2014年10月27日

只見駅


 tadami-station.jpg

只見駅15:42発の各駅停車小出行き。終点の小出には16:55に到着。この季節のこの時刻、すでに陽は西に傾き、間もなく山の向こう側へ隠れようとしている。強烈な西陽に向かって、耳慣れたディーゼル音は次第に遠ざかって行く。

列車に乗っていても、今日の僕のように線路脇に立っているにせよ、列車が動き出す瞬間というのは何故かワクワクしてしまう。

一人旅であれ、グループの旅であれ、まずはどの席に座るか、それが旅の善し悪し・・・極端なことを言うと・・・人生を左右するくらいの何かが起こる可能性だって、あるのである。人生を変えるほどの出逢いは、そうそうないだろうが、人は自分が選んだ席に座った瞬間、きっと多かれ少なかれ、そんな出逢のドラマを期待するものなのだ。

とくに只見線のように、本数も利用客も少ないローカル線ならなおさらだ。人は生きていれば何かしらの事情を抱えるもの。それぞれの人生の事情を、他人同士同じ列車に乗せあうのことは「運命」と云ってもいいのかも。

小出駅に着くまで一時間ちょっとであるが、短編小説・映画が出来るくらいのドラマのひとつやふたつは・・・起きてもおかしくはない。

別々の樹に付いていた葉が枝から離れ、風に乗りたどり着いた場所が、偶然にも同じ着地点だった、なんてこともあるだろうし、結果として当初目的とした場所とはぜんぜん違う場所へ行ってしまうこともあるかもしれない。まぁ〜いろんな可能性があるということだ。ただし事件や事故には巻き込まれたくはないけれど・・・。

只見駅を出発した列車は、すでに田子倉ダムあたりを走っていることだろう。僕の耳には、まだディーゼル音が残っている。周囲の静寂が余計にそうさせるのかな、と思った。次の列車が来たら飛び乗ってやろうか、そんな衝動にかられたのも事実である。しかし・・・時刻表を見ると、次の列車は18:35である。帰ってから夕飯の用意、洗濯、データの保存・・・などなど雑多なことが待っている。人生を変えるほどの出逢いは、これでは生まれないのである。
posted by 生出 at 12:36 | Comment(2) | にわか鉄ちゃん

2014年09月29日

実りの秋


 tadami-line.jpg

9月23日は秋分の日。鶴ヶ城では「会津祭り」が開催される。毎年この節から会津地方では稲刈りが始まる。この写真は今月中旬に撮影したもの。稲刈りを目前にしてだいぶ色付いていた。実りの秋の中を走る白いボディはキハ40系。僕はにわか鉄ちゃんなので詳しいことはわからないが、そうなんだって。

静かな田園風景の中をディーゼル音を響かせながら走る姿は、まさにローカル線を象徴しているなぁ〜と思った。只見線が水害によって分断されていることは以前、このブログでも紹介した。乗り鉄、撮り鉄共に人気の只見線。しかし赤字路線であることは間違いなく、JR東日本にとっては、やはりお荷物なんだろうな〜。

実りの秋なのに・・・何だか悲しさがこみあげてきた。
posted by 生出 at 22:42 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2014年08月19日

JR只見線、その後・・・。


 tadami-line1.jpg

2011年7月の豪雨から、3年と云う時間が流れた。復旧のメドはまったく立っていないJR只見線である。不通になっている区間は会津川口駅から只見駅までの約28キロ。会津我蒲生駅付近は線路がまったく見えないくらい草が生い茂っている。振り返り只見方面を見てみるとご覧のとおり。

 tadami-line2.jpg

車が横断するので、かろうじて線路は露出している。トンネルの中はどうなっているのだろう?獣達のかっこうの住処になっているのかも。

さて過日新聞の報道で「鉄道軌道法改正、JR只見線復旧へ方針確認」という記事を見た。

「災害により運休している赤字ローカル鉄道の運行再開を目指す自民党の国会議員連盟は15日、東京都の党本部で会合を開き、豪雨被害で一部区間の不通が続くJR只見線の復旧に向け鉄道軌道法の改正を目指す方針を確認した。
 同法は鉄道事業者が赤字である場合に限り、自然災害で被害を受けた路線の復旧事業費のうち4分の1以内を国が助成するよう定めている。只見線を運営するJR東日本は黒字で適用対象外になるため、法改正により被災した赤字路線の復旧に取り組みやすい環境を整える。
 会合では、宮路和明会長(衆院比例九州)が「大災害を理由に鉄道事業者が赤字路線を廃止するのを放置していいのか」と同法の問題点を指摘。只見線沿線の目黒吉久只見町長と長谷川律夫金山町長は「地域振興に必要な路線だ」などと復旧への理解を呼び掛けた。
 一方、出席した議員からは「単に復旧を求めるのでなく、観光客をどう呼び込むかなど、(費用対効果が得られる)地元としての活用策を作り、積極的にアピールすべき」との意見も出された」(2014年7月16日 福島民報新聞社)

