うっかり巻上げを忘れると、多重露光されたカットが量産される・・・わけである。

 fujipet3.jpg

フィルム交換は裏蓋をカパっと外すタイプ。フィルムメーカーが作ったカメラなので自社フィルムの使用を促すようなシールが貼ってある。

フジペットは小学生だけでなく多くの年齢層に支持され、爆発的な人気となった。ちなみに当時の販売価格は1950円。子供の小遣いで買えるものではなかったが、戦後10年以上が経ち復興を加速させる経済に明るい未来を感じはじめた国民が多かったのだろう。そんな高揚感にほだされて購買も加速したのかもしれない。
posted by 生出 at 08:29 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年10月09日

アサリの酒蒸し


 wine-steaming-of-short-necked-clam.jpg

アサリの酒蒸しを作ってみた。はじめはワイン蒸しにする予定だったが、わざわざ白ワインを買うのもコスト的にもったいなかったし、日本酒が少量だが残っていたので、酒蒸しにしたのであった。作り方はCookpadを参照ください(笑) それにしても箸でアサリを突っつくのって、けっこう面倒くさい。
posted by 生出 at 23:40 | Comment(2) | 男の料理

2016年10月08日

「アートぶらり〜」展はじまる


 art-buraly1.jpg

毎年恒例、蔵のまち「アートぶらり〜」展がはじまりました。今年で第16回になります。珈琲舎うつわでは能面師浅見晃司氏の作品がご覧いただけます。期間は10月31日(月)までで午前11時〜午後5時半までです。

 art-buraly2.jpg

皆さんのお越しをお待ちしています、と器のマスターも申しておりました。連絡先は0241−23−2250です。美味しい珈琲を飲みながら、ぜひ本物の作品をご覧いただければ幸いです。
posted by 生出 at 16:43 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年10月06日

金婚の歌


 Song-of-a-golden-wedding-anniversary.jpg

こちらの句の掲載を忘れていました。

 皺増えた 妻の寝顔に 感謝して

前出の「うつけ者」の句は女性の目線、そしてこちらは男性目線で作られています。同じ作者が男性、女性双方の目線に立って「夫婦」の有り様を見つめています。とくに女性目線から見た句は、作者ご自身?のふがいなさを認めつつも、あんまり攻めないで・・・と口には出せない(言い返せない)男の弱さすら感じるところであります(笑)

冷たい視線を浴びせられながらも、奥さんには感謝する・・・これぞニッポン中年男子のこころだぁ〜!(ここで小沢昭一の小沢昭一的心のテーマソングを、ぜひ聞いてください)
posted by 生出 at 08:12 | Comment(0) | M's works

2016年10月05日

キノコと豚肉の炒めもの


 Mushroom-and-pork-stir-fry.jpg

NHK「きょうの料理」に感化されて作ったのがこれである。キノコはブナシメジ、エノキダケ、舞茸を用意。サラダ油でしんなりするまで炒める。それから豚肉を炒め、味付けは酒、味醂、砂糖、醤油をお好みの量で。皿に盛ったら刻み海苔をトッピングして完成である。鷹の爪を少量使ってもよかったかもしれない。

さて、最近、シンプルな味噌汁がお気に入りである。アオサと小口ネギを予めお椀に入れておく。そこへ出来立ての味噌汁(具は豆腐のみ)を投入。なんともいい香りがして食欲を刺激するのである。
posted by 生出 at 08:11 | Comment(2) | 男の料理

2016年10月04日

34回目の入選


 34th-anniversary.jpg

ご報告が遅くなりました。宮森さん、34回目の入選です。

 50年 惚れた亭主は うつけ者

うつけ者は「空け者」「呆気者」と表記するようで、まぁ〜褒め言葉とは反対の意味に捉えたほうがいいだろう(笑) この句が誰のことを言っているのかは別として、男と女、時間が経てばお互いの見る世界が、別であることに気がつくこともあるのでしょう。時の流れは、ある意味、残酷です。

 miyamorisan.jpg

小躍りする宮森さんである。けっして「うつけ者」ではないことを私が保証いたします。
posted by 生出 at 08:18 | Comment(4) | M's works

2016年10月01日

十月


 201610.jpg

会津地方も、ここかしこで稲刈りが始まりました。実りの秋ですね。さっそく新米を手に入れました。昭和村の無人販売所に並んでいた新米をゲット。まずは、炊きたてをそのままでいただくことにしよう。メインのオカズは何にしようかな?
posted by 生出 at 16:50 | Comment(0) | M's works

