2019年05月13日

雪解け進む


 _0119812.jpg

一週間前は残雪で阻まれていた会津美里町と柳津町を結ぶ林道も雪解けと除雪で通行が可能になっていた。会津美里町大岩観音入り口からツムジクラの滝までの約17キロ、ノンストップで通行が出来る。

 _0119823.jpg

撮影後、磐梯山をバックに記念撮影。田んぼにもだいぶ水が入ってきた。今年は田植えも遅いようだ。
posted by 生出 at 07:23 | Comment(2) | クルマ

2019年05月10日

深山神社の大藤


 _5100194.jpg

国見町の「深山神社」へ足を延ばしてみた。つい先日、地元のテレビで紹介された大藤を見るためである。

見上げると花の房が、樹齢500年といわれる榧木(かやのき)に、まとわりつくようにぶら下がっている。遠目から見ると圧巻だ。藤の蔓・・・というより、もはや何か別な生き物に見えてくるほど。神話の中に登場する大蛇が、現実に飛び出してしまったかのようだ。

 _5100239.jpg

榧木は藤の締め付けに必死で抵抗しているのか?しかし見た感じ樹勢は衰えを知らない。むしろ全然平気だよと涼しい顔をしているようにも見える。そんな二人の攻防はいつまで続くのだろう。

境内を散策していると、いちばん見晴らしのいいところに陣取っているお婆たちがいた。

 _5100214.jpg

あんた、どっから来た。ここへ来るのは初めてか?写真撮ってんのかい?・・・などなど矢継ぎ早に質問責めにあう。女性が三人集まれば姦しいとは、よく言ったものである。話しかけながらも食べたり飲んだりは続く。

少しくらいはお裾分けをいただけるかと期待したが、ついぞそれはなかった(笑)
posted by 生出 at 22:21 | Comment(2) | 出逢いの妙

2019年05月06日

会津の銀山


 _5040145.jpg

かれこれ30年以上、会津に住んでいるのだが、まだまだ知らないところがある。いつものように足の向くまま気の向くままに車を走らせていた。柳津町の軽井沢地区は、これまで何度も走っているのだが、先日たまたま「銀山」という案内板が目に入った。「会津に銀山?聞いたことないな」と、ちょっとした好奇心を抱きながら進んでみる。

軽井沢から5分もかからず「銀山」に到着。目の前に突如として現れたのは煉瓦造りの煙突だ。明治19年(1886年)の建立で高さは約25メートル。風化が進んでいるのだろう、地面には朽ち果てたレンガの破片がいくつも落ちていた。あまり近づかないほうがいいみたい。

案内板によると「軽井沢銀山は永禄元年(1558年)に発見されれて以来、300年以上にわたって会津藩の財政の支えになってきた」とある。「最盛期の明治26年には年間産銀量、約4トンに達し、全国鉱山の第6位にランクされた」そうだ。

煙突の右側に辛うじて通れそうな道がある。進んでみると、なかなかにワイルドな道である。距離にすれば大したことはないが、最低地上高の低い車の通行はオススメしない。

 _5040136.jpg

ここを登りきると視界が急に広がり、荒涼とした場所にでる。遠くには磐梯山を拝める。

 _5040128.jpg

いかにも採掘場といった感じ。今のところこの場所への立ち入りは禁止されていないようだ。

「明治28年、金本位制の実施などで銀価が大暴落し、同年中に採鉱を中止、そして2年後には設備を解体して草倉鉱山と足尾銅山に送られて軽井沢は閉山された」という。

歴史好きな人には、きっとたまらない場所なのだろう。興味のある方は是非訪れてみてください。
posted by 生出 at 23:12 | Comment(2) | クルマ

2019年05月05日

通行止め三連ちゃん


 _4300015.jpg

この季節の恒例行事。残雪による通行止めを楽しむ?まずは昭和村国道401号線、新鳥居峠下〜駒止湿原。

 _5040088.jpg

会津美里町、大岩観音から西山温泉へ至る林道、大量の残雪により通行止め。林道入り口には通行止めの表示などはない。行ってみてなんぼということ。

 _5020088.jpg

こちらは山形県、板谷〜大沢間は立派なゲートで閉ざされていた。見た限りにおいて、周囲に残雪はなかった。きっと連休後、すぐに開通はするのではないか?
posted by 生出 at 19:40 | Comment(0) | クルマ

