2013年05月27日

宇都宮へ!

 
 miyachu-u.jpg park-u.jpg

先日、宇都宮で中学校の同級生に会ってきた。実に36年ぶりである。日程が決まってから興奮して眠れぬ夜が続いたのだった(笑) そして夢にまで見る始末。訪れる前の日は、まさに「遠足の前夜」と同じで興奮もピークに達していた。幾つになっても・・・同じなのである。

そしていよいよ再会した友人は、立派なオヤジになっていた。もちろん僕も負けないくらい、しっかりオヤジになっている。しかしウン十年という時間のギャップはまったく意識しなかった。なんだか最後に会ったのが昨日のような気すらした。昨日から今日に至るまでの時間が普段より、ちょっと永かったが、話は大いに盛り上がり途切れることはなかった。

卒業した宮の原中学校の校舎は、体育館など部分的に変わったところもあったが、ほぼ当時に近い状態だった。1年7組の教室は北側校舎一階の右端にあって、窓越しから当時座っていた席を眺めてみる。そう、確かに僕はここにいたのだ。この空間はあのときのまま。もうクラスの仲間がフルでここに集まることは絶対ないのだなぁ〜、と思うと妙にシンミリしてしまった。

授業が終われば、仲良しだった友達と公園のブランコで靴飛ばしに熱くなっていた。その公園もちゃんとあった。「久しぶりに・・・」と云って友人はやおらブランコを漕ぎ出し、そして「それっ!」と靴を飛ばした。ケンケンをして靴を拾いに行く後ろ姿は、あのときとまったく同じだったのには感激してしまった。

懐かしの場所を数カ所周ったあと夜は宴会である。お互いあだ名で呼び合うことに何の抵抗もなかった。あんなこともあった、こんなこともあった、話は尽きない。はじめて組んだバンドの名前が「ゆうやけぐも」だったとは不覚にも失念していた。

結局宿へ戻ったのは午前1時を過ぎていたようだ。話に夢中になり写真をほとんど撮らなかったことに気づいたのは、会津に帰ってからだった。いまの生き方の方向性を少なからず決めた原点に立てたことは、僕にとって意義深いものだった。サイ、キンジ、パセリ、ありがとう。また会いましょう。ようやく興奮から覚めてきましたよ(笑)
posted by 生出 at 23:17 | Comment(2) | その他

2013年05月03日

小塩の桜


 koshu-no-sakura1.jpg

つい先日、南会津町の「小塩の桜」に会ってきた。樹齢約150年。往時の隆盛を見た者として、時の流れの残酷さを身をもって感じた。この世に生を受けたものは、いずれは土に還るのが運命(さだめ)だ。少しでも永く命を繋ぎ止めるための処置なのだろう、見応えのあった枝が、ばっさり切り落とされている。近寄って花を見てみる。可憐な花からは、この木の衰えなどは感じない。むしろ風情すら感じる。

 koshu-no-sakura2.jpg

この日、あいにくの天気のせいか、訪れる人もほとんどなくゆっくり花を堪能することが出来た。下の写真は15年前に撮影した「小塩の桜」である。一瞬の時の愛おしさを強く感じた次第である。

 uende.jpg
posted by 生出 at 23:38 | Comment(0) | その他

2013年05月02日

春山

 
 haru-yama.jpg

風薫る五月である。一昨日から南会津へ入っていた。昨日は会津駒ヶ岳(標高2133メートル)へ登った。天気図は完璧な冬型。風も強く高度が上がるにつれ、白いものが落ちてくる。気がつくとあたりは吹雪いている。ちょっとまずいんじゃないの、というくらいの荒れようである。しかたなく2000メートル付近の樹林帯の中で昼食の準備をする。まずは缶ビールで恒例の乾杯をする。しかしあまりの寒さに缶を持つ手が震える。早く暖かいものを食べたい、その一心でラーメンの準備をした。冷えた身体に暖かいラーメンは効いた!生き返ったというのに相応しい。中年オヤジ三名、おねぇさん二名は、インスタントラーメンによって無事下山出来たのであった。
posted by 生出 at 22:13 | Comment(3) | その他

