2018年07月24日

モヤシ、ニラ、椎茸、豚バラ・・・


 _0233997.jpg

昨日から学校は夏休みに入ったようだ。朝6時半になると近所の子供たちがラジオ体操のために、眠たい目をこすりながら広場に集まってくる。きっと親に、とくに母親から「早く行きなさい!」と強い口調で云われ、嫌々参加しているのだろう。と、勝手に想像したのであった。

朝から気温が30度近いなんて、正に異常である。気象庁の職員が云っていた。「この暑さは災害です」と。そんな中、無理してラジオ体操に行かなくてもいいよ、と僕は子供たちに届かない声を送った。

さすがに飯を作るのがいやになる。日頃、怠惰な自分なので、ここは自分にムチを打って作ったのが、簡単な炒め物である。モヤシにニラ、椎茸、そして豚バラが具材。味付けはキッコーマンの焼き肉のタレ。サラダ、味噌汁(アオサと豆腐)をちゃっちゃと作り、シラスボシ、モズク酢、キュウリの漬け物を添える。いちおう海のもの、山のものを揃えたつもり。

米は研いだけど、炊かなかった。タイマーをセットして翌朝、炊きたてをいただくことにした。
posted by 生出 at 12:48 | Comment(0) | 男の料理

2018年07月20日

土用の丑の日


 _0203973.jpg

天気予報は「命に関わる危険な暑さに注意!」と連日警告を発している。辛いことだが、命を落とされた方々のニュースが毎日流れている。この先いつまで酷暑は続くのだろう。気候も極端、そして政治の体制も極端、何もかもがどちらか一方の極へ傾いている。中庸という立ち位置が無くなったとき、この世はどうなるのだろう。

そんなことを考えながらもスーパーへお買い物。今日は土用の丑の日。特設売り場が三箇所も設けられていて、午後7時過ぎには二箇所の売り場がすでに完売。残る売り場で辛うじて手に入れたうなぎである。これで1780円。通常の3倍ほどの値段。

暑さは当分続くようだ。うなぎを食べたからとて夏を乗り越えられる保証はない。何だかんだ言いつつも、ちゃっかり時流に乗っている自分がいる。日頃、流されるのは好きじゃない、などとうそぶいている自分の薄っぺらさがよく見えた瞬間である。購入したのは中国産の養殖うなぎであるからして、これぞ略して「ちゅうよう」?ちと苦しかった。
posted by 生出 at 23:10 | Comment(0) | 男の料理

2018年06月19日

冷やしうどん


 IMG_16072.jpg

もう40年ほど前の話になるが、東京は中野坂上に美味しいうどん屋さんがあった。屋号も場所も忘れてしまったが、そこの冷やしタヌキうどんが絶品だった。腰は強いが、けっして硬くない。しなやかで無理なく喉を通る。うどんとツユは云うに及ばず、天かすとの相性もばっちり。丼のフチにやや多めに添えられたワサビも味を引き締めてくれた。

さて、これは普通にスーパーに売っている冷やしうどんである。腰はもう少しあってもよかったかな。それからツユの量が少なすぎる。まぁ〜自分で麺つゆを足してもよかったのだろうけどね。天かすは麺コーナーに置いてあるもの。袋を開ける際、勢い余って周囲にばらまいてしまった。次回は要注意。その焦りが温泉卵に伝わってしまったのだろう・・・見事に割れてしまった。
posted by 生出 at 12:39 | Comment(0) | 男の料理

2018年06月14日

タマネギ焼き


 IMG_1585.jpg

こんなものを見つけた。どんなものかと試しにやってみた。500Wで5分加熱をしたが生の部分も残ってしまった。いちどに三個も食べられない。買った日は一個半を鰹節と醤油でいただく。生の部分は・・・辛い。

あまったタマネギをどうするか・・・。

知り合いから教えていただいたのがタマネギ焼きである。適当に切ったタマネギをお好み焼きを作る要領で小麦粉とまぜまぜして、フライパンで焼くだけのシンプル料理。

 IMG_1605.jpg

形は悪いが美味しかった。これはクセになりそう。今回はソース味だったが、もちろん醤油味でもいけると思う。
posted by 生出 at 08:18 | Comment(0) | 男の料理

2018年05月28日

サラダ風の・・・


 _0233191.jpg

サラダ風の◯◯◯◯を作りました。さて◯に入る文字は何でしょう・・・。具材を見ればなんとなく想像はできるでしょう。話は変わるが、使っているマヨネーズは、最近お気に入りの一品で、コレステロール下げる効果のあるキューピー・ピュアセレクト「サラリア」である。「日本人間ドック検診協会」の推奨商品なのである。最近、サラダはドレッシングではなく、こればかり使っている。

さて、◯に入る文字は・・・冷し中華である。ひねりも何にもない、つまらない落ちで失礼・・・。
posted by 生出 at 08:27 | Comment(2) | 男の料理