2019年05月04日

雪国茶屋のソースカツ丼&猫


 2019-04-22_13-17-54_5032.jpg

「雪国茶屋」は年に数回、とくに春先に訪れることが多い。この日はカタクリの撮影を終えてから少し遅い昼食を食べるために訪れた。

 2019-04-22_13-18-08_1022.jpg

店内は昭和テイスト全開である。まだ店主と話したこともないし、僕の顔も覚えられていないので「馴染みの店」には入れることができない。

 2019-04-22_13-27-29_954.jpg

注文したのは「ソースカツ丼」である。

今回の主役はソースカツ丼ではなく猫である。ガツガツ食べていると、店内を何かがちょろちょろ動いている。振り返ってみると猫だった。

 2019-04-22_13-41-21_4862.jpg

「何か文句あんの?」てな表情に見えた。なかなかいい面構えをしているじゃん。スマホを向けるとピタッと止まる。シャッターを押すと瞬時にいなくなる。

ややするとまたまた視界の中に飛び込んでくる。今度こそはちゃんと撮ってやろうと構える。さっきと同じで向けた時は止まるのだけど、シャッターを押すと素早く隠れてしまう。何かを感じているのだろうね。

 2019-04-22_13-39-57_0312.jpg

撮影した時は気がつかなかったけど、違う個体だったのね。こちらはなかなかのべっぴんさんである。モフモフ感がたまらない。

今度行った時はちゃんと撮らせてくれるかな?この二匹が僕という人間を認識するまで、まだしばらく時間はかかりそうだ。まぁ〜焦らずに通いましょう。
posted by 生出 at 22:41 | Comment(2) | ふらりとよった店

2019年05月03日

冷し中華 器を変えました


 hiyashi2019.jpg

カインズホームで買った380円(税別)の丼である。気分を変えて、こちらで冷し中華をいただいた。今回はいつものシマダヤではなく、マルちゃん正麺の冷し中華(醤油だれ)である。器が変われば味も変わるというが、シマダヤ、マルちゃんそれぞれ味付けが違うので、器による味の差は当然わからない。マルちゃん正麺はとても乾麺とは思えない食感。大いに健闘しているなぁ〜と。
posted by 生出 at 22:19 | Comment(2) | 男の料理

2019年05月02日

画伯、Martin 00-18を弾く


 _5010037.jpg

令和元年の初日、画伯宅にて宴会を行なった。ほろ酔い気分で氏がMartin 00-18(1975年製)を手にした。歌うはBob Dylanの"I Shall Be Released"であった。

They say everything can be replaced

Yet every distance is not near

So I remember every face  Of every man who put me here

I see my light comes shining

From the west unto the east

Any day now, any day now

I shall be Released

さて令和という時代には、いったい何が待ち受けているのだろうか?
posted by 生出 at 18:30 | Comment(0) | アコギ

2019年04月30日

林道・赤崎小倉沢線


 _4271406.jpg

雪解けもあっという間に進んで、里に近い林道は走行可能なところが多くなってきた。昨年12月20日、ブログに掲載した林道・赤崎小倉沢線に入ってみた。

今回は会津側から湖南方面を目指す。新緑にはちと早いが、その分眺望が効くかな・・・と。

 _4271412.jpg

出発して間も無く下界の集落を見下ろすことができた。ここは白鳥の飛来で有名な崎川浜(さっかはま)が近い。もう25年以上前にになるけど、随分通ったところである。

 _4271415.jpg

林道から猪苗代湖を望める場所はこの一箇所だけ。眺望の悪さは相変わらずだった。林道を外れ、ガサゴソ中に入って探せば絶景を望める場所があるかもしれないが、今回はパス(笑)

 _4271434.jpg

気がついたら、あっという間に郡山市湖南町へ到着。この日は晴れていたのだけど、あいにく磐梯山は拝めなかった。残念・・・。ややインパクトに欠ける林道走行であった。
posted by 生出 at 23:14 | Comment(0) | クルマ

