2014年12月25日

20回目の入選


 20th-wininng.jpg

宮森さんが、ついに20回目の入選を果した。

 銀杏の 匂い懐かし かくれんぼ

情景がすぐに思い浮かぶ作品だ。

僕がかくれんぼに興じたのは、もう40数年前になる。缶蹴り、だるまさんが転んだ、高鬼、どろじん、なすきゅうりかぼちゃ(知っている人はいない?)などなど子供は地面の上を走り回って暗くなるまで遊ぶのが普通だった。いまは手元をちょこちょこ動かす遊びが中心で、おじさんとしては、何だか子供達の行く末に一抹の不安を覚えるのだが、それは余計なおせっかいなのだろうね。

さて、銀杏と云えば、たいていは神社の境内にど〜んとそびえていて、その木を中心に子供達が集まり、すぐに何かの遊びが始まる。敷き詰められた落ち葉を集め、クッションを作り、そこに滑り込んだり、潜り込んだり・・・まぁ〜子供というのは何かをせずにはいられない。運が悪いと、あの強烈な匂いの実が服についたり、靴で踏んでしまったり・・・その瞬間から匂いのついた子供が鬼になり、周りの子供達を追いかけ回すのだ。年端の行かない子供は、はじめからみっそっかすで、捕まっても鬼にはならない。だけど追いかけられる恐怖を少しは感じさせてあげなければならない。なので少しの間はみっそっすの子供を集中的に追いかけ回す。そしておもむろにターゲットを同級生に替えるのである。昔の子供はサービス精神も旺盛だった。

そんな昔の思い出が、いまも甦るのは境内できれいに掃除をされ、こんもりとした銀杏の落ち葉を見た瞬間だ。思わずダイビングしたくなってしまう自分に苦笑してしまう。

 miyamorisan.jpg

へっへっへ・・・と笑う宮森さん。きっと「ダイビングをした派」に違いない、と僕は見ているのである。
posted by 生出 at 08:31 | Comment(0) | M's works

2014年12月01日

12月


 december.jpg

宮森さん作のカレンダーのご紹介も、今年はこれで打ち止めです。また来年の分をご紹介出来ればと思っています。
云うまでもなく12月は師走。一般的に師とは僧侶のことを言うそうです。僧侶がお経をあげるために、あちこち駆け回るところから師が馳せる・・・師走になったのはよく知られているところです。この一年、皆さんにとってどんな時間だったでしょうか?まだ一ヶ月残っていますが、師でなくても何かと気ぜわしくなる月です。一日一日を大切に過ごしたいものです。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | M's works

2014年11月29日

16、17、18、19回、そして飲み会


 16th-winning.jpg 17th-winning.jpg

 18th-winning.jpg 19th-winning.jpg

濱口佑自、タクシー・サウダージとアラ還のすごいオヤジを紹介したわけだが、そうそうわが宮森さんもアラ還のすごいオヤジなのであった。身近過ぎてピ〜ンと来ない方もいらっしゃるだろうが、気がつくとすでに20回目前の入選を果していたのであった。これはとてもすごいことなのである。

昨夜、そんな宮森さん宅に招かれて飲み会を行ったのであった。今回の飲み会の趣旨は「二十歳のつどい」である。5名参加の内、20代は1名、4名が50代。しかし気持ちはあの頃とは変わらない。というわけで深夜のお昼近くまで痛飲してしまった。

 mr-miyamori.jpg

宮森さん、今朝は大丈夫だったでしょうか? 明日は20回目を達成しているのではないでしょうか?
posted by 生出 at 16:09 | Comment(0) | M's works

2014年11月02日

11月


 november.jpg

紅葉も里に下りてきました。日によって朝昼晩の気温差が大きくなっています。皆様、体調管理にはお気をつけ下さい。宮森さん作成のカレンダーの紹介も、あっという間に11月まで来てしまいました。

11月は霜月。今年はいつもの年よりも霜の降りる回数が多いように感じています。これで何回目・・・と数えている訳ではありませんが、何となくそんな気がしているだけです。