2016年09月30日

Universal Camera Corp. Mercury II


 marcury2-1.jpg

米国製カメラ「Univex Mercury II」は1945年に製造された。ひと目会ったその日から(パンチDEデート・・・古っ!)ではないが、そのデザインはユニーク且つ大胆で、強烈な個性を誇示している。否が応でも目に飛び込んでくるのが、上部の半円形の部分である。まるで羽根を広げたクジャクのようではないか。羽根には何やら数字がごちゃごちゃ・・・と。

 marcury2-2.jpg

この表は深度表であって・・・たとえば距離(目測)を10フィート、絞りを5.6に合わせた場合、表の上段Dの10'、同じくfの5.6から導き出されるのは・・・6'から30'までが被写界深度ということになるわけである。

1フィートは30.48センチなので、概ね1.8メートルから9メートルの間にピンが来る・・・のである。実はこのカメラ、レンズ交換が可能で、他に数本(75ミリ、125ミリ・・・)のレンズが用意されていたようだ。レンズを交換した際、この表は・・・役立たつのかな(笑)

 marcury2-3.jpg

ボディ背面には円盤状の表がある。これは露出表である。う〜ん、どうやって合わせるのだろう?見るのが面倒くさい(笑) というか、表を見ながら露出を算出している間に、シャッターチャンスを逃してしまう・・・気がするのだが・・・。

 marcury2-4.jpg

さて、このカメラは実はハーフ判なのである。裏蓋を開けてみると、ご覧のように18×24ミリのフォーマットであることがわかる。なのにボディの大きさは35ミリフルサイズと同等だ。カメラに搭載されているのはロータリーシャッターと呼ばれるもので、これは円盤状のシャッターを回転させるというユニークなアイディア。なるほど、だからクジャクの羽根が必要だったのだ。

ボディはアルミダイキャスト製で、手にした印象は一般コンシューマー向けではなく、米軍御用達?と思わせるほど作りがしっかりしている。太平洋戦争が終わった年に生まれたこのカメラ。国力の差は、こんなところにもあった訳だ。
posted by 生出 at 20:48 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年09月27日

Acoustic Paradise


 acoustic-paradise.jpg

2005年、マーチンD28を購入し、少しずつインストの世界にのめりこんでいく中で出会ったのが、このアルバム、中川イサトの「Acoustic Paradise」だった。2006年リリースされたアルバムで、プロデュースは同じくギタリストの丸山ももたろう。

中川イサトのキャリアは半端なく永い。「五つの赤い風船」で西岡たかし等と共に活動した後、ミュージシャンのサポート、共演はあまりにも多すぎて、すべて把握するのは不可能だ。手元にあるCDを何気に見てみると岡林信康、加川良、高田わたる ・・・などなど錚々たる面々である。サポートのみならずソロとしての活動も精力的に行っている。東の石川鷹彦に対して西の中川イサトと称する人もいる。あの押尾コータロー、岸部眞明の師匠でもある。ミスターギターマンの異名すらある。

本作は全7曲で、うち4曲が丸山ももたろうとのデュオで、ソロの演奏は3曲。収録時間が25分弱なので、やや時間に関しては物足りなく感じる。1曲目の「Chotto Tropical(ちょっとトロピカル)」から、アコギサウンドの好きな人なら、きっと気に入ってくれるに違いない。明るく軽やかで、且つ広がりのあるサウンドである。はじめて聞くのに口ずさみたくなるようなメロディー。

4曲目、6曲目の「The Water is Wide」「Georgia on My Mind」はスタンダードナンバーとして馴染み深いが、そこはさすが中川イサトである。オリジナルの持つエッセンスを活かしつつ聴き応えのある名演。ちなみにライナーノーツは押尾コータローが一筆啓上している。
posted by 生出 at 21:57 | Comment(0) | 音楽

2016年09月26日

Unplugged 1994


 eagles-unplugged1.jpg

1994年4月24日、MTVのアンプラグドライブのために再結成されたイーグルス。その模様はアルバム『Hell Freezes Over』にまとめられた。『Unplugged』は収録2日目(4月25日)を編集無しでセットリスト順に収録されている。収録時間は131分、CD2枚分で、『Hell Freezes Over』とダブる曲はあるものの、ライブ感はこちらの方に軍配が上がる。

 eagles-unplugged2.jpg

ウエストコーストの代名詞的な存在のイーグルス。人気のピークは70年代であったが、いまでもファンは多い。

2014年2月20日、拙ブログで『Hell Freezes Over』を紹介したが、彼らの音作りはハズレが少ない。発表するアルバムは、どれも名盤と云われるほどで、まだまだ未発表の音源はあるだろうから、これからも新たなアルバムとして世に出ることを切に望むところである。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | 音楽