2013年04月29日

通行不可

 
 mishima1-u.jpgmishima2-u.jpg

今日、三島町の大辺峠へ行ってきた。三島町から昭和村へ抜ける林道で、途中、三島側には志津倉山の登山口がある。高度が上がると、次第に左右の壁が高くなり、ついには雪の壁は高さ2メートルを超え、道幅は1メートルほどになってしまった。歩いて行けないことはないのだが雪崩が発生したら、それっきりである。ときおりガサガサと音がして、小さな雪の固まりが落ちてくる。そういえば十数年前、会津高田町(現会津美里町)と昭和村を結ぶ博士峠で、幅30メートル以上に渡る雪崩を目撃した。ほんのちょっとしたタイミングで難を逃れることができたのだが冷や汗ものであった。いつどこで何が起こるか、先のことは判らないが、常に最悪のことは想定して行動した方がよさそうだ。
posted by 生出 at 22:52 | Comment(0) | その他

2013年04月13日

komugi

 
 komugi-u.jpg

しばし妹の家にやっかいになっていた。久しぶりに行ってみたら犬がいた。komugiと名付けたとか。
父が転勤族だったため、子供の頃、犬や猫を飼うことは出来なかった。飼ったことがあるのはクサガメ3匹、イシガメ2匹、ミドリガメ2匹、セキセインコ3羽の、いわゆる小動物が中心であった。いつかは犬を飼いたいと思いつつも、その夢は叶わなかった。
それにしてもかわいいものである。よく年賀状や携帯の待ち受け画面に愛犬、愛猫の写真を設定する人がいる。これまでは、なんだか、ちょっとねぇ〜と思っていたのだが、そうする気持ちが初めてわかったのであった。
posted by 生出 at 22:09 | Comment(2) | その他

2013年04月11日

車窓

 
 shasou-u.jpg

今年になってから幾度となく東京へ行くことがあった。窓際に座り、ボーッと外を眺めるのが好きだ。すっかり暗くなり、窓には僕の顔が映っている。そんなときにきまって思い出すのが南らんぼうの「ウィスキーの小瓶」だ。

 列車の窓に僕の顔が写る

 なんてみじめな姿なんだろう

 戯れだと思っていた恋に

 打ちのめされてしまうなんて

 こうして誰もが大人になってゆく

 そんな話をどこかで聞いたっけ

 人間同士の辛い別れという劇を

 僕が演じている



 こうして誰もが大人になってゆく

 そんな話をどこかで聞いたっけ

 アー 人間同士の辛い別れという劇を

 今 僕が演じている

歌詞の内容は、ご覧のとおりで、いつかこの曲のイメージを撮ってみたいと思っていたのだが、いまひとつだったようだ。実際のところ、帰ったら夕食は何にしようかな、なんてことを考えているのだから、上手くいくはずがないのである。
posted by 生出 at 22:34 | Comment(2) | その他

2013年04月10日

磐梯山


 mt-bandai-u.jpg

真っ白だった山は徐々に雪解けが進み、山肌に様々な雪型が現れてくる。県内だと吾妻小富士の雪ウサギが有名だが、磐梯山にも雪型がある。山頂直下に見える雪型が「キツネ」に見えませんか?雪ウサギのようなリアリティはないので、ややこじつけに思われるかもしれない。このキツネ、さらに雪解けが進むと尺八を吹く虚無僧に見えるのだというのだが・・・。月にはウサギがいる、というのが日本人の常識だが、国によっては「カニ」だったり「女性の顔」だったり、それこそいろいろだ。何に見えるかは、見る人の素直な感覚でいいんじゃないの、というのが僕のスタンスです。というわけで僕にはウルトラマンの第一話に登場した「宇宙怪獣ベムラー」に見えるわけです。
posted by 生出 at 15:18 | Comment(6) | その他

2013年03月23日

吾妻連峰

 
 azumakofuji-u.jpg

吾妻小富士の雪ウサギも、日に日に痩せてきた。ちゃんと目も付いて、春の野に飛び出すのも時間の問題。すでに東京では桜が満開だとか。狭い、狭いと云っても、やっぱり広い日本列島。何かにつけ温度差があるのは、むしろ当然のこと。
posted by 生出 at 00:26 | Comment(3) | その他