今年もあと二ヶ月を残すのみです。11月中旬にもなれば、里の紅葉も終わり、ちょっとさびしい色合いになりますが、それはそれで味わいがあると僕は思っています。
posted by 生出 at 22:05 | Comment(4) | M's works

2014年10月01日

10月


 october.jpg

紅葉の季節。福島でいうと標高1800メートル前後が見頃になっているようです。10月は神無月。由来についてはご存知のように全国八百万の神が出雲大社に集うため、地域から神様がいなくなるので神無月と云われている。逆に出雲の国では神在月。

全国の神様が集って、いったいどんな話をするのかはわからないけれど、出雲大社と云えば縁結びの総本山。きっと誰と誰をくっつけるか・・・なんて酒を飲みながら?決めているのだろう。単に男女の出会いだけではなく、人がよりよく生きられるよう、すてきな出会いを考えていただきたいものだ。
posted by 生出 at 08:29 | Comment(2) | M's works

2014年09月04日

11、12、13、14、15回


 11th-winning.jpg 12th-winning.jpg 

 13th-winning.jpg 14th-winning.jpg


宮森さんの創作活動が順調に進んでいる。今週も載りました。また今週も・・・と、こちらのブログでいつお披露目しようか、タイミングを計りかねてしまい、一気にご紹介することになってしまった。ついに四週連続の入選を果し、さすがに五週連続は厳しいだろうと云う大方の予想を裏切り、ただいま五週連続の入選となっている。

15th-winning.jpg

この分だと50回もあっという間ですね、宮森さん。
posted by 生出 at 08:34 | Comment(0) | M's works

2014年09月01日

9月


 september.jpg

今日から9月。今年もあと四ヶ月を残すのみ。夜の時間がようやく長くなるから夜長月。それが長月の由来。実に単純明快。もうちょっとひねってもよかったのでは?と勝手なことを思ってしまう。それはともかく、朝晩の気温もだいぶ落ち着いてきたようでホッとしている。これから残暑が厳しくなるとの予報もあるが、どうか大人しくしていてほしいものだ。

今月23日は宮森さんの誕生日。いちおうお知らせということで。
posted by 生出 at 08:47 | Comment(0) | M's works

2014年08月01日

8月


 august.jpg

8月、夏休み真っ只中の学生諸君にとっては、さまざまな呪縛から解放され、思い思いの時間を送っていることだろう。しかし気がつくと秋風が吹き始める季節を肌で実感するのだよ(笑) 宿題は早めにすませ、次の季節への備えを怠らないようにしてくれたまえ。

さて8月は葉月。葉が紅葉し落ちるところからつけられたというが、猛暑、酷暑が続く日々を送っていると、ちょっと違うんじゃないのと・・・まぁ〜いまさら葉月を返上して別名にすることもできないし・・・せめて名前からでも涼しさを感じられれば幸いである。皆様、夏バテせぬようご自愛ください。
posted by 生出 at 08:31 | Comment(2) | M's works

2014年07月15日

8回、9回、そして10回


 8th-winning.jpg 9th-winning.jpg

何事も継続することが大切なのだな、と常日頃思っている。日々をどう生きるかはそれぞれなので、とやかくは云うまい。しかしひとつだけ云いたいのは、何かを創り続けること。ただそれだけである。単なる消費者にだけはなるまいと心がけている。千里の道も一歩から。一歩が無ければ二歩目も無い。身近に創造に携わる人が居ると、こちらも大いに刺激を受ける。

自分の創った何かが受け手の心に共鳴する。これほどうれしいものはない。

あっという間に10回の入選を果した宮森さん。いつものように淡々と創作活動にいそしんでいる。栄えある10回目の作品は以下のとおり。

 10th-winning.jpg

人生、雨の日ばかりではない。人それぞれの人生には季節がある。きっと宮森さんの今後の人生は穏やかながらも創作活動という緊張感を伴った時間となるだろう。雨降って地固まるである。
posted by 生出 at 12:52 | Comment(0) | M's works

