2017年05月17日

奇跡の一本松


 _0165723.jpg

約3年ぶりに「奇跡の一本松」を訪れてみた。すっかり堤防も出来上がっていて、行き交う工事車両も以前に比べれば、大分少なくなっていた。しかし周囲の様子はあまり変わらない。ご覧のように立派な看板が設置されていて、この松に対する人々の思いが伝わってくる。

しかし松は・・・幹の上部の樹皮がはがれ、緑の葉はまったく見られない。樹の勢いがないことは、誰が見ても明らかだ。

 _0165730.jpg

松を守る会の方が作成したカレンダーが、左側のボックスの中に収められている。一人一本持ち帰り可能とある。かつて松原が広がっていたこの地が、どのような景観だったのか僕には判らない。樹勢の衰えた一本松は残念ながらそう永くはもたないだろう。

案内板の説明によると、この松から育てた苗を植樹する計画があるようだ。昔のような松原になるまでには、かなり時間はかかるだろう。でもその思いは必ず実現する。
posted by 生出 at 08:38 | Comment(0) | 出逢いの妙

2017年05月14日

フォーク酒場


 folk_0135694.jpg


昨晩行われたフォーク酒場の様子。30名数名が参加。米沢からは久しぶりに仙人も駆けつけていた。スタート時間になるやいなや、堰を切ったように歌声が場内に響き渡る。次から次にリクエストが出され、ギターを弾く手は休む暇もない。自分の部屋で一人弾くギターとはまた違った楽しみがある。次回を楽しみにしている参加者も多く、さらに新しい方も毎回のように増え、フォークソングで繋がる人の輪が、これからも広がっていくだろう。
posted by 生出 at 14:24 | Comment(0) | 音楽

2017年05月13日

あたごやの味噌ラーメン


 miso_0135645.jpg

ここ数年、大人気の食堂「あたごや」さん。お昼時など駐車場が空いているのは稀である。泣く泣く帰ることが幾度となくあった。今日は12時ちょい過ぎだったにもかかわらず、すんなり停めることができ超ラッキーであった。本日頼んだのは味噌ラーメン。美味しくいただいた。

三月下旬に仙台から来た客人を案内した。一般人ではあるが調理師免許を持ち、味にはシビアな感覚の人物である。店に入るなり言った言葉が「あたごや」さんの本質を言い得て妙であった。「正しい食堂の匂いがする」と。
posted by 生出 at 23:53 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年05月08日

わかっちゃいるけど・・・


 _0075234.jpg

残雪にあえて挑むのであった。この残雪を越えようとは、もちろん思っていない。いくら70でも突っ込むのは無謀というものだ。自然の力と自分の小ささを再認識するために、毎年同じことを繰り返している。

 _0075239.jpg

雪渓にはトンネルが出来ている。これが曲者。春山登山で恐いのは、このトンネルだ。実際にハマっている人を見たことがある。ハマり方にもよるが、一人で這い上がることはまず無理である。水の流れる音がすれば、まだいいのだが、そうでないところでもトンネルになっているところもある。

自然から見れば、いずれ人はちっぽけな存在なのである。目の前をうるさく飛び回るブヨと同類だ。
posted by 生出 at 08:39 | Comment(0) | クルマ

2017年05月06日

走行距離50万キロ達成!


 _0065175.jpg

本日、午後2時45分頃、只見町塩ノ岐地区にて50万キロを達成! 2年後には60万キロ、さらに2年後70万キロまでいくであろう。

 _0065181.jpg

記念撮影は、達成地点より少し離れた只見町黒谷川沿いの桜の下でパチリ。
posted by 生出 at 22:51 | Comment(0) | クルマ

2017年05月04日

衝突事故


 car-accident.jpg

それにしても交通事故が多い。昨夜、会津若松市内の国道49号線の交差点で衝突事故が発生。写真の赤丸部分が当事車両。警察の現場検証が始まるところだった。状況からして、恐らく直進と右折車両の衝突だろう。どちらに非があったのかは、わからないけれど、事故は起こしてしまってからでは遅い。普段の運転の質をいまいちど振り返った次第である。
posted by 生出 at 22:04 | Comment(0) | クルマ