2013年03月11日

3月11日

 
 Earthquake early warning-u.jpg

間もなく、あの日のあの時間になる。時は流れ続け休むことを知らない。しかし2年前の、あの瞬間から心が止まってしまった多くの人たちがいる。
posted by 生出 at 13:11 | Comment(4) | その他

2013年02月28日

μSv

 
 josen-u.jpg

福島市のとある場所である。ここに限らず除染作業があちこちで行われている。除染については環境省のサイトを見てもらうとして、いつのまにやらμSv(マイクロシーベルト)という単位がすっかり耳に馴染んでしまったということに僕自身驚いている。放射性物質に汚染された地域に住む人なら知らない人はいない。世の中にはいろんな単位があるが、出来ることならお近づきになりたくはなかった。
ちなみにこの場所は花見や芋煮会などで賑わう場所で、震災以後、除染作業が開始されるまでは普通に市民が利用していた。いたずらに不安感をあおったりする情報もあるのだろうが、実際のところはどうなのだろうか、僕にはさっぱりわからない。この0.30μSv/hという数字は除染が終わった時(昨年の11月8日)の数字であって、いまはどうなの?ここにいても大丈夫なの?健康に影響はないの?テレビやラジオでは連日、お約束のように各地の線量についての報道がある。それは単に数字を発表するだけの、実に機械的なものだ。
多くの情報が錯綜する中で、素人はあたかも「それ」について知ったかのような感覚に陥ってしまう。いわゆる摺り込みが知らず知らずのうちに行われてしまい、誰かの都合のいいよう、操作されやすい人間に改造されてしまうのではないか?などと下衆の勘ぐりをしてしまう僕なのであった。
posted by 生出 at 08:05 | Comment(2) | その他

2013年02月26日

1000年に一度の牙


 haramachi-u.jpg

2月も今日を入れて三日。3月になると、あの日が近づく。1000年に一度と云われる大震災。それを経験してしまった多くの人の人生が否応無しに翻弄された。
昨日、南相馬市を訪れてみた。無性に海が見たかったのだ。震災以来、海を目にしたのは初めてだ。住宅地を通り海へ向かうのだが、あるところを境に急に視界が広がる。あたりは突如として殺風景な風景へと一変した。冷たい風が吹き付け、土ぼこりが舞い上がる。車から降りるのも躊躇するほどの強さだ。
意を決してカメラを抱え外へ飛び出す。一気に堤防を駆け上がると白波が立つ太平洋が目に飛び込んできた。風はことさら強くなり、立っているのがやっとの状態だった。
堤防の上には、津波の被害にあった瓦礫なのだろう、夥しい数のビニール袋が積まれていた。かつては人々の日常を支えていた大切なモノ。それが無造作に置かれている。その光景は筆舌にしがたいほどだ。人が創った文化、文明とはかくも脆いモノなのか・・・。
自然はたくさんの恵みを僕たちに与えてくれる。それが当たり前のことだと思った瞬間、自然が牙をむけた。長い地球の歴史の中で、これほど破壊力を持った津波は、そうあるものではない。しかし、僕たちは1000年に一度と云われる自然の牙を経験してしまった。
堤防の上に立ち、海と陸とを見ていたら涙があふれてきた。
posted by 生出 at 21:56 | Comment(3) | その他

