2016年09月02日

病院食


 the-hospital-food.jpg

昨年同様、二泊三日で病院であった。身体をひっくりかえさりたり、裏返しにされたり、輪切りにされたり・・・と好き放題いじられてきた。まぁ〜とりあえずはギリギリセーフということで、無罪放免となった次第である。検査が終わり、ご褒美の食事がこれであった。病院食の割には塩っぱく感じたのだが・・・。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(0) | その他

2016年04月25日

小塩の桜、その後・・・


 uende-no-sakua.jpg

2013年5月3日、拙ブログにアップした小塩の桜(左側の樹)であるが、あれから3年経った姿がこちらである。花を付ける枝は、もはや一本のみ。この枝が折れると・・・。

たまたま近くを通りかかったのでよってみた。僕が現地にいたのは30分ほどの間であったが、他に誰一人として来る者はなかった。近隣の人が、僕を不審者だと思ったのだろう。遠巻きに見ていたのが印象的だった。
posted by 生出 at 07:47 | Comment(2) | その他

2016年04月10日

花見


 hanami1.jpg

一気に満開となった福島の桜、信夫山の茶屋も大賑わい。先週の金曜日、毎年恒例の花見を行った。茶屋の中はこんな感じ。

 hanami2.jpg

むかしは、この茶屋の他にもテントがあったらしいんだけど、いまはこの「どんとこい」だけである。福島市民であれば知らない人がいないくらい有名な茶屋なのである。

 hanami3.jpg

ちょっととっぽい感じのおじさんと約2時間ほどたのしいひとときを過ごしました。肝心の桜を見た記憶がないのは、いったいどういうことでしょう(笑)
posted by 生出 at 22:32 | Comment(0) | その他

2016年01月16日

不自然な自然


 Polluted-earth.jpg

福島の川