2013年10月01日

油揚げ

 
 
abura-age-u.jpg

先日、知り合いからいただいた油揚げである。タダでもらったが、ただの油揚げではない。あの新潟は栃尾の「ジャンボ油揚げ」である。長さ20センチ、幅6センチ、厚さ3センチというから並ではない。揚げたてをいただくのがいちばんだろうが、知人から「レンジで温めてから、両面をフライパンで焼くといい」ということなので、そのとおりやってみた。

包丁を入れるとサクサクと気持ちのいい音がする。刻みネギと鰹節をのせ、醤油をさっとかければ出来上がり。思ったほど脂っこくはない。一気にいただいてしまった。一晩でこれほどの量の油揚げを口にしたのは、もちろんはじめてのこと。酒のツマミにと思っていたのだが、飲む前に一気に平らげてしまった。正直、おかわりが欲しいと思った次第です。

あまり美味しそうに撮れていないので、申し訳ないです。
posted by 生出 at 21:11 | Comment(0) | 男の料理

2013年09月05日

煮込みカツ

 
 nikomi-katsu-u.jpg

今夜は無性に煮込みカツが食べたかった。近くのスーパーからカツを一枚買ってきてさっそく作ることにした。小さめのフライパンにあらかじめ麺つゆ(水3:麺つゆ2くらい+砂糖適量)を用意し、沸騰したら刻んだタマネギ(適量)を入れる。火が通ったらカツを入れ溶き卵(一個)をだぁ〜っと流し込む。蓋をしてだんだんいいかな、と思ったら火を止める。味はまずまず。適当が功を奏したようで・・・。
posted by 生出 at 22:26 | Comment(0) | 男の料理

2013年08月05日

サラダ麺

 
 salad-u.jpg

暑いとどうしてもご飯ものは敬遠してしまう。そんなわけで今宵も麺類になってしまった。今回は日清食品の「サラダ麺」を使ってみた。この手のものは、添付品のスープの味で好き嫌いがはっきりしてしまう。肝心のスープは「青じその風味とカツオ出汁の旨味がきいた、さっぱりとした和風醤油ドレッシング」とパッケージに書いてあった。サラダは便利なパックサラダを使う。キャベツ、レタス、ニンジン、パプリカ。薄焼きタマゴは自作。あとトマトを切って、シラスボシを乗せてみた。スープとシラスボシはあわない。口の中で若干だが生臭さが残ってしまった。次回は使わないようにしよう。それ以外はとくに問題はなし。美味しかったですよ。今晩のお手軽メニューでした。それじゃ〜また(笑)
posted by 生出 at 21:34 | Comment(0) | 男の料理

2013年07月31日

ゴーヤチャンプル

 
 gohya-u.jpg
7月は今日で終わり。明日からは8月。今夏も暑い日が続くであろう。夏バテしないためにもスタミナをつけておかなければならない。というわけで今晩はゴーヤチャンプルを作ってみた。
作り方は、ネット上にそれこそいろんな情報があるので、そちらを参照あれ。豚バラ、ゴーヤ、木綿豆腐、生卵、鰹節、調味料(麺つゆ、ミリン、砂糖)が具材。ちなみに切ったゴーヤは冷凍保存が利くと聞いたので、やってみることにした。皆さんも夏バテには気をつけてください。
posted by 生出 at 21:53 | Comment(0) | 男の料理

2013年07月30日

素麵


 soumen-u.jpg

ひさしぶりに素麵を茹でてみた。ただ麺つゆに、つけて食べるのでは芸がないので、ちょっとそれらしく盛ってみた。なんだか冷やし中華に似ているな、と一人つぶやきながら食したのであった。ちなみに麺つゆにはショウガをたっぷりと入れた。刻み海苔の無かったのが悔やまれるところ。今日のお手軽メニューでした。
posted by 生出 at 22:18 | Comment(0) | 男の料理

2013年07月11日

冷やしカレーうどん

 
 hiyashicurry-u.jpg

なんという暑さなのだろう。この暑さで食欲は・・・あまり変わらないものの、食事を作る意欲はいつもの10分の1くらいになっている。というわけでハウス食品の「冷やしカレーうどんの素」(レトルト)とレタスのサラダ、ゲソ天を買ってきたのであった。自分でしたのはうどんを茹でたこと、トマトと、ブロッコリーの芽を切ったこと・・・それだけであった。これでは料理をしたとは云えない。
さて、肝心の冷やしカレーうどんの味は、普通でしたよ。ふ・つ・う。
posted by 生出 at 22:20 | Comment(0) | 男の料理

2013年07月02日

ジャガ豚の甘辛てり煮

 
 jagabuta-u.jpg

今日7月2日は1年のちょうど真ん中の日なのだそうだ。今朝NHKのラジオ番組で聞きました。残り後半を乗り切るため、ちょっとスタミナを付けよう・・・そう思って作ったのが「ジャガ豚の甘辛てり煮」であった。
ジャガイモを適当な大きさに切り、ラップでくるんで電子レンジでチン。500wでだいたい7〜8分くらい。串がすぅ〜っと通るのを確認する。フライパンに油を引き、豚バラ肉を炒める。火が通ったらジャガイモと主夫の味方、合わせ調味料と水カップ1/2を入れ、2分ほど煮込む。はい、これで出来上がり。仕上げにブロッコリーの芽をトッピングする。そのほか、キュウリモミと大根、人参サラダを付けましたぁ〜。それにしても合わせ調味料は楽ちんでいいなぁ〜。
posted by 生出 at 22:38 | Comment(0) | 男の料理

2013年05月28日

いり豆腐

 
 iridoufu-u.jpg

用意するもの。豆腐一丁、椎茸一個、豚ひき肉、ニンジン、キヌサヤは適量。調味料は麺つゆ、ミリン、砂糖。豆腐はあらかじめ水切りをしておく。まずニンジン、ひき肉、椎茸の純に炒める。豆腐を入れ調味料を一気に入れる。水分を飛ばし、最後にキヌサヤをだぁ〜っと入れ火が通ったら出来上がり。温かいご飯と一緒にお召し上がりください。
posted by 生出 at 22:07 | Comment(0) | 男の料理

2013年04月25日

冷やし中華始めました。


 chilled-summer-noodles-u.jpg

というわけで冷やし中華を始めました(笑) 今シーズンのお初である。いただきもののアスパラもこれでおしまい。美味しくいただきました。ブログを振り返ると、昨年4月4日に冷やし中華を食べていた。さて今シーズンはどのくらい口にすることになるだろうか?一日飛ばして、明後日にはふたたび作る予定です。お裾分け出来ないのが、とても残念です(笑)

posted by 生出 at 23:01 | Comment(0) | 男の料理

2013年04月21日

ラーメン

 
 rao-u.jpg

ラーメンは好きであるが、自分では作らない。でもたまたまいただいたものがあったので作ってみた。それもインスタントのラーメンである。しかしとても美味しかった。驚きの美味さだった。製品名は日新「ラ王」。袋に書いてあるコピーはダテではなかった。「まるで生麺」。看板に偽りなしである。トッピングは桃屋のメンマ、焼豚、ホウレンソウ、舞茸、ネギである。さらに味を引き立ててくれた。う〜ん、癖になるかも。
posted by 生出 at 21:45 | Comment(0) | 男の料理

2013年04月15日

鶏肉のガーリックバター醤油炒め


 garibata-u.jpg

鶏肉があった。あと長ネギとブナシメジも。で、鶏肉のガーリックバター醤油炒めを作ったのだった。下ごしらえとして鶏肉に片栗粉をまぶしておく。よく熱したフライパンに大さじ一杯の油を入れ鶏肉を炒める。火が通ったら、長ネギ、ブナシメジを加えてしんなりするまで炒める。そして・・・必殺「味の素・CookDo」の合わせ調味料を加え、炒め合わせて出来上がり。この手の調味料は入れ過ぎると塩っぱくなるので、全量は使わない方がいいみたい。味付けは「味の素」任せなので、なんだか自分で作った感じはしなかった。味は、まずまずでしたよ。
posted by 生出 at 21:33 | Comment(4) | 男の料理

2013年03月05日

炒飯


 fried rice-u.jpg

冷や飯があったので炒飯を作ってみた。またまた自画自賛であるが、これまででいちばん美味しく作ることが出来た。どうもご飯がべちゃべちゃになってしまうのだが、今回はバラッと仕上がった。冷や飯をレンジで温め、そこへ溶き卵を入れる。タマゴかけご飯の要領で、よく混ぜる。これが今回の勝因だと思っている。
よく熱したフライパンにご飯を入れ炒める。具材(チャーシュー、長ネギ、ミックスベジタブル、舞茸)もほぼ同時に入れる。火が通ったら、炒飯の素(味の素)とコショウで味を整える。しばらく炒飯が続くかもしれないな。
posted by 生出 at 22:21 | Comment(2) | 男の料理

2013年02月10日

「豚バラ舞茸」丼

 
 maitake-butabara-don-u.jpg

自画自賛になってしまうが、久しぶりに美味しいなぁ〜と感じられるものが作れた。「豚バラ・舞茸」丼である。
長ネギに焦げ目が付くように焼く。焼けたら別な皿に置いておく。少量の大根おろしも用意しておく。フライパンに油を適量入れて、舞茸と豚バラを炒める。味付けは麺つゆと砂糖、ミリン。火が通る頃、長ネギもフライパンへ入れる。ご飯をもった丼に、だぁ〜っと移す。適量の胡麻をかけ、大根おろしをトッピングすれば出来上がり。
この日のみそ汁は、ほうれん草と豆腐。あと野菜サラダをつけた。
posted by 生出 at 21:44 | Comment(2) | 男の料理