2013年02月14日

ガラスの小瓶

 
 The pint bottle of glass-u.jpg

作業用のデスクにガラスの小瓶が置いてある。4年ほど前に珈琲舎雅で購入したものだ。お店に飾られているときから、この葉っぱが入っていた。確かサツマイモ系の植物だったように記憶している。そのうち枯れるだろうとタカをくくっていたのだが、今日現在、ご覧の姿で健在である。ほとんど放置に近く、世話などはしていなかった。幾度か枯れかけたものの、奇跡的に命を繋ぎ止めていた。昨年の秋だったか、いよいよ危ない状況を迎え、冥土の土産に珈琲でも飲んでくれと少量を注いだところ、それまで1枚しかなかった葉っぱが、あっという間に増えた。ちょっと驚きである。こうなると情が移り、日々愛でることになるわけだ。気がつくと声をかけていたりして・・・。物言わぬ植物でも・・・いや、物言わぬ植物だからこそ、愛情を注ぐと素直に応えてくれるのかもしれない。そういえば今日はバレンタインデーだった。きっと様々なドラマが繰り広げられたことだろう。まずは、素直に相手の気持ちを受け入れよう。貴方のことを思ってくれる人がいる。こんな素晴らしいことはない。あとは時間が真実を見せてくれるし、感じさせてもくれるさ。
posted by 生出 at 22:46 | Comment(4) | その他

2013年02月01日

データ通信

 
 mobile-u.jpg

僕がパソコンを購入したのが2002年。Mac OS・X(10.3.9)だった。現行機種は同じくMac OS・X(10.6.8)で、すでに型落ちである。いまさらながらデジタル機器の移り変わりの早さを感じている。USBに接続しているのは、データ通信用のモデムである。以前に比べて通信速度も上がり、まぁ〜快適なネットサーフィン(もはや死語?)の日々である。それにしても写真、音楽という僕の人生で大切な二つが、パソコンという装置を介していることに、少々違和感を覚える。人間、生きているうちは、何かの、誰かの手のひらの上に乗らざるを得ないのが宿命と知りつつも、この小さな装置に振り回されているのかと思うと、滑稽ですらある。
どんなにパソコンに詳しくとも、それを操作する人間の感覚(表現力)が磨かれることはない。デジカメにも云えることで、多機能な機種の操作に長けていても、それがイコール、人の感覚・感性を刺激する写真が撮れることとは、まったく別次元の話だ。
そういえば写真学校の先生が、こんなことを云っていた。「写真の技術は教えられるが、どうすればいい写真が撮れるかまでは教えられない」。そんな言葉をなぜか、いま思い出した。
posted by 生出 at 08:39 | Comment(0) | その他

2013年01月31日

白鳥

 
 hakucho-u.jpg

吾妻小富士を撮影した日、ついでに阿武隈川にも行ってみた。福島市中心街からも近く、多くの人たちが白鳥を見にきていた。餌付けされているせいだろう、人の姿を見るとよってくる。川岸に下りる僕の姿を見るや、さっそくこちらに進路を向ける。目がおねだりをしているのがよくわかる。野生動物が媚びちゃだめだろ〜、と思ってしまったが、これも人間が餌を与え続けたための結果である。
ぷかぷかと浮かびながら、僕のすぐそばまで来た彼らではあるが、手ぶらであることが判ると、まったく関心をしめさなくなる。ややすると白鳥達が、いっせいに川から上がりはじめた。何かと思い見てみると、ビニール袋がパンパンになるほどパンを詰めた人が来たのだった。白鳥だけでなく鴨も、カラスもスズメも、写真撮りもそちらへ移動する。
僕は、誰もいなくなった川岸でひとりたたずんでいたのだった(笑)
posted by 生出 at 08:43 | Comment(2) | その他

2013年01月28日

吾妻小富士


 azuma-kofuji-u.jpg

今日は所用があり福島にいた(笑) 週末の荒れ模様とは打って変わって、穏やかな空が広がっている。西に目をやると、吾妻小富士が、その勇姿を見せてくれた。山が見えると、ホッとする。同じ山を見ても、人によって思いはそれぞれなんだろうなぁ〜・・・などと思いながらシャッターを押した。
斜面右側に雪ウサギの出来損ないが見える。よく見てみると子ウサギを背負っている。こんな日には、きっと山から飛び出して思う存分跳ね回りたいのだろう。
posted by 生出 at 12:54 | Comment(3) | その他

2013年01月06日

スノーシュー

 
 show-shoes.jpg

冬の撮影でなくてはならないのがスノーシューである。購入したのは、たしか今世紀に入って間もなくであったように記憶している。2カ所ほどビスがとれてしまっているが、いまのところ歩くのに支障はない。酷使に堪えて、よくがんばってくれている。感謝の意を込めてレンズを向けた。
posted by 生出 at 22:30 | Comment(4) | その他