2017年05月02日

コシアブラ


 kosiabura.jpg

珈琲舎うつわのマスターからいただいたコシアブラである。茹でて醤油マヨでいただいた。ほろ苦さがいいっすねぇ〜。画面右上の器には焼酎が入っている。ちびりちびり舐めながら春の味を堪能する。ちなみにこの器は僕が作ったものである。以前、宗像窯で手びねりで作成したものだ。素人にしては上手く出来たと云われるのだが、それもそのはずである・・・八代当主・宗像利浩さんが、あまりにもヘタクそな僕を見かねて、最後の仕上げに手を貸してくれたのだから。
posted by 生出 at 12:47 | Comment(2) | 男の料理

2017年05月01日

五月


 201705.jpg

5月最初の日は、あいにくの曇り空です。いまにも雨の落ちてきそうな福島なのでした。市街地には新緑が目につくようになりました。この春はゆっくりスキップをしながらやってきた感じです。少し標高の高いところでは、まだ早春の風情、そして市街地では風薫る季節を感じることが出来ます。少し無理をして車を走らせれば、一日で二つの季節を体感出来ます。
posted by 生出 at 08:36 | Comment(0) | M's works

2017年04月30日

残雪


 _0304349.jpg

会津美里町と昭和村を結ぶ国道401号線(博士峠)は通行可能です。標高が上がると一ヶ月以上前にタイムスリップした感じ。路面に雪はありませんが、残雪がかなりあって芽吹きはもう少し先になりそう。昭和村側の水芭蕉は咲いていましたが、あまり形はよくなかったです。

 _0304373.jpg

こちらは昭和村の藤八の滝の先から駒止湿原へ左折するライン。除雪は全くされていない。ゴールデンウィーク期間中の走行は無理です。
posted by 生出 at 22:18 | Comment(0) | クルマ

2017年04月29日

鈴木登パステル画展


 _0294335.jpg

今年も鈴木登氏の「パステル画展」が開催されています。場所は言わずと知れた珈琲舎うつわです。会期は5月いっぱいです。風薫る五月、ぜひお出かけください。
posted by 生出 at 22:40 | Comment(0) | 写真展・絵画展など

2017年04月27日

ニコンF2フォトミックA


 f2-1.jpg

1977年にニッコールレンズがAi化されたことは、2014年7月2日の拙ブログで触れた。Ai化にあわせ露出計内臓のファインダーのデザインも、ほんの少し洗練され、以前のフォトミックボディより見た目に軽快さが増した。正面から見てファインダーの右下に「A」の文字が刻印されている。ファインダーの型式はDP−1からDP−11へと変更。受光素子はCdsのまま変わりはない。

 f2-2.jpg

Ai化で、レンズの露出計連動の爪は肉抜きされ、非Aiレンズとの見た目の差別化がされた。実はAi化のいちばんのポイントは、この爪ではなく、レンズの絞りリングにあった。Ai化ボディは絞りの情報を受けるためのレバーがレンズマウントの外周部に移設され、絞りリングに新設された突起と連動する。F2に限ってはファインダー側に、絞りレンズの突起と連動するレバーが新設された。なんだかよくわからない方は、頑張って理解する必要はありません(笑)

さて・・・F2を手にすると、いまだに臨戦態勢に近い気持ちにさせられる僕なのであった(笑) そんな気持ちにさせてくれるカメラは、そうはない。例えF2が手元になくてもフィルム巻上げ、シャッターレリーズ、フィルム巻き戻し、裏蓋の開閉の感触など、目を閉じれば(閉じなくとも)鮮やかに蘇るのである。

 f2-4.jpg

ボディ底面には、普通のカメラには無い接点や摘みなどがある。いかにもプロが使う道具っぽい。当時はここを見て高嶺の花だったモータードライブ・MD−2を装着した姿をイメージしたものだ。ファインダーを外した姿にもグッとくる。カタログでしか見たことのないアクションファインダーを付けたら、きっと格好いいだろうな・・・とか、あれやこれや妄想を膨らすだけでも2〜3時間(ウソ)はつぶせたものだ。

 f2-5.jpg

Fにはじまるニコンのフラッグシップ機は、かろうじて現行品としてF6がある。うち完全機械式なのはFとF2だけだ。その後の経緯は皆さんご存知の通り。デジタル時代のフラッグシップ機ではネーミングに「F」の文字は使われていない。フィルムを使うカメラだからFなのか、デジタルだからDなのかはわからないけれど、現在ニコンのフラッグシップ機がD5であることを、恥ずかしながらよく知らない僕なのであった。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | フィルムカメラ