2019年04月29日

桜道


 _4271396.jpg

 ♪道は歩くためよりも 春にはむしろ見るためにある
 二人で歩いたこの道も 舞い落ちるピンクの花びらいっぱい
 私が歩くたびにハラハラと散る花びる 
 私が息をするたびに 心にまで散る花びら・・・

風のファーストアルバムに収められている「桜の道」という曲を久しぶりに思い出した(作詞: 喜多条 忠 / 作曲: 伊勢正三 )。それで早速iPodで再生する。見頃を過ぎた桜はよほど人の関心から離れるのだろう、訪れる人もなく、ピンクの絨毯を独り占めできる幸せを感じながら車を走らせる。

 ♪まるであいつと別れるまでの 数えきれない思い出を
 ひとつずつ懐かしむように 山国の遅い桜は散る

どうせなら開花から散り際まで見届けてあげたいものだ。
posted by 生出 at 22:02 | Comment(0) | クルマ

2019年04月28日

51回目の入選


 _4281519.jpg

2月の入選以来、少し間が空いてしまいましたが、本日の福島民報に久しぶりに宮森さんの作品が掲載されました。それも一席です。

 待ちかねた避難解除に春の雪

雪景色は見慣れた風景を一変させる力を持っている。荒れ果てた風景は、雪が積もることによって単純化される。その風景が原発事故前の、平穏な日々の記憶を呼びよせる。
posted by 生出 at 21:54 | Comment(0) | M's works

2019年04月25日

HZJ77の燃費


 _4241377.jpg

つい先日、57万キロを達成したランクル70(HZJ77)である。排気量4.2リットル、ミッションはもちろんマニュアル。昨年、大きな手術をして以来、特に大きなトラブルもなく(笑)、安定した走りを楽しんでいる。

先代の73の走行距離が52万キロだったから通算で100万キロは走っている。飽きるどころか、いまだステアリングを握るたびに新鮮な気持ちにさせてくれるから実に不思議な車だ。

ジムニーの燃費にはかなわないが、久しぶりにどのくらい走るのか計ってみた。

 IMG_4411.jpg

給油タンクの容量は90リットルだから、エンプティーランプが点くまでの走行距離はジムニーに比べて余裕である。今回は828キロ走った。

 IMG_4412.jpg

給油量は75リットル。リッターあたり10.9キロの走行距離だった。エンジンはすこぶる快調。目標の77万キロを達成するのも夢じゃない。
posted by 生出 at 21:16 | Comment(0) | クルマ

2019年04月22日

只見線、滝谷駅にて


 _4221337.jpg

滝谷駅14時19分発の会津川口行。線路を挟むように桜が咲いている。定刻に列車がホームに滑り込む。直前までピントは列車に合わせるつもりだったが、何気なく目の前の桜を見てみると形の整った花びらがいい感じ。急遽こちらにピントを置き撮影をした。
posted by 生出 at 22:27 | Comment(2) | にわか鉄ちゃん

2019年04月20日

JB23w、これまで最高の燃費


 _4141171.jpg

数日前に走行距離が3万キロを超えた。一年なんてあっという間だ。 今のところトラブルはない。ただスズキの不正に起因するリコールに引っかかってしまったようだ。まだ正式な案内は届いていないが残念なことだ。

さて先日、これまでの燃費を上回る記録を達成した。

 IMG_4276.jpg

走行距離がご覧のように502キロで給油が32.74リットルだった。

 IMG_4277.jpg

リッターあたり約15.3キロを記録。きょうびの軽に比べると、それほどビックリするほどではないが、ジムニーとしてはかなりいい方だと思う。
posted by 生出 at 22:47 | Comment(0) | クルマ

2019年04月19日

いよいよ明日から五島健司写真展はじまります


 img054.jpg

明日20日(土)から写真家・五島健司氏の写真展が開催されます。21日(日)は氏のトークショーも行われますので、近隣の方はもとより興味のある方、ファンの方はぜひお越し下さい。
posted by 生出 at 13:09 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2019年04月18日