2016年09月23日

オムライス


 An-omelet-stuffed-with-fried-rice.jpg

ひさしぶりにオムライスを作ってみた。このところ創作意欲が、あまり湧かない(笑) 今回のキモは・・・チキンライスを卵で包む際、丼を使ったというところである。どういうことかと云うと・・・表面にうっすらと半熟状態の残る卵を、そぉ〜っと丼に移動させる。そこにチキンライスを入れる。こうすると比較的ライスが包みやすくなる。丼の形状からして、どうしても形が丸くなってしまうけど仕方ない。

上から皿をかぶせ、ひっくり返せば、はい、出来上がり。本来はフライパンの上での作業なのだろうが、僕にはそのスキルがないので、苦肉の策として編み出した素人的な技(?)であった。でも案外それらしく見えたので、よしとしよう。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | 男の料理

2016年09月18日

栗林写真工業カロロン


 karoron-1.jpg

1949年発売のカロロンである。栗林写真工業(ペトリカメラ)が製作した6×4.5の中判スプリングカメラだ。携行時はコンパクトに折りたたむことが出来る。

 karoron-2.jpg

前蓋を開けレンズ部を引き出すと、所定の位置にカチャっと小気味良くセッティングされる。この種のカメラはスプリングカメラと呼ばれていて、一時期、フォクトレンダーやスーパーイコンタなど人気を博したカメラがあった。

 karoron-3.jpg

露出、ピント合わせのすべてが撮影者にゆだねられている。レンズ先端部を回してピント(目測)をあわせる。レンズはオリコン75ミリ、開放F値は3.5、シャッターユニット(B、1〜1/200)はカーペルというペトリ社ブランドである。

 karoron-4.jpg

なんともレトロチックなデザインと構造だが、つい数年前まで僕がメインで使っていたシノゴと細かい部分は違うものの、まぁ〜基本的には同じなので、僕としては違和感無く接することが出来る。ただし「カロロン」という機種名だけは、なんとかならなかったのかなぁ〜と感じている。何か深〜い意味があったのだろうか?
posted by 生出 at 22:56 | Comment(2) | フィルムカメラ

2016年09月16日

33回目の入選


 33th-winning.jpg

 往く夏や 孫と遊んだ 夢花火

あれほど暑かった夏も、いまはむかし。気が付けば秋と云う季節に入れ替わっている。夏休みに帰省した息子夫婦、小学校に上がったばかりの孫。

うるさいくらい自分にまとわりついていた孫も、帰ってしまうとさびしいもので、晩酌をしながら、孫と遊んだ時間をしみじみと味わっている。

着火した花火は鮮やかな閃光を放ち、暗闇の中に嬉々とした孫の顔がうかびあがる。

「あの花火は一瞬だったけど、孫にはずっとずっと忘れてほしくない時間だ」と三杯目のお猪口を口に運びながら、しみじみと味わう。ふと自分の子供の頃を思い出す。「人生は思うほど、長くはないんだな。すべてが夢のようだ」

 miyamorisan.jpg

32回、33回と「夢」という言葉を使った作品が続きました。さて次はいかがでしょう?最近、新聞の文芸欄を見るのを楽しみにしている人もいらっしゃるようです。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | M's works

2016年09月14日

吉田拓郎ライブ コンサート・イン・つま恋'75 Live


 tsumagoi1.jpg

リゾート施設「つま恋」(静岡県掛川市)が営業を終了するというニュースが飛び込んできた。「つま恋」といえば1975年に吉田拓郎とかぐや姫のオールナイトコンサートが行われた伝説の場所である。

当時、僕は中学二年生。情報網はいまとは比べるまでもないが、それでも「拓郎がとんでもないことをやるらしい」くらいの情報は耳に入っていた。このコンサートが終わってから、数ヵ月後だと記憶しているが、FM東京で二晩にわたって「つま恋」の特番が組まれた(パーソナリティは‘あなたのモコ’の高橋基子さん)。ベランダに置いた「ナショナルMac−ff」にTDKの120分テープをセットし興奮しながら録音をした。なぜベランダにラジカセを置いたかというと、当時住んでいた宇都宮市鶴田町付近では夜にならないとFM東京がクリアに受信できなかったからである。ラジカセの置く向きも慎重に調整しないと、すぐに雑音が入った。

番組は一晩目が拓郎、二晩目がかぐや姫で、録音したテープは後日、同級生に貸して、そこからダビングが繰り返されたようだった。120分テープは片面が60分の録音なので、結局いずれの番組もあと少しで最後の部分が録音できず、地団太踏んで悔しがった僕であった。

 tsumagoi2.jpg

さて、時は流れ2005年、つま恋コンサートの模様を収めたDVDが販売された。もちろん即行で買った。CD版は2012年に販売。しかしCD版は拓郎の11曲だけで、入っている曲もDVDの中からの抜粋。数が多ければいいというものではないが、伝説のコンサートを1枚のCDにしてしまうというのは、諸々の事情はあるのだろうが、いかがなものだろう?せめてFMの特番で流した「私の足音」は選曲してほしかった。