災害王国日本では、今後も只見線のようなケースが生じることだろう。復旧には85億円の費用が必要ともいわれている。今月5日、JR東日本は「秋以降に復旧の可否を判断する」意向を示した。
posted by 生出 at 08:55 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2014年04月20日

ひさしぶり・・・にわか鉄ちゃん

 
 sl.jpg

今年はじめての「にわか鉄ちゃん」。ひさしぶりに線路脇に立った。場所は喜多方市押切川の鉄橋のそば。桜の撮影を終え、いつものように珈琲舎うつわへ向かう。途中、鉄ちゃんが、あちこちに群がっている。これはSLだなと思い、近間の撮影ポイントへ直行。

ここはあまり人気がないのか、見物人が数人いたものの鉄ちゃんは他にひとりだけだった。ニコンに17-35を付け、35ミリ域で撮影。いざ撮影するとなると、画面の中にどのくらいの大きさで車両が写るのか、けっこうわからないもの。まぁ〜経験値が低いので仕方ない。適当が功を奏したのか、煙もさほど切れることなく収まってくれた。
posted by 生出 at 16:46 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2013年11月23日

懲りずに・・・鉄ちゃん

 
 SL-banetsu.jpg

また、やってしまったかな、という思いである。今回、この時間にSLがここを通過することはある程度把握していた。狙った訳ではなかったが、もし駐車スペースがあったら撮ろうかなと。無ければそのままスルーするつもりだった。でも停められたので、仕方なく?撮影をしたのであった。

撮影はご覧のとおりだが、画面左側の電柱が邪魔だった。現場ではあらかじめSLで隠れるだろうと目論んでいたのだが、それがしっかり外れてしまった。単なる記念写真に終わってしまった。背景の建物も煙で見えなくなるはずだったのだが、それもなんだかいやらしいくらい、しっかり見えてしまっている。

いまのところ再挑戦はするつもりはない(笑) ほんと?
posted by 生出 at 22:38 | Comment(4) | にわか鉄ちゃん

2013年11月10日

またも・・・にわか鉄ちゃん


 kazekko.jpg

今日もまた三島方面へ出かけていた。小雨降る肌寒い日にも関わらず、線路にレンズを向けている鉄ちゃんがいた。「今日もSLかな?」と人の良さそうなおっさんのようなお兄さんに声をかけてみた。「違います。トロッコ列車です。間もなく来ます」との返事。撮影ポイントはすでにキャパがいっぱいだったので、少し離れた場所に移動し撮影したのが、この写真である。

この写真じゃ、トロッコ列車かどうかはわかりませんね。キハ48形「風っこ」って云うそうです。さて、次はいつ鉄ちゃんになれるだろうか?タイミングが合えばまた変身することもあるだろう。
posted by 生出 at 22:41 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2013年11月03日

にわか鉄ちゃん

 
 sl.jpg

今日は三島方面へ撮影に出かけていた。線路の傍らには他県ナンバーの車が多数止まっている。人の良さそうなおっさんに「SLですか?」と訊いたところ「あと30分くらいで来るよ」とのこと。急いでいるわけでもなかったので、ひさしぶりに「にわか鉄ちゃん」になってみた。

遠くで汽笛が聞こえてきて、それがだんだん近づいてくる。踏切がカンカンカン・・・と鳴り、いよいよ来るなと思ったら、あっという間に鉄橋に滑り込んできた。70−200を装着したD700で連写をする。パシャパシャパシャと数枚シャッターを切ったら、SLは煙を残して消えてしまった。

次のポイントへ移動する鉄ちゃんの車だろう、SL通過後、すぐに何台かが猛スピードで目の前を駆け抜けていった。僕はゆっくり山へ向かったのであった。
posted by 生出 at 20:42 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2013年10月06日