最後の一杯


 _4141231.jpg

ここは珈琲舎うつわである。お馴染みの方には「えっ?」と驚かれるかもしれない(笑) 昨年11月末で営業は終了していたのだが、マスターの性格故に片付けが非常にスローなテンポで、先日ようやく終了した。

 _4141284.jpg

屋根裏もご覧のとおり。営業していた頃は知る由もなかったが、けっこう広かったのである。

 _4141258-1.jpg

微力ながら片付けのお手伝いをして、ほんとうに最後の最後、珈琲舎うつわの珈琲をご馳走になったのである。マスターの顔もこころなしかすっきりしているように見受けられた。まずはおつかれさま。次の展開はどうなるか、まだわからないが、新しい店がオープンしたらぜひ教えてください。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(2) | 馴染みの店

2019年04月15日

千年桜も・・・


 IMG_4249.jpg

先日の大雪で多くの桜の枝が折れてしまった。龍泉寺の惨劇の2日後、千年桜に会いに行ったのだが・・・無残な姿を眼の前にして言葉がなかった。横に伸びた大きな枝が無残にも地面に横たわっていた。周辺の管理をされている方と話をする機会があり、この桜にまつわるあれやこれやをお聞きした。「もっと多くの人々に千年桜の良さを知ってもらいたかった」ということで「少しずつだが個人的に周辺の整備を進めていた」そうだ。

道の狭さのためにアプローチが難しいのだが、反対斜面に道路を作る考えもあったらしい。さすがに個人の力では限界があり、行政に頼る部分も出てくるのだが、なかなか難しいのが現実だ。

大きな枝の他にも、何本か折れた枝があり道を塞いでいた。それをその方と一緒に除去したが、折れてなお花を付ける健気さに、人が出来ることの限界をつくづく思い知らされたのだった。
posted by 生出 at 17:35 | Comment(2) | その他

2019年04月11日

春の大雪


 IMG_4226.jpg

昨夜来からの雪で、福島県中通り地方では10センチから20センチ近い積雪を記録した。春の雪は水分が多く、とても重い。写真は二本松市の龍泉寺である。朝一で訪れてみたのだが、遠目に見てなんだか形がおかしい。撮影の準備をしていると若い住職が僕の顔を見るなり「ショックです。枝が折れてしまいました」と。とりあえず桜の近くまで行ってみる。

かなり太い枝が数本、地面に叩きつけられていた。情け容赦ない仕打ちである。形あるものの宿命とはいえ、あまりにも酷い。樹齢300年を超えるエドヒガンザクラだ。これまでもこの程度の積雪は経験してきただろうに。なぜいとも簡単に折れたのか?

もし花が開く前だったら、これほどの被害は出なかっただろう。満開の花に積もった雪が必要以上に枝に負荷をかけてしまったのが原因だと推測している。

 IMG_4228.jpg
posted by 生出 at 21:45 | Comment(0) | その他

2019年04月08日

三日見ぬ間の桜かな


 _0088927.jpg

福島市の桜の開花宣言が先週の金曜日に発表された。その前日、この桜を見たのだが、ほとんどつぼみの状態だった。まさに三日見ぬ間の桜かなである。今日は三春の滝桜も開花したという。いよいよ桜王国ふくしまの面目躍如たる季節が到来した。
posted by 生出 at 21:02 | Comment(0) | 出逢いの妙

2019年04月04日

ツボミ膨らむ


 _4021162.jpg

冬のような日が続いている。福島市の春は足踏み状態。場所によってはだいぶ開いて入る花はあるものの、開花宣言はまだである。たぶん明日あたりかなと予想を立てている。

暖かい日になれば、すぐにでも開花するツボミである。指でちょっと撫で撫でしてやった。
posted by 生出 at 12:44 | Comment(0) | その他

2019年04月03日

峠は冬


 2019_0403_061436_993A.jpg

これは今朝の土湯峠である。今頃になって冬将軍が暴れている。ご覧の通りの有様である。運転手は乗っていなかったようだ。側溝を越えてしまい路肩で動けなくなっている。里は春を感じる日々が多くなってきて、すでにノーマルタイヤに交換した人もいることだろう。山を走るときは、まだ冬の装備は必須だ。
posted by 生出 at 22:25 | Comment(0) | クルマ