2012年10月19日

iPod classic

 
 iPod-u.jpg

さて、iPod classicである。今更という感じではあるが、手元に置くことになった。容量は160GB。Appleによると4万曲を入れることが可能、ということだ。で、ここ数日間はせっせとCDをこいつに入れることに精を出している。今日現在1600曲が入っている。ちなみに残りは142GBである。

手のひらにスッポリと入るこのサイズの何処にそんなスペースがあるの?なんてことを感じているのは、やっぱりオジさんになった証拠なのだろうね。容量もさることながら、音質もそれなりである。オーディオにうるさい先輩に聴かせたところ「この手のプレーヤーにしてはいいんじゃない」と言っていた。

遡ること30年、当時はソニーのウォークマンが若者の間で大流行だった。鞄に数本のカセットテープを入れ、外でお気に入りの曲を聴くと云う行為は、なかなかにモダン?であった。ネット社会の今、音楽はダウンロードする時代。手に入れたい音楽は、どこでも、いつでもメディアに取り込めてしまう。これが世の進歩と云うものなのだろう。

レトロ感覚が漂う「珈琲舎うつわ」の中で、しみじみiPodを眺めながら、そう思う僕なのであった。
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | その他

2012年10月11日

久保田三十三観音


 kubota-kannon.jpg

柳津町の久保田観音は、僕が会津に居を移して間もない頃に訪れたことがあった。あれから25年・・・か。撮影が早く終わり、時間もあったので久しぶりによってみる。

1800年代の初頭に建立されたという久保田三十三観音。訪れた時間が夕方近かったこともあり、ほかに人は見当たらない。車から降りると、やや急峻な登りとなるが、距離は大したことない。一巡250メートルの行程を33回巡拝することを習いとするが、さすがに僕は1回だけ。ちなみに安産祈願の観音様として信仰されているので、1回だけでもバチはあたるまい。

ニコンに広角とマクロを付けて、一番から順番にパチパチ撮りはじめたのだが、半分くらい行ったところで正直疲れてしまった。撮影しながら、例の磐梯町の捨てられた(?)考える人が「もうそのくらいでよしとけよ」と声をかけたような気がして・・・。
posted by 生出 at 13:01 | Comment(0) | その他

2012年08月23日

夏草や・・・

 
 parents home-u.jpg

繁茂する夏草を目にして、即座に連想するのは、芭蕉が詠った「夏草や 兵どもが 夢の跡」である。何事にも盛りがあり、そして衰えがある。衰える原因は様々あろうが、人の営みの無常さを、容赦なく茂った夏草に覚える今日この頃である。ここにはかつて実家があった。震災で全壊してしまい、いまはこの有様である。自然に生えたヒマワリが、虚しく空を見上げていた。
posted by 生出 at 22:50 | Comment(0) | その他

2012年05月15日

「福島の祈りと言葉」

 
 sakura-u.jpg

あの日から、今日で431日が経過したことになる。復興、復旧と云う言葉は連日のようにマスコミから流れてくる。大きな災害と人災の中で、やりきれない思いを抱いている方々の、なんと多いことか。個人の力で出来ることと、そうでないこと。今回の東電原発事故は、個人の力でどうこう出来るものではない。それだけに個々人の前向きな気持ちを、一気にトーンダウンさせてしまう。なんとも切ない、やり切れない、そんな思いが心の中で渦巻いている。

「福島の祈りと言葉」というフリーペーパーが、震災からちょうど一年後に発行された。ご縁があり写真と文章を掲載させていただいた。ご覧いただければ幸いです。
posted by 生出 at 21:26 | Comment(0) | その他

2012年05月13日

斎藤利幸氏からのメッセージ 〜その2〜

5 どのような利権があろうと、放射性物質の害悪が自分に降りかかってくる、あるいはそう想像できるのであれば、もはや原発に依存しようなどとは思わないだろう。自分だけでなく、自分の子供や親に降りかかるとしたら、やはり原発に依存しない社会に向かうしかないと思うであろう。では、なぜ自分、その子供、親の場合と、それ以外の場合では立場を変えてしまうのか。

 人は自分がどうなるのかという関心を常に持っており、これに従って判断し、行動している。従って、自分が被害者になると想定した場合には、それを避けようとする判断に傾く。そして、自分の子供や親は自分の分身であるから、自分と同じように被害を避けさせようとする判断に傾く。自分と、子供や親は直ちに同視(共感)でき、その苦痛を感じ取ることが出来る。

 原発に依存しない社会を作ろうと思うかどうかは、事故の被害、膨大に生み出される核廃棄物によって苦しむ人々の被害を、あたかも自分の被害として感じ取れるかどうかにかかっている。野田総理や枝野氏、閣僚が、福島県民等今回の事故の被害者そのものの立場に立てれば、原発に依存しない社会しか選択の余地はない。現に、プルサーマルという危険物を受け入れ、福島県民を裏切った左藤雄平知事自身が、「再生可能エネルギーを推進し、原子力に頼らずに、発展し続けていくことができる社会を目指します。」(福島宣言)としているとおりである。

6 即ち、原発に依存する社会を維持するかどうかは、論理(あるいは科学)の問題ではなく、感性(共感性)の問題なのである。それが鋭ければ脱原発しかあり得ないし、鈍いか、欠けていれば、利権その他の魅力に惑わされ、それを温存する方向に傾く。 そして、不幸なことに鋭敏な人と鈍感な人との間の話し合いはほとんど不可能である。野田総理、枝野氏、その他の閣僚も、自分なりの論理を持っていて、それが他人に害悪を及ぼすものだなどとは思っていないはずである。感性の鈍い(欠如した)人間は、自分自身にも騙されやすい。なぜなら、およそ他人の不幸など目に入らない、極めて狭い視野しか持てないからである。
 
7 この共感性の問題は、あらゆる問題の背景となっている。この根本を変えないと、例え原発が無くなっても、同様の問題が必ず発生する。今回の原発事故は、日本社会のあり方、人間社会のあり方そのものの変更を迫っているといえる。「変えよう日本」である。ちなみに、「共感性」とは他人を思いやる「人間性」と置き換えても良い。

    以  上
posted by 生出 at 21:36 | Comment(0) | その他

2012年05月11日

斎藤利幸氏からのメッセージ 〜その1〜

私の敬愛する写真家でもあり弁護士の斎藤利幸氏より、下記メッセージが届いた。ご本人のご許可をいただいたので2回にわけて全文掲載いたします。なお下記記事は福岡の情報誌IBに掲載されたものである。

  原発に依存する社会・しない社会

1 私は、昨年の3・11東電第1原発事故により、故郷の福島県郡山市から、現在の福岡県に難を逃れた。

2 野田首相は昨年12月16日に「発電所の事故そのものは、収束に至ったと判断される」と事故収束宣言をした。?しかし実際は、福島県民にとっては悲惨極まりない原発事故の加害者である佐藤雄平知事(それまでの栄佐久知事が反対していたプルサーマル政策を受け入れてしまい、その半年後に今回の重篤な事故が発生した。事故が起きても県民に正確な情報をださず、深刻な放射能汚染に晒し、国・県の宝である子供の避難さえおこなおうとしない)でさえ「事故は収束していない。多くの県民は不安を感じている」と反論した。

 実際、第1原発4号炉にある使用済み核燃料棒1535本は、水素爆発でぼろぼろになった建屋の2階(地上高30b)のプールに保管されており、これが崩落したり、ひびが入って水が無くなる事態に陥ると、崩壊熱により燃料棒溶融、そして極めて大量の放射性物質がそのまま外界に放出されてしまうという恐るべき事態が生じる。それだけでなく、4号炉のすぐそばには共用のプールがあり6400本の使用済み核燃料がある。この管理も不可能となって想像だにできない事態に陥る。少なくとも北半球は終わりを迎えるといわれている(http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1198.html)。

  また、1・2・3号機については、そもそもメルトダウンした核燃料に全く手をつけることが出来ず、放射性物質も出っ放しである。この様な惨憺たる状態であるにもかかわらず「事故そのものは収束」とは、厚顔無恥も甚だしく、原発事故に対する完全な無知を世界中にさらけ出てしまった。しかし、その後の言動を見ると、無知であることすら気付いていないようで、原発の再稼働に躍起となっている。この期にいたって何を血迷っているのか、福島の犠牲を完全に無視した不遜な言動は、近いうちに手痛いしっぺ返しを受けるであろう。

 問題は、なぜこのように闇雲な原発依存に突っ走しる、その背景は何なのかであり、是非解明しておかなければならない。

3 原発依存社会を維持しようとする理屈はいろいろ言われているが、そんなことは全て表眼的なことであり、単なる衣である。衣の中身が問題なのである。それは原発の本質は何なのかに関わる問題である。

  ここでまた、原発に着せられたいろいろな衣を取り去ってみて、残るものは何か。それは人間のみならず、生命とは相容れない放射性物質を生み出し続ける存在であることである。電気などは化石燃料や、自然エネルギーでも作れるのであるから、原発の専売特許でも何でもない。むしろ発熱の3割しか電気に変換できないのであるから、極めて効率の悪いエネルギーに過ぎない。他にない特性は、極めて危険な放射性物質を生み出し続けることである。しかも、生み出された放射性物質については、その管理方法すら見つかっていないのである。

  今回の事故ではっきりしたように、人間は放射性物質については全くコントロールできない。福島並びに近隣諸県、関東圏までは、放射性物質に蹂躙されるがままである。しかも、一回性のものではなく、今後予測も出来ないような長期に渡って生命を脅かし続ける。環境に放出されなかった放射性物質も、今後10万年単位での管理が必要といわれており、我々の後世代はその後遺症に苦しまなければならない。

4 原発に依存する社会を維持しようとする人々も、原発のこの様な他のエネルギーにはない絶対的なマイナス面を、当然承知しているはずである。また、今回の福島の悲惨な事故を見て、事故における害悪の防止不可能性も分かったはずである。ことに枝野氏は菅政権の中枢にいて、事故対応に追われたのであるから、肌身を持って、放射性物質がいかに始末に負えない反生命物質であるかを知ったはずである。それにもかかわらず原発依存をやめようとしない背景は、一体何なのか。

 Mr-Saito-u.jpg 
 写真は斎藤利幸氏
posted by 生出 at 13:28 | Comment(0) | その他

2012年04月19日

写真ツアーのご案内


 phototour-u.jpg

5月11日(金)〜13日(日)、二泊三日の写真ツアーを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。なお、お問い合わせ、お申し込みはペンション・レラさんまでお願いいたします。
posted by 生出 at 21:58 | Comment(0) | その他

2012年04月15日


 notre dame1-u.jpg

福島市花園町の旧ノートルダム修道院は、昭和10年に建てられた県内でも文化的価値の極めて高い建造物であった。ちょうど6年前、たまたま目にした新聞で修道院内が一般に公開されることを知った。普段であれば、そのままスルーするのだけど、何かが引っかかった。記事を読んだ翌日、僕は機材を担いで、修道院を訪れた。どこの馬の骨とも知れぬ一介の写真撮りが、突然「写真を撮影させてほしい」と無礼千万なお願いをしたにもかかわらず居合わせたシスターは、しばし僕の顔を見つめ「どうぞ」と撮影を快諾してくださった。
 
 notre dame2-u.jpg

修道院の空気は、ひんやりしていた。
撮影を乞うたものの、僕は萎縮してしまい撮影は散々であった。とくに誰かに見られていた訳でもなく、比較的自由に、制約もほとんどなくカメラもセッティングできたのだが、その場の空気にすっかりのまれてしまっていたのだ。撮影の間も数人の方が、神に祈りを捧げていた。どのようなことを祈っていらっしゃるのか知る由もないのだが、僕はその一途で清楚な姿に打ちのめされてしまった。

あれから6年が経ち、この場所は更地になってしまった。東日本大震災で建物は大きな被害を受け、修復には多額な費用がかかるため、取り壊さざるを得ない、ということだった。

最近、取り壊しの経緯をあるマスコミの報道を通じて知ったのだが、それは単に修復に費用がかかるために断念したというものではなかった。

修道院長の言葉が心に響く。「震災後、支援してくださる方から『募金活動をすればお金は工面できる』とも言っていただいたが、これだけ東北全体が痛めつけられたなかで、この建物のためにお金が使われるよりも、その分、多くの被災者の方々に支援が届くことの方が大切。今後は子どもたちの教育のために予算を使おうと決断しました」。
posted by 生出 at 22:16 | Comment(0) | その他

2012年02月29日

自画(写)像


 oide-u.jpg 

 自分を客観的に見ることは、とても難しいし、恥ずかしいことである。
 これまでの自分の所業は、どれをとっても、まともなものはないし、できることなら「燃えるゴミの日」に、まとめて捨ててしまいたいくらいだ。

 たいていの人は録音した自分の声に対して嫌悪感を覚えることだろう。毎日、誰よりもそばで聞いている自分の声。しかし再生された声は、この世の中で、いちばん醜い声にしか聞こえない。声ですらその程度の認識なのだ。
 常に自分の身を傷つかない安全な場所に置こうとし、興味の赴くまま、好奇心を刺激するものだけを単に見続ける毎日。けっして自分を振り返ろうとはしない。自分のことをいちばん知らない、知ろうとしないのは自分自身なのである。
 
 画家は自己の内面を見つめるため自画像を描く。欧羅巴には500年以上、自画像の歴史があるのだとか。自画像を描くことは、自己との対決であり、その厳しい作業に耐えうるだけの精神力も必要だ。自分を見極めたとき、きっと新しい道、表現の切り口が見出せるのだろう。

 と、判ったようなことは、簡単に云えてしまう、このイヤらしさ・・・。自分を客観的に見るなんてことは、そう容易く出来る筈がない。

 さて、自画像ならぬ「自写像」である。飲み会が終わり、ビジネスホテルでの撮影。鏡に映る自分にレンズを向けてみる。なんてコメントしたらいいのか、わからない(笑)
 ひとつだけ、妙に得心のいったことは・・・生きている限り、何かの枠に囚われ続けるのだな、ということ。撮影時、鏡の枠の中にしっかり囚われている。明日になれば生業の枠の中で喘ぎながら過ごすわけだし、いずれ枠から抜け出すことは不可能なのだ。そもそも写真撮影そのものが、枠を意識した行為ではないか。

 話は急に変わってしまうが、過日叔母に会ったところ「最近、お父さんに似てきたね」。明日は父の一周忌であった。父の枠からも抜けることはできない。いや、それはむしろ当たり前のことなのではないか・・・ようやく、そういうことを素直に受け入れられる歳になったということか。
posted by 生出 at 22:07 | Comment(0) | その他