2018年04月05日

塩だれ味の焼きそば


 _0041792.jpg

マルちゃん「焼きそば 極み太麺 旨コク塩だれ味」である。これは美味い!一口食べてから一気にたいらげてしまった。実はソース焼きそば系に、いささか飽きてしまって、さてどうしたものかと陳列棚を物色したところ、たまたま手にしたのが、これだったのだ。東洋水産のサイトを見てみると、この2月に発売が開始されたばかりで、ただいまQUOカードプレゼントキャンペーが行われている。

好みは人それぞれだろうが、僕がイチオシする焼きそばなのである。
posted by 生出 at 08:38 | Comment(0) | 男の料理

2018年03月20日

冷やし中華、始めちゃいました


 _0191117.jpg

あれは小学校3年か4年の頃の話である。当時、僕は山梨県都留市に住んでいた。下校時の駄菓子屋はかっこうの社交場で、社会に出たいま、あの頃を振り返ると、駄菓子屋通いは居酒屋でいっぱいやるのと、ほぼ同じなんだなぁ〜と妙に実感しているところである。ハナタレ同級生(もちろん僕もだが)達と、ほぼ日参、皆勤賞ものであった。たわいのない話に終始するのも、いまの居酒屋通いと、これまた似ている・・・。人間関係のあれやこれや・・・時に感情の起伏に翻弄されながらも、駄菓子屋の暖簾?をくぐり続けたのであった。

口にするものと云えば、駄菓子屋だからタカが知れている。チクロの入った飴やジュースなんか平気で食べていたっけ。そんなある日、新製品?とおぼしき商品が目の前に現れた。今で云うところの豆腐のパッケージに入った冷やし中華である。

上部の透明フィルムを剥がすと、一食分の麺が入っている。添付品のスープ、海苔をかければ完成である。いま思うと、あの瞬間が僕の冷やし中華初体験だった。あの酸っぱいスープの味を思い出すといてもたってもいられなくなる。カップ麺などまだ世になかった時代である。僕の冷やし中華好きを決定づけたのが、山梨県都留市の駄菓子屋だったのだ。そしていまだにラーメンよりも冷やし中華の方に触手の伸びる僕なのである。

で、今年は随分と早く冷やし中華を始めてしまった。

posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 男の料理

2018年03月14日

ふるさとの幸


 _0090833.jpg

週末、高校時代の同級生がふるさと(石巻)の幸をたんまりとご馳走してくれた。どれもこれも美味しくいただけた。特に柳ガレイは絶品だった。僕は生魚はあまり買わないのでわからないけれど、会津であの値段ではなかなか手に入らないのでは?値段、忘れたけど(笑)
posted by 生出 at 21:31 | Comment(2) | 男の料理

2018年02月27日

味噌ラーメン


 _0260773.jpg

ここ二週間ばかり多忙を極めていた。スーパーの惣菜に頼る日々が続いていたが、ようやく少し落ち着いて自分で作る時間的な余裕ができた。といっても作ったのは味噌ラーメンである。モヤシ、ニラ、タマネギは塩コショウで炒め、出来上がったラーメンにチャーシューとともにトッピング。実に簡単である。いちおう付け合わせにサラダと納豆を用意した。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 男の料理

2018年02月09日

焼きビーフン


 _0050648.jpg

焼きビーフンを作った。お馴染みシマダヤ製である。実はビーフンを口にするのは人生お初であった。野菜、肉を炒めて添付の特性オイスターソースをかければ出来上がり。まぁ〜味はそれなりであった。

今回のツボは焼きビーフンではなくて・・・。

 _0050631.jpg

こちらである。ついにあのレミパンを手に入れたのであった。これまで使っていたフライパンのコーティングは、かなりくたびれていて、こびり付く食材にいささかストレスを感じていた。レミパンを手にしたことで台所が一気に明るくなった。不思議なものである。

ひとりでテンションが上がっている自分なのであった。さて今度は何を作ろうか?
posted by 生出 at 08:16 | Comment(0) | 男の料理

2018年02月05日


 _0010541.jpg

この冬の冷え込みも温暖化の影響だという。自然のメカニズムは複雑すぎてわからないが、なんとも不思議な話である。寒い夜は鍋である。今回はご覧のようにキノコづくしの鍋にした。エノキ、シメジ、椎茸、長ネギ、ツミレ、小松菜が具材である。いつものようにポン酢で、はふはふしながらいただいたのである。
posted by 生出 at 08:14 | Comment(0) | 男の料理

2017年12月31日

年越し蕎麦


 _0310196.jpg

今年も3時間ほどで終わる。いやはやなんとも・・・。この一年、無事に乗り切ることができたのも、多くの方々の支えがあったからに他ならない。ただただ感謝である。

さて恒例の年越し蕎麦である。あまり遅くに食べると体へ負荷がかかるので(笑)、少し早めにいただいた。昨年が緑のたぬきだったので、今回はちょっと贅沢にエビ天の三本乗せにしたのだった。庶民の足元を見ているのかどうかはわからないが、三本で880円である。しかし!このエビ天、昨夜のうちに、それも値段が半値になっていたので買ったのであった。それでも440円(税別)だ。賞味期限は昨日中ということであったが、冷蔵庫に入れておいたので、全く問題はないだろう。まぁ〜普通のエビ天蕎麦でしたよ。