只見線

 
 tadami-line-u.jpg

きょう、会津地方は昼過ぎまで秋晴れであった。気温も上昇し、国道にある温度計は28度を表示していた。季節は逆戻り。長袖では汗ばむほど。

ちょっと気になって、5月以来、ひさしぶりに只見線を覗いてきた。前回(今年5月6日)ご紹介したように会津川口駅から只見駅までは不通のままである。赤く錆びた線路が痛々しい。橋梁の上なので、草はさほど生えていなかったが、それ以外は雑草パラダイス状態。

バックの山は会津のマッターホルンと云われている「蒲生岳」だ。麓を電車が走らなくなって2年とちょっと。このポイントだとSLが走れば、それなりの写真になるだろうな、などと思いながら、走らぬ列車を想像しながらシャッターを押したのであった。そう簡単に元の時間に戻れないが、もし只見線が再開通したら、この場所で鉄ちゃんになってやろう!そう心に決めた僕なのであった。
posted by 生出 at 22:25 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2013年05月06日

只見線


 tadami-line-u.jpg

只見町へ行ってきた。先日行った桧枝岐村よりも残雪は多い。雪解けが進んだ場所では、ようやくカタクリなどの芽が出はじめていた。写真はJR只見線・会津蒲生駅である。只見線は福島・会津若松〜新潟・小出を結ぶ全長約135キロ、全線単線、非電化のローカル線だ。2011年7月30日の水害により複数の橋梁が流されたため不通(会津川口〜只見間)の状態が続いている。現在は会津若松〜会津川口、只見〜小出の運転が再開している。会津川口〜只見間はバスによる代行輸送である。

不通になってから1年9ヶ月が経過し、線路は錆び放題、枯れた雑草が絡み付いている。枕木が覆い隠されるほどの雑草が生い茂っていたのだろう。手入れはまったくされていないようだ。

只見線と云えばローカル線を代表するような路線で、とくに「乗り鉄」には人気があった。紅葉シーズンは、かなり混雑していたという話を聞いたことがある。

今回の水害は自然災害だと思われているようだが、実は人災だと指摘する声もある。田子倉ダムをはじめとして、下流には幾つかの発電用のダムがある。豪雨のためダムから溢れそうになった水を一気に放水したために起きた洪水だった。今さら云うまでもなく福島第一原発の被害は甚大で、収束のメドすら立っていない。原発の被害は日々報道されているのだが、水力発電の被害についての報道はまったくない。原子力、水力両方の発電所による被害を受けた福島県。踏んだり蹴ったりとはまさにこのことだ。
posted by 生出 at 09:48 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん

2012年11月29日

にわか鉄ちゃん


 shinkansen-u_DSC3761.jpg

過日、福島市の信夫山へ登ってみた。東北新幹線の真上に立てる場所があり、そこから行き交う電車や車、人などを暫し見ていた。望遠であちこちを覗いてみるのは爽快だ(けっして覗き趣味ではない)。ちょうど下りの新幹線が通過したのでパチリと記念撮影。シャッターを押した瞬間、頭をよぎったのは・・・世界的なスナイパー「ゴルゴ13」のことだ。

ターゲットは7号車の13Bに座っている。この位置から狙撃するのは神業に等しい。さらに狙撃の痕跡を残さずターゲットを仕留めるにはいどんな手段があるだろうか・・・。ゴルゴ13ならどうするか。新幹線が通過したあと、あれやこれや頭をひねってみたが、いい方法は思い浮かばなかった。まぁ〜実際、僕が誰かを狙撃することはないので思い浮かばないのも当然である。場所だけでも知りたいスナイパーのあなた。こっそり教えます。報酬は前払いでスイス銀行へお振り込みください。
posted by 生出 at 22:34 | Comment(2) | にわか鉄ちゃん

2012年05月05日

にわか鉄ちゃん


 SL-u.jpg
撮影地へ向かう途中、喜多方市内の、とある場所に黒山の人だかりが。何かと思い、そばにいた少年に訊ねたところ「蒸気機関車が来るんだよ」とのこと。そうこうしている間に遠くから煙が向かってくるのが見えた。あわててニコンに望遠ズームを付け、ルーフキャリアに飛び乗る。そこへだぁ〜っと来た。そしてあっという間に過ぎ去ってしまった。
SLって、けっこう速いのね。押せたシャッターは4コマだった。慣れない手持ちで、構図もイマイチ。にわか鉄ちゃんとしてはぎりぎり及第点?
posted by 生出 at 21:12 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん