2016年04月28日

ソースカツ丼


 a-source-pork-cutlet-bowl.jpg

カツを自分で揚げることはない。いつも惣菜売り場からの調達である。一枚のカツのために手間ひまはなかなかかけられない。サラダはパックサラダで、トマトを切って乗せただけである。納豆はパッケージから器へ移し、自分で刻んだネギをパラパラ。みそ汁はホウレンソウと豆腐。これも自前である。千切りキャベツも自分で刻んだのだが・・・言い訳ではないが・・・いつもよりヘタクソだった。短いキシメンのようになってしまった。包丁がだいぶナマクラになっている。カツにかけたソースはブルドックのとんかつソースである。手間もヒマもあまりかかっていない夕食である。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 男の料理

2016年04月26日

焼き肉定食


 The-roast-meat-set-menu.jpg

これまであったようでなかったのが「焼き肉定食」である。肉を使う頻度はそれなりにあるものの、実は焼き肉ってあまりやっていなかった。メニューを考えるのが面倒で、尚且つちょっとお腹が空いているなぁ〜というタイミングで作るのがいいみたい。豚バラとタマネギを炒め、火が通ったら焼き肉のタレをかければ出来上がり。

アツアツの焼き肉をいただくには、事前にサラダ、みそ汁などは用意しておくのがいいでしょう。
posted by 生出 at 07:56 | Comment(0) | 男の料理

2016年03月30日

CoCO壱番屋監修「カレー焼きそば」


 curry-yakisoba.jpg

あのCoCo壱番屋が監修した「カレー焼きそば」である。これまで青木食品、マルちゃんのカレー焼きそばを食してみた。麺の量とモチモチ感、そして肝心のカレーの風味と味・・・トータル的に僕好みであった。具材は豚バラ、キャベツ、人参、タマネギを使った。彩りを考えるとピーマンを加えてもよかったかなぁ〜。
posted by 生出 at 07:45 | Comment(0) | 男の料理

2016年03月23日

冷やし中華、はじめました。


 hiyashi.jpg

今期、お初の冷やし中華である。行きつけのスーパーにようやく陳列されているのを発見。首を長くして待っていたのであった。昨年3月24日にアップしたものと比べると、プチトマトで2個分、焼豚で1枚少なくなっているが、これはとくに理由はない(笑) クールポコからの突っ込みもないだろう。それにしてもクールポコのブログは2013年3月4日以来、更新されていないのが気になるところではある。

そうそう話は冷やし中華になるが、これはマルちゃんの「冷やし生ラーメン」という商品で、なぜか「冷やし中華」ではない。公式サイトでは「冷やし中華」のカテゴリーに入っているんだけどね。麺はもう少し太く、そしてスープの量も増やしてくれると嬉しいかな。
posted by 生出 at 07:47 | Comment(0) | 男の料理

2016年02月29日

ワンタンと・・・


 wantan.jpg

ワンタンの大売り出しをしていた。マルちゃんの肉ワンタンである。どんなものかとりあえず買ってみた。結果として期待は裏切らなかった。作り方はいたって簡単。沸騰したお湯にワンタンとスープを入れて2分ほど茹でれば出来上がり。やや多めのネギがポイントである。

実は今回の主役・・・というか思い入れが強かったのがマッシュポテトである。通常は惣菜売り場からの調達で済ますのだけど、たまたまジャガイモがあったので、今回は自分で作ったのであった。これもたまたまなのだけど、キューピーのサイトを見ていたらレシピが載っていて、簡単そうだったのでチャレンジしてみた。

 potato-salad.jpg

使ったジャガイモは自分のこぶし大と、その半分の大きさの2個であったが、結構な量になってしまった。作って気がついたのはマヨネーズと塩ってけっこう使うんだなぁ〜ということ。そして割と制作時間もかかる・・・。兼ねてより惣菜売り場のサラダ類はお高いと感じていたのだが、手間ひまかかるのでいたしかたないのかなぁ〜と思った。自分で作ったからこそ初めて気がついたことであった。

さて肝心のお味の方はというと・・・繰り返し味見をしていたら舌が麻痺してしまい何だかよく判らなくなってしまった。そして味見の段階で、すでにお腹が満たされてしまい、全てが出来上がった時点で食欲はほとんどなかったのであった。未熟な主夫として、今後にこの教訓を生かすことができるのかどうか・・・。
posted by 生出 at 07:35 | Comment(3) | 男の料理

2016年02月23日

鉄火丼


 tekka-don.jpg

毎度お馴染み、半値になったマグロの刺身をゲット。200円ちょっとである。普通に食べるのも芸がないので、鉄火丼を作ってみた。なんてことはない、丼飯にただ刺身を乗せただけのことである。食べはじめる段になって、マグロを醤油に漬け込んでおいてもよかったなと思ったのであった。創意工夫のない夕飯であった。
posted by 生出 at 07:41 | Comment(2) | 男の料理

2016年02月05日

海鮮丼


 Seafood-on-rice.jpg

節分の日、スーパーの寿司コーナーには、これでもかっ!と恵方巻きが並べられていた。それにしても恵方巻はお高い・・・。軒並み2000円超えである。多くの買い物客が集まっていた寿司コーナーだったが、実際買い物かごに入れる人は少なかったように見受けられた。夜7時を過ぎれば、生ものはたいていプライスダウンするのだが、恵方撒きにはそれがあてはまらなかったようだ。「値段が下がるのを待っている」と女性客同士の会話が聞こえてきた。さて値段はその後どうなったのか?

昨夜、寿司コーナーに恵方巻はひとつもなかった。まぁ〜僕が訪れた時間が遅かったので、なんとも云えないが縁起物の恵方巻は期日が過ぎれば廃棄されてしまったのかもしれない。もしそうであったのなら、もったいない話である。

で、昨夜は海鮮丼であった。半値(200円)になった海鮮丼用刺身を買い、いちおう酢飯にしたご飯に盛っていただいた。僕にはこれで十分である(笑)
posted by 生出 at 07:47 | Comment(4) | 男の料理

2016年02月02日

ある晩のメニュー


 The-menu-of-some-evenings.jpg

時間のない夜であった。時計を見ると7時25分。8時からは見たいテレビ番組があった。まず朝食で使った食器を洗い、それから夕飯の準備が始まる。7時半丁度、米を研ぎ炊飯器のスイッチは早炊きを選ぶ。みそ汁用の鍋に火(IHなので火は使っていないけどね)をつける。みそ汁用具材・・・キャベツ・モヤシ・豆腐、炒め物用具材・・・ホウレンソウ、ベーコンをそれぞれ切る。小さめのボウルには溶き卵を用意。味付けは砂糖と少量の醤油。キンピラは水に浸しておく。

鍋にキャベツ・モヤシを入れる。その間、サラダを用意する。まずは一品。みそ汁の具材にに火が通ったらダシの素、味噌を投入。二品目、みそ汁の完成。間髪入れずフライパンを温め胡麻油をひく。ささっと水を切ったキンピラをフライパンへ。しんなりしてきたら醤油、ミリン、砂糖適量で味付け。鷹の爪も忘れずに。器に盛ったらゴマをパラパラ。これで三品。

時計を見ると7時45分。

卵焼き用のフライパンはすでに熱してある。どどどっと卵を流し込む。卵の様子を見ながらリンゴをむく。くるくると卵を巻き上げ、ささっと切って、これで四、五品完成。7時54分。

キンピラを作ったフライパンを手早く洗い温める。油をひいてホウレンソウを炒める。しんなりしてきたらベーコンを入れ、醤油で味を付ける。ホウレンソウは火が通りやすいので助かる。午後8時1分、六品目の完成であった。

ほぼ同時に炊飯の終わった合図がぴーぴーと鳴り響く。完成したものを急いでテーブルへ運ぶ。「いただきま〜す」を云ったのは8時5分であった。ちょっとオーバーしたが、まぁ〜許容範囲であろう。
posted by 生出 at 07:48 | Comment(2) | 男の料理

2016年01月29日

五目チャーハン


 The-five-piece-fried-rice.jpg

王将の「炒飯の素」は幾度となく使っていた。しかし何かが足りない・・・と感じはじめていた。そう、具材である。添付している乾燥した具材だけでは見た目にもさびしい・・・。今回、卵、ネギのほかにハム、メンマ、ホウレンソウ、カニカマを加えて作ったのがこちらの五目(実際は六目だった・・・)チャーハンである。

昨年7月16日に掲載したものと比べると見た目の差は一目瞭然である。味に極端な差はないものの、それぞれの具材の味が絡まって、思わずおかわりがしたくなった。ちょっと難点だったのが、ご飯が柔らかかったこと、そして盛りつけの際、形が崩れてしまったこと・・・その二点であった。
posted by 生出 at 07:40 | Comment(0) | 男の料理

2016年01月13日

肉そば


 Pork-rib-soba.jpg

冷凍庫を見てみるとカトキチの蕎麦が残っていた。豚肉も長ネギもあったので「肉そば」を作ってみた。ほんとうは炭火で焼きたかった長ネギであるが多くは望むまい。フライパンで焦げ目を付けて、なんとなくそんな雰囲気を出してみた。豚肉は胡麻油で焼いたのだが食べる段になって、あまり意味はなかったようだ。
posted by 生出 at 07:39 | Comment(2) | 男の料理

2016年01月07日

和風ペペロンチーノ


 Japanese-pasta.jpg

今日はなんか気分が乗らず、食事の用意はしたくないなぁ〜なんて思うことは誰にでもあること。僕は昨夜がそうであった。惣菜売り場を見てみると、ほとんどが売り切れ。さて困ったどうしようというときに目に飛び込んできたのがオーマイの「和パスタ好きのための しょうが」だった。

ものは試しと買ってみた。茹でたパスタに添付のソースを絡めるだけのお手軽さ。野沢菜とゴマも添付していたが、それだけではさみしいので、海苔もパラパラしておいた。

あとはワカメとメカブスープ、冷や奴、サラダを付けて、はい出来上がり。パスタが茹であがってから、10分くらいで準備完了。ちょろいもんである(笑)
posted by 生出 at 07:54 | Comment(2) | 男の料理

2015年12月31日

年越しそば


 Buckwheat-noodles-eaten-on-New-Year's-Eve.jpg

今年も残すところ2時間を切ったいま、紅白歌合戦ではゴールデンボンバーが「女々しくて」を唄っている。4年連続で同じ曲で出演するのははじめてなのだとか。まぁ〜それはそれとして、お約束の年越しそばである。奮発して海老天を二つのせた。蕎麦はカトキチの冷凍物ではあったが、なかなかいけていた。冷凍ものだが、あなどれません。

さて、この一年という時間、皆さんにとってはいかがだったでしょうか?来年は誰もが良い年だったと云えるようになれば・・・それだけを祈るのみです。よい年をお迎えください。
posted by 生出 at 22:17 | Comment(0) | 男の料理

2015年12月14日

白菜、豚バラ、エノキの卵とじ


 tamago-toji.jpg

油断すると冷蔵庫の中で、野菜がくたぁ〜っとなっている。とくに白菜やキャベツはそうなる確率が高い。黒ずんできた切り口を見るとがっかりしてしまう。つい最近は大根が犠牲になった。ほとんどタクアン状態になって棚の奥から出てきた。

犠牲は少ない方がいいに決まっている。白菜を救出すべく卵とじを作ることにした。これだと使う量が多いので無駄が出なくていい。エノキダケ、豚バラにも付き合ってもらった。やや多めに作ったので、翌朝もいただいた次第である。
posted by 生出 at 08:20 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月27日