2012年12月10日

アトリエにて

 
 mr hiruta.jpg

縁があって、ある画家のアトリエにお邪魔した。以前から親交があり、このアトリエにも数回泊まった。もちろんその都度、痛飲するのだが・・・。この週末、数ヶ月ぶりお邪魔してきた。そしていつものように、また痛飲。アトリエは変わらず絵の具の香りが充満している。でも何故かそれが落ち着くのだ。クリエイティブな空間に身を置くと、世俗に蔓延る下衆なものとの縁が切れ、身も心も解放される。
キャンバスに向かうと画家の手は、躊躇することなく動き始める。そんな画家の姿を見ていると、人類最古と云われているラスコーの壁画を彷彿とした。人類が表現をすることを覚えたのが、いったいいつのころなのか、それは定かではない。ラスコーの壁画が約15,000年前とされているが、それより以前から人は何かを描いたことは想像に難くない。人が表現をする方法として「描く」ことを始めてから今日までの永い歴史を思うと、画家の肩越しから、表現の奥深さをシミジミと感じたのだった。
posted by 生出 at 22:08 | Comment(0) | その他

2012年10月19日

iPod classic

 
 iPod-u.jpg

さて、iPod classicである。今更という感じではあるが、手元に置くことになった。容量は160GB。Appleによると4万曲を入れることが可能、ということだ。で、ここ数日間はせっせとCDをこいつに入れることに精を出している。今日現在1600曲が入っている。ちなみに残りは142GBである。

手のひらにスッポリと入るこのサイズの何処にそんなスペースがあるの?なんてことを感じているのは、やっぱりオジさんになった証拠なのだろうね。容量もさることながら、音質もそれなりである。オーディオにうるさい先輩に聴かせたところ「この手のプレーヤーにしてはいいんじゃない」と言っていた。

遡ること30年、当時はソニーのウォークマンが若者の間で大流行だった。鞄に数本のカセットテープを入れ、外でお気に入りの曲を聴くと云う行為は、なかなかにモダン?であった。ネット社会の今、音楽はダウンロードする時代。手に入れたい音楽は、どこでも、いつでもメディアに取り込めてしまう。これが世の進歩と云うものなのだろう。

レトロ感覚が漂う「珈琲舎うつわ」の中で、しみじみiPodを眺めながら、そう思う僕なのであった。
posted by 生出 at 12:56 | Comment(0) | その他

2012年10月11日

久保田三十三観音


 kubota-kannon.jpg

柳津町の久保田観音は、僕が会津に居を移して間もない頃に訪れたことがあった。あれから25年・・・か。撮影が早く終わり、時間もあったので久しぶりによってみる。

1800年代の初頭に建立されたという久保田三十三観音。訪れた時間が夕方近かったこともあり、ほかに人は見当たらない。車から降りると、やや急峻な登りとなるが、距離は大したことない。一巡250メートルの行程を33回巡拝することを習いとするが、さすがに僕は1回だけ。ちなみに安産祈願の観音様として信仰されているので、1回だけでもバチはあたるまい。

ニコンに広角とマクロを付けて、一番から順番にパチパチ撮りはじめたのだが、半分くらい行ったところで正直疲れてしまった。撮影しながら、例の磐梯町の捨てられた(?)考える人が「もうそのくらいでよしとけよ」と声をかけたような気がして・・・。
posted by 生出 at 13:01 | Comment(0) | その他

2012年08月23日

夏草や・・・

 
 parents home-u.jpg

繁茂する夏草を目にして、即座に連想するのは、芭蕉が詠った「夏草や 兵どもが 夢の跡」である。何事にも盛りがあり、そして衰えがある。衰える原因は様々あろうが、人の営みの無常さを、容赦なく茂った夏草に覚える今日この頃である。ここにはかつて実家があった。震災で全壊してしまい、いまはこの有様である。自然に生えたヒマワリが、虚しく空を見上げていた。
posted by 生出 at 22:50 | Comment(0) | その他