2017年04月25日

会津鉄道


 aizu-line.jpg

わが家から車で10分も走れば、こんな長閑な風景が広がっている。桜の撮影をしていたら、ふいに踏切が鳴りはじめ、線路がカタン、コトンと音を立てる。一両編成の車両が田島を目指す。望遠ズームにはテレコンが付いていて、もうちょっと画面に余裕が欲しかったけど、まぁ〜いたしかたあるまい。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(2) | にわか鉄ちゃん

2017年04月21日

キノコたっぷりの卵とホウレンソウ炒め


 mushroom-enough-spinach-fry_0173312.jpg

冷蔵庫の中のブナシメジとエノキダケが、ややくたびれモードだった。活きのいいホウレンソウが手元にあったので一気に作ったのであった。味付けは醤油と胡椒、少量のバター(風味のマーガリン)。ベーコンがあれば、なおよかったかな。
posted by 生出 at 08:12 | Comment(0) | 男の料理

2017年04月19日

Exa type1.3


 exa1.jpg

 exa2.jpg

一目見て、クラシックカメラ同好会のおじさん達が好みそうなデザインだなと感じた。僕がExa(エクサ)を手にしたは二度目のこと。このカメラの正式な機種名などはよくわからない。ネットで調べたところ、たぶんExa Type1.3ではないかと思われる。初代Exaは1950年に販売された。バリエーションは非常に多いと聞いている。Type1.3は52年の販売。それ以前、Kine Exakta(キネ・エクサクタ)という機種があり、これは1936年(昭和11年)に世に送り出され、35ミリ判一眼レフの元祖といわれている。ExaはKine Exaktaの普及版として登場した。

 exa3.jpg

シャッター速度はレバーによる切り替え式。まるでオートマ車のシフトレバーのようだ。シャッターは非常に得意なもので、ミラーシャッターというもの。シャッター速度はB、25、50、100、150の5段階。実にシンプルである。

 exa4.jpg

ファインダーは交換式で、ウエストレベルファインダーのほか、アイレベルプリズムファインダーも用意されていた。バラしてみるとシステマチックなカメラであることがわかる。レンズマウントはエクサクタマウントと呼ばれ、東京光学、マミヤ、オリンパス、コムラー、カールツアイスなどがレンズを製造していたというから、あの時代、かなり普及したカメラであったのだろう。しかし、いまはむかし・・・なのであった。
posted by 生出 at 08:36 | Comment(0) | フィルムカメラ

2017年04月16日

早春の猿


 _0152839.jpg

なんの木か判らないが、芽吹きの準備をしている枝をムシャムシャと頬張っている猿がいた。処は裏磐梯剣ヶ峰のセブンイレブンの裏。裏磐梯の銀座と言われているところである。桧原湖の湖面は、まだ雪に覆われていて、桜の咲く中通り、浜通りとは一ヶ月以上遅れている。裏磐梯は、まだまだ早春の様相である。
posted by 生出 at 22:37 | Comment(0) | 出逢いの妙

2017年04月13日

冷やし中華


 hiyashi17.jpg

今年、お初の冷やし中華。毎度代り映えのしない具材である。春だというのに冬型の気圧配置。部屋には暖房が入っていた。しかし食べたかったのである。トッピングのゴマと海苔を見て「これはマルちゃんの冷やし中華だな」とわかった貴方は、きっと僕同様、好きなんだろうね。
posted by 生出 at 08:11 | Comment(0) | 男の料理

2017年04月08日

雪解け水


 yukidoke.jpg

今日、福島市で桜の開花宣言があった。合わせるように磐梯吾妻スカイラインの冬の通行止めも解除された。これから春が一気に加速する。喜多方市の、ちょっと山に近い地区では雪解け水が、これでもかっ!の勢いで流れていた。長靴がないと歩けないほどだ。それにしても凄まじい水量だ。