兎にも角にも来たる2018年は、皆様にとって良い年になりますよう祈念しています。
posted by 生出 at 21:10 | Comment(2) | 男の料理

2017年12月30日

パプリカでいただくクリームチーズ


 _0290169.jpg

昨夜は石巻在住の高校の同級生宅へ、厄介になっていた。そこで出されたのがこれ、クリームチーズをパプリカに詰めてスライスしたもの。パプリカのシャキシャキ感とクリームチーズのハーモニーがたまらない。焼酎の水割り、ワインにも合う。もちろんビールにも。左に写っているのは、同級生が作ったホルモン、ウィンナー、チーズの燻製である。これもまた美味であった。
posted by 生出 at 22:54 | Comment(0) | 男の料理

2017年12月15日

キャベツと鶏モモのフライパン蒸し


 _0130014.jpg

家事をする主夫にとって、もっとも重要なキーワードは「簡単にできる」である。これに勝るものはない。とくに料理に関して最も重要なのが「簡単に・・・」なのである。主夫同士が「あれは簡単に作れておいしいよ」なんて会話をしているものなら、僕の耳はすぐにダンボになるわけである。まぁ〜主夫同士が、そんな会話をすることはめったにはないのだが・・・。

というわけで本日の一品がこちら。キャベツと鶏モモをフライパンで蒸しただけの、超簡単料理である。作り方はこちらを参照されたし。

ちょっと彩りを考えて人参を加えてみた。アレンジというほどのものではない。何を隠そう、しおれかかった人参が冷蔵庫から出てきてから使ったにすぎない(笑) 

出来立てをゴマをたっぷり入れたポン酢でいただいたのであった。
posted by 生出 at 08:50 | Comment(0) | 男の料理

2017年12月04日

肉じゃが


 _0299984.jpg

お袋の味と云われている料理は数あれど「肉じゃが」はベスト10に入る一品だろう。気まぐれで作ってみた。作る量が少ないためか、味に深みがなかった。根本的な味付けが適当なので仕方あるまい。
posted by 生出 at 08:36 | Comment(0) | 男の料理

2017年11月29日

海老天丼


 _0289974.jpg

僕が近くのスーパーに入るのは、95%の割合で午後7時過ぎなのであった。実際に統計を取ったことはないが、なんとなくこのくらいの割合で店に入っているような気がするので、95という数字を使った訳だ。極稀に日中帯に入店してみると、品揃え、価格、客層はかなり異なっている。なので落ち着かない(笑)

なんといっても価格の安さが、この時間帯の一番の魅力である。品揃えに関しては目をつぶるしかない。この日、目にしたのが海老の天ぷらが二尾で256円(税込み277円)であった。年末の価格を思うとタダのようである。それでついつい二パック買ってしまったのである。

そしておもむろに海老天丼を作ったのであった。残念、ちと塩っぱかった・・・。ご飯は少なめにしたが、食後の満腹感はそれなりだった。


posted by 生出 at 12:56 | Comment(4) | 男の料理

2017年11月20日

画家の朝食


 _0189822.jpg

画家蛭田憲一氏が用意してくれた朝食である。まるでキャンバスのようだな、と思ったのであった。あと美味しいコーヒ、トマトジュースが付いてバランスも文句無し。ワンプレートもいいなぁ〜。
posted by 生出 at 12:36 | Comment(2) | 男の料理

2017年11月07日

海老チャーハン


 _0309568.jpg

これまで永谷園、大阪王将などの炒飯の素を幾度となく使ってみた。確かに美味しいのだけど、どうも納得がいかない・・・。今回初めて使ったのが「創味シャンタン」の粉末タイプである。冷凍の海老があったので、これでもかっ!と贅沢すぎるほどの量を使ってみる。写真ではそれほどでもないようだけど、炒飯の中には、お宝のように海老が隠れているのである。

さてお味の方はと云うと・・・う〜ん、僕の腕がイマイチなのは今さら云うまでもないが、納得がいく味ではなかったことを正直に報告しておこう。やっぱりIHでは火力が弱いのだろうか?
posted by 生出 at 12:42 | Comment(4) | 男の料理

2017年10月25日

スープ餃子


 _0239460.jpg

紀文食品の「スープ餃子」を食べてみた。この商品に限らず添付品のソースやスープに頼り切った料理を繰り返していると、やはり創作意欲が退化してしまうんだなと日々反省はしているのである。が、疲れきって帰ってきたときはどうしても安易な方向に走ってしまうのが常なのである。

人参、白菜、長ネギを食べやすい大きさに切って鍋に投入。スープは沸騰する前に入れるよう書いてあったような気がしたが失念。人参、白菜、餃子、長ネギの順に鍋へ。ブナシメジを入れてもよかったかな〜。
posted by 生出 at 12:34 | Comment(0) | 男の料理

2017年10月20日

ホウレンソウとキノコのバター炒め


 _0179419.jpg

また同じようなものを作ってしまった。食材はホウレンソウ、エノキダケ、椎茸、卵、ベーコンである。ホウレンソウの代わりにニラでもいいかもしれない。でもそのときはバターは使わない方がいいかもしれない。ま、好みだけど・・・。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 男の料理