参考までにあの夜歌われたのは・・・拓郎が60曲、かぐや姫26曲、山本コウタローとウィークエンド6曲、かぐや姫解散直後とういうことで、メンバーそれぞれのステージで、こうせつが9曲、風5曲、山田パンダ3曲・・・計109曲だった。

リゾート施設として開設してから42年、75年のつま恋コンサートから41年・・・音楽イベントの聖地に幕が下りる。さびしい限りである。
posted by 生出 at 12:40 | Comment(0) | 音楽

2016年09月13日

マミヤ16オートマチック


 16auto-1.jpg

和34年)に発売された所謂ポケットカメラである。フィルムは機種名にあるように「16ミリ」フィルムを使う。画面サイズは10×14ミリで、1972年に登場したコダック規格の110(ワンテン・・・13×17ミリ)フィルムよりも小さな画面サイズである。どちらも専用のカートリッジ式フィルムを使う。残念ながらマミヤ−コダックのカートリッジに互換性はない。

マミヤ16シリーズは1949年に誕生し、マミヤ16EEデラックス(1962年)まで7機種が製造された。「オートマチック16」は同シリーズとしては初めて外部式露出計(セレン光電池式)を内蔵した機種で、小さなボディにカメラとしての機能をギュッと詰め込んだ感じで、機械仕掛けのフォルムは見ているだけで惚れ惚れする。手にしたい!という願望が芽生えてしまうと人は都合のいい「屁理屈」を考えはじめる。

 16auto-2.jpg

毎日使うものではないが、何かの際に活躍するのではないか・・・ありもしないシーンの中で「持っていてよかった」と、このカメラを撫でる自分の姿を想像するのである。次第に脳内に「幸せホルモン」といわれるセロトニン(違ったかな?)が分泌され、いっときであるが至福に包まれる・・・これをひとは「妄想」と云うのである(笑) おもちゃ屋さんの窓越しに、指をくわえて欲しいおもちゃをじっと見つめる・・・子供と同じである。

残念ながら、このカメラは知り合いが所有するものなので、ブログ用撮影の僅かな時間だけしかお付き合いできなかった。

 16auto-3.jpg

携行時、ファインダーは折りたたむ。撮影時は起こすのだが、その様はさしずめ潜望鏡である。後ろから見た姿はニコンF2用のモードラMD2をコンパクトにしたようだ。ロックレバーはレンズカバーを兼ねている。閉じているときシャッターは切れない。FILTERレバーをスライドさせると内蔵されている「黄色」フィルターがセットされる。このあたりのギミックはたまらない。露出計はTTLではない。本体でセットしたシャッター速度と同じ値を露出計側の速度指標も合わせる。すると(精度はともかく)適正な絞り値がセットされ、これで撮影準備が完了。そうそう、ピントは目測なので撮影者の感覚で合わせる必要がある。自分の距離感覚が試されるので、これはこれで楽しい。

 16auto-4.jpg

セレンやCdsの露出計は、経年劣化が激しいので適正露出を決めうちするのは難しい・・・。でも順光、逆光など様々なシーンを経験すると露出計の癖は、ある程度つかめるので、まぁ〜がんばって撮影を続けることが必要だろう。その前に・・・すでにこのカメラ用のフィルムカートリッジが手に入らないという大きな問題が立ちはだかってはいるのであった・・・。
posted by 生出 at 22:39 | Comment(0) | フィルムカメラ

2016年09月11日

阿部有里子個展


 yuriko-abe.jpg

銅版画家・阿部有里子さんの個展が開催されます。寓話感あふれる魅力ある表現をぜひご覧ください。なお阿部さんのサイトはこちらになります。
posted by 生出 at 20:42 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2016年09月08日

フロントグリル交換


 70-2.jpg

我70は、平成8年式なので、今年で丸20年をむかえたことになる。昨年、ボディの錆た部分の修繕を行ったのを機に、月に一回くらいのペースでワックスがけをしている。しかし以前から気になっていたのはフロントグリルの劣化であった。上の写真が交換前である。写真ではわかりづらいが、塗装が剥離しはじめ、一部下地が露出してきた。

 70-1.jpg 

今回、思い切って交換をしたのであった。70に光物などの虚飾は不要なので、どうせならと消防自動車仕様のグリルをチョイス。メッキ塗装のされていない地味なタイプで、取り付け後のスタイルは、いかにも道具っぽくて気に入っている。えっ、わからない?それが普通の感覚なのでご心配なく。

 70-3.jpg
posted by 生出 at 08:40 | Comment(0) | クルマ