家庭用の浴槽なら、ほんの数秒で溜まってしまう。ただ流してしまうのは、実にもったいない・・・と貧乏性の僕は思うのであった。
posted by 生出 at 22:29 | Comment(0) | クルマ

2017年04月07日

やぁ。


  ya-.jpg

加川良のサードアルバム「やぁ。」1973年に行われたライブ音源をまとめたのが本作である。会場は、渋谷の「ジャンジャン」、名古屋「勤労会館小ホール」、豊田「勤労会館ホール」、お茶の水「日仏会館」の四ヶ所。CDの帯には「野外コンサートでもスタジオでもなく、加川良の魅力が最も発揮される小ホールでのライブ録音を集めた サードアルバム」とある。中川イサトがギター、オルガンなどで全面的にバックアップをしている。

加川良は1970年の第二回「中津川フォークジャンボリー」に飛び入り参加し、「教訓T」を歌ったのがきっかけでプロデビューした(なぎら健壱も同じ回に出演しプロデビューを果たした)。

昨日、衝撃的なニュースが入ってきた。4月5日、急性骨髄性白血病で、容態が急変し入院先の病院で亡くなった。69歳だったという。

デビュー後、数年間は吉田拓郎と人気を二分したことがあった。拓郎はフォークソングから離れ、よりポップな方向へと進み大衆から大きな支持を集めたが、加川良はストイックなまでに自分のスタイルを貫き、一線を退いたのか?と思われるほど、その名を目にすることが少なくなった。

しかし活動は続いていたのだ。ギター一本で全国を回り、小さなライブ会場で歌うスタイルは、昨年まで健在だった。あの独特の声と、微妙な音程の節回しは、もう過去の録音でしか聴くことができない。

このアルバムの2作目に収められている「夜汽車に乗って」(シバ作)が、いま、とても沁みる。


 夜汽車に乗って
  
 呼んでるよ 呼んでるよ

 夜汽車がさ 呼んでるよ

 どこへ行くのかね 夜汽車に乗って
 
 どこへでも どこへでも

 行くだろうさ どこへでも

 誰と行こうかね 夜汽車に乗って
 
 行きたかないね どこへもさ
 
 どこへもさ 行きたかないね
 
 でもここにゃいられない で 夜汽車に乗って
posted by 生出 at 12:33 | Comment(2) | 音楽

2017年04月06日

雅の木


 P3302127.jpg

珈琲舎雅の扉を開けると、まずマスターのウェルカム、そして入り口左側におかれた木からもウェルカム。僕はウェルダム、腕を噛む・・・と村上ショージのギャグを悟られないように、そっと呟く・・・。

さて、この木は2012年11月25日にブログで紹介して以来の登場。約4年ぶりに撮影をした。木は成長にともない、鉢も交換されていて、なにより背も伸びた。けっきょくこの木が何と云う名前なのか・・・いまだにわからない。カウンター席に座り、たまにこの木の視線を感じながら、美味しい珈琲をいただくのが、僕の至福の時間なのである。
posted by 生出 at 08:20 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年04月04日

Firefly


 firefly-1.jpg

Emily Remler(エミリー・レムラー)というジャズギタリストを知ったのは、実はつい最近のこと。ジャケットに写っているのが、そのひと。愛用のギターはGibson ES−330だ。「Firefly」は1981年にリリースされた彼女のファーストアルバムである。

僕自身、ジャズギタリストについての知識は、あまりないのだが、当時、女性のギタリストは珍しい存在だったらしい。過去形を使ったのは・・・彼女は1990年にツアー先のオーストラリアで亡くなってしまったからだ。享年32歳だったという。生前に6作、死後に1作、合計7作のアルバムが作られた。

YouTubeには生前の彼女のプレイがいくつかアップされている。

 

こちらの動画は、もうひとつの愛用ギターOvationでのソロ演奏。かっこいい!

 

早すぎる死は、ほんとうに残念としかいいようがない。
posted by 生出 at 08:21 | Comment(1) | 音楽