すいとん


 suiton.jpg

シマダヤのすいとんを食べてみた。もちもちでなかなかいけていた。二日続けて鍋にするのも芸がないので、スーパーの中を徘徊していて目に留まったのが「すいとん」だったわけ。これなら鍋の具材も無駄にならないで済む。ちなみに麺つゆは桃屋を使っている。徘徊の途中で300円のカキフライが100円になっていたので、これもついでに買っておいた。実に主夫泣かせの価格である。
posted by 生出 at 08:16 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月26日


 nabe.jpg

昨日は気温がグッと下がり、福島市内で初雪が観測された。土湯峠は本格的な雪道となり除雪車が出動していた。スリップ事故も多発。皆様も雪道にはお気をつけ下さい。

さてそんな夜は、やはり鍋でしょう。鶏肉、長ネギ、白菜、エノキ、ホウレンソウ、豆腐を鍋に投入すれば出来上がり。ポン酢にはゴマをたっぷり。美味でした。
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月20日

味噌ラーメン


 The-ramen-in-soybean-paste-based-soup.jpg

餃子の次はラーメンである。マルちゃんの「北の味わい ガラ炊き味噌ラーメン」である。トッピングはモヤシとニラの炒め物、キザミネギ、メンマ(桃屋)、チャーシューである。スープが塩っぱかったのは、私が入れるお湯の分量を少なめにしたためであった。メンマとチャーシューは既製品であるが、それぞれの味はおいしいものの、トータル的な味のバランスはいまひとつだった。それぞれが個性を主張しすぎていたためである。むしろキザミネギだけでもいいかもしれない。難しいところである。

それにしても袋の写真のようには、なかなか仕上がりませんなぁ〜。
posted by 生出 at 07:44 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月19日

餃子定食


 The-set-menu-of-Chinese-meat-dumplings.jpg

シュウマイと来れば、次は餃子である。で、餃子定食を作ったのであった。一見してコゲの塊に見えるが、これでも上手く焼けたのである。焼く際に餃子をやや離したところ、ハネの部分がくっついてしまい皿に盛ったら、こんな感じになってしまったのである。フライ返しで剥がす時、カパっとはがれた瞬間はたまらなく気持ちがよかった(笑) キズが癒えカサブタが抵抗なくとれる、そうあの感覚に近かった。
posted by 生出 at 07:47 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月17日

シュウマイ定食


 _The-steamed-meat-dumpling-set-menu.jpg

週のうち2度、3度とスーパーで買い物をする。あふれんばかりの食品、食材を目にし「これは日本が平和だから」なんだろうと感じる今日この頃である。ふと震災直後の様子が頭をよぎる。商品の置かれていない棚が圧倒的に多く、流通が滞るとたった数日で食料はなくなるという現実に愕然としたものだった。

さてシュウマイは久しぶりである。期限切れ間近で、このままだときっと破棄されるのだろう。同情心が芽生えてしまって買ったのであった。あと・・・納豆も同様である。

どれもこれも美味しくいただきました。ごちそうさま。合掌。
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | 男の料理

2015年11月13日

カニ玉


 kani-tama.jpg

カニ玉を作った。失敗した。形が悪い。まぁ〜るく焼くつもりがご覧のとおり。卵料理の難しさをあらためて実感する。味はおいしかった。なぜなら永谷園の「カニ玉」の素を使ったからだ。リンク先の袋の写真とは大違いである。最近、創意工夫が足りないと反省している(笑)
posted by 生出 at 08:24 | Comment(2) | 男の料理

2015年11月07日

舞茸ご飯とヒレカツ


 maitake-gohan.jpg

先月炊飯器が壊れてしまい、替わりに新調したのがTigerのIH炊飯器・炊きたてミニ 剛火土鍋コーティングだ。すでに幾度か炊いてみたが、やはり新しいものはいい。いただいた新米があったので舞茸ご飯を炊いてみた。

スーパーではヒレカツが半値だったので、思わず手が伸びてしまった。秋の夜は何でも美味しくいただける。

 hirekatsu.jpg
posted by 生出 at 21:15 | Comment(2) | 男の料理