2014年07月01日

7月

 
 july.jpg

7月になりました。一年の後半が今日から始まります。学生の頃だったら次第に近づく夏休みに心が躍ったものですが、社会に出るとそれもむかし。梅雨空を仰ぎ、ついついため息が・・・。梅雨明けはいつになるのでしょう。

さて、7月は文月ですね。書道の上達を祈ったのが、命名の由来だとか。最近は筆のみならずペンを持つ習慣も少なくなりました。キーボード、もしくはスマホ、携帯のボタンを押しディスプレイに映し出された文字を確認するだけです。たまにペンを持つことがありますが、簡単な漢字も出てこず、赤面することも・・・。なんともお恥ずかしい限りです。端末の操作に長けていても、ソフト、つまり人そのものの表現能力が稚拙になってきたと感じるのは私だけでしょうか?
posted by 生出 at 12:48 | Comment(0) | M's works

2014年06月01日

六月

 
 june.jpg

今日から六月。今月が終われば今年の半分が終わります。早い早いと焦っても仕方ありません。一日一日をしっかり生きたいと・・・殊勝なことを思ってしまいます。

六月は水無月と云われています。降り続く雨を見て天から水が無くなるから水無月なのかと思ったら、実はそうではないようです。「無」は有無の無いの意はなく、本来は「の」という意味なので「水の月」と素直に読んだ方がいいようです。

降る雨も天からの恵み、それぞれの季節の妙味を感じたいものです。
posted by 生出 at 22:06 | Comment(2) | M's works

2014年05月09日

7回目の入選

 
 msen.jpg

 薫風を食べて天まで鯉のぼり

宮森さん、7回目の入選である。柳人として一歩ずつキャリアを重ねている宮森さんの姿に敬服する思いである。人は幾つになっても、前に進まなければいけないのだな、と感じている。昨日よりも今日・・・ほんの些細なことでもかまわないので、自分の感覚を磨く刺激を求めるか否かで、漫然と日々を過ごす人間との差が生ずるのだろう。安定志向を求めるだけでは人間、だめなのである。

一枚一枚、森に落ち葉が積もるように、心に受けた刺激はゆっくりだけど堆積し、それがやがて肥やしとなり、いつしか大樹になる可能性だってある。人を学歴や務めている会社、肩書きなどで優劣を決めようとする向きがあるがナンセンスである。どんな作品を創っているのか、そして創り続けているのか・・・そこに視線を移してみると、その人の魅力が更に浮き彫りにされる。作品を見れば、人となりがわかるというものである。

 miyamori-san.jpg
posted by 生出 at 12:43 | Comment(0) | M's works

2014年05月01日

五月

 
 may.jpg

五月になりました。赤丸の日が続くと思わずにんまりする方も多いことでしょう。

今日現在、南会津地方は桜が見頃をむかえています。皐月の「皐」には神に捧げる稲の意味があるのだとか。耕作がはじまる月だからこの字が当てられたと云われています。いよいよ本格的な田植えが始まる季節です。会津のあちこちでも田畑を耕す光景が見られるようになりました。

宮森さんが描いた鯉のぼりのように外に飛び出して薫風を思いっきり吸い込み、この爽やかな季節を謳歌しましょう。くれぐれも五月病にならないよう気持ちをリフレッシュして明るく健やかにすごそうではありませんか、お互いに。
posted by 生出 at 23:11 | Comment(0) | M's works

2014年04月01日

四月


 april.jpg

今日から四月。進学、就職のみならず新しい環境でスタートされた方はきっと多いことだろう。昨日までと変わらない環境であっても、四月の声を聞くと、心機一転して頑張ってみようか、なんて気持ちになる。

四月は卯月と呼ばれている。「卯の花」の咲く頃なので、そのように呼ばれようになったのだとか。僕は「卯の花」を知らない。調べてみると「ウツギ」の花の別称だそうだ。どうしても惣菜売り場の「卯の花」が先行して頭に浮かんでしまう僕なのであった。