2013年01月25日

きんぴらごぼう

 
 kinpira.jpg

きんぴらごぼうを作った。けっこう美味しかった。胡麻を忘れてしまったのは、ちょっと残念だった。この味を毎回安定して出せるかどうかである。鶏肉は予め麺つゆに付けておいた方が良かったかもしれない。みそ汁は白菜と豆腐、シラスオロシ、あと野菜天がふたつ。全体的に塩分がやや多かったか・・・。
posted by 生出 at 22:24 | Comment(2) | 男の料理

2012年12月20日

鍋焼きうどん

 
 nabeyaki-udon.jpg

IH用の小さなナベを買った。で、さっそく鍋焼きうどんを作ってみた。なかなか美味しかった。うどんから始まり焼きうどん、そして今宵の鍋焼きうどんで、ホップステップジャンプ!無事着地かな?
posted by 生出 at 22:31 | Comment(2) | 男の料理

2012年12月17日

焼きうどん

 
 yaki-udon.jpg

一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ・・・はご存知、宮沢賢治の「雨にも負けず・・・」の一節。いまはスーパーに行けば欲しい食材は、ほぼ何でも手に入る。惣菜も充実しているから、少量を作るのなら、買ってしまった方が時間的も経済的にも節約が出来るというものだ。ついつい脂っこいものに手が伸びてしまいがちだ。挙げ句の果てにカロリー過多で生活習慣病を引き起こしてしまう。わかっちゃいるけど〜やめられない〜と、昭和の名曲が流れるのである。
さて、今晩は焼きうどんである。野菜は多め、そして副菜としてサラダ(左)、なめこおろしを添えてみた。こんなもんでどうでしょう?ややカロリーが多かったか・・・。
posted by 生出 at 22:21 | Comment(2) | 男の料理

2012年12月04日

うどん

 
 udon.jpg

今宵は冷えている。外は雪。このまま降り続ければ明朝はかなりの積雪量になりそうだ。身も心も冷えきった時はうどんに限る。豚バラ、タマゴ、白菜、エノキ、ブナシメジ、長ネギ、青菜を入れ、ナベの中でグツグツ煮込めばすぐに完成。ナベから丼に移すのが、ちょっとめんどう。鍋焼きうどんを作るには、やっぱりそれ用のナベを用意すべきだろう。
熱々をすぐに食べたかったので、撮影はいい加減。ピントも合っていない。撮り気より食い気が勝っていたのだから致し方ない。なんかすっかり冷めた感じに写ってしまったが、これでかなり熱かったのである。言い訳にしか聞こえないかな(笑)
posted by 生出 at 22:16 | Comment(0) | 男の料理

2012年11月19日

クリームシチュー

 
 cream stew.jpg

今日はとりわけ寒い一日だった。テレビのコマーシャルに影響された訳ではないが、今宵はクリームシチューを作ってみた。食材は鶏肉、ジャガイモ、人参、タマネギ、ブロッコリ、ブナシメジ、ちょっとくたびれた白菜少々、牛乳。ルーはグリコの「クレアおばさんのシチュー」を使った。作り方は箱に書いてあるとおり。シチューもカレーもある程度の量・・・4〜5人分・・・を作るのであるが、結局しばらくシチューが続くことになる。3度目くらいになると、もうシチューは、いいかなと思ってしまう。だんだん水っぽくなるのは、白菜とタマネギから水が出るからだろうか?
それにしてもシズル感のまったくない写真である(笑)
posted by 生出 at 23:10 | Comment(0) | 男の料理

2012年10月31日

お好み焼き

 
 okonomiyaki.jpg

毎度、頭を悩ませるもの・・・。それは何を作るか、である。出来るだけワンパターンにならないように気をつけているものの、365日、毎日、毎食とまではいかないまでも出来るだけ自作しようと腐心している。たまたま冷蔵庫に、もらったキャベツがあってどうしようか、そんな話を知り合いの方としていたら、お好み焼きでも作ったらと勧められた。実は、これまで幾度か作ったことはあったのだが、どうもふっくらと焼けない。その方から「火は弱めにして、蓋をして焼いてごらん」とアドバイスをいただいた。その通りやったら、これまでにないくらいふっくらと膨らんだ。

あまりにも嬉しくなって、2枚も焼いたものだから、お腹もパンパンに膨らんだ、というのが今回の落ちでした。
posted by 生出 at 22:32 | Comment(2) | 男の料理

2012年10月07日

秋の味覚

  
 maitake-gohan.jpg

ようやく秋らしい日が続くようになってきた。うんざりするような残暑が続き、早く涼しくなってほしいと念じていたのだが、ようやくその声が天に届き、山は少しずつだが秋の様相を呈してきた。下山し今晩は舞茸ご飯と豚汁を作った。秋は、ほんとうに食べ物が美味しいねぇ〜。舞茸は「雪国舞茸」だが、味に深みと香りを増してくれるというものだ。少し食べ過ぎたので、明日も山に入り、汗を流してこよう。
posted by 生出 at 21:31 | Comment(0) | 男の料理