「卯」には「茂る」意味もあり、大地が草花でおおわれる頃なので「卯」の文字があてられた、或いは十二支の四番目が卯(ウサギ)なので卯月になった・・・などなど諸説があるようだ。

由来はともかくウサギのように元気よく飛び跳ねて、新たなステージへ飛躍したいものだ。
posted by 生出 at 12:53 | Comment(0) | M's works

2014年03月05日

6回目の入選

 
 sixth-winning.jpg

各地で大雪の被害が続出し、何十年に一度の大雪と世間は騒いでいるけれど、季節は着実に先へ進んでいる。
宮森さん、6回目の入選である。

 春近し 種まきウサギ 眼を覚ます

今回は福島市民が晴れていれば一日一回は見るであろう吾妻小富士がモチーフ。今冬、福島の中通り、浜通り地方も大雪にみまわれた。ここ数日でようやく雪が消えたものの、何気なく見る吾妻小富士の雪ウサギに「早く春を連れてきて」と、切に願う気持ちがストレートに詠われている。

 mr-miyamori.jpg

6回目を記念してというわけではないが記念写真をパチリ。三脚に付けられているのは宮森さんが作成したオブジェである。タイトルは「おんねん」なのだとか。「怨念」あるいは「オンネン」「ONNEN」・・・なのかは不明である。
posted by 生出 at 08:30 | Comment(0) | M's works

2014年03月01日

三月

 
 march.jpg

三月です。弥生・・・植物が「いよいよ生い茂る」という意味の「いやおい」といわれます。春が近づいています。しかしまだまだ寒い日が続きます。お彼岸前後はとくに天候が荒れます。どうぞ皆様、お気をつけ下さい。
posted by 生出 at 22:28 | Comment(2) | M's works

2014年02月02日

二月

 
 February.jpg

一月も飛ぶように過ぎてしまった。昨日から二月。きっと二月も・・・。一日一日大切にしたいものです。
posted by 生出 at 09:32 | Comment(0) | M's works

2014年01月29日

5回目の入選

 
 fifth-winning.jpg

宮森さん、5回目の入選である。

 割り勘よ いいよ僕だす 初デート

宮森さんの実体験なのかどうかは確認していないが、恐らくそうなのであろう。て云うか、まぁ〜たいていは「僕が出す」なのだろうね。当たり前と云えば当たり前だが、なぜか男の悲哀をものすごく感じるのである(笑)

 miyamori-san.jpg

さて5回の入選を果し、次なる目標は「10回だぁ〜!」と宮森さん。「見よ、川柳の神様があそこにおられる。僕に微笑んでいる!」と云ったのかどうかは忘れてしまったが、早晩その目標もクリアするだろう。
posted by 生出 at 08:32 | Comment(0) | M's works

2014年01月08日

4度目の入選

 
 sen-ryu4.jpg

先月すでに4度目の入選を果たしていた宮森さんであった。すっかりご紹介が遅くなってしまった。

 幼子とコンペイトウでなかなおり

ほのぼのとした情景が浮かんでくる作品である。孫がかわいくてかわいくて仕方のないおじいさん(或いはおばあさん)と、ちょっとわがままだけどおじいさんが大好きな孫とのやりとりが微笑ましい。コンペイトウ何個で仲直りしたのだろうね?孫も、もう少し成長するとコンペイトウなんかには見向きもしなくなってしまう。無邪気なのは今のうちだけ。かわいい孫と過ごせる喜びをコンペイトウと同じように噛み締めるのである。

 miyamorisanno.jpg

4度目を記念して店頭でパチリ。このあと寒風の中に消えていった宮森さんであるが、肩で風を切る姿はまさに風流人そのものであった。
posted by 生出 at 12:58 | Comment(0) | M's works

2014年01月01日

謹賀新年

 
 January.jpg

新しい年になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

今年一年が皆様にとりまして、最高の一年になることを心より祈念しております。

このカレンダーは宮森さんの作品です。今後毎月アップする予定です。いつもより解像度は上げています。
posted by 生出 at 23:58 | Comment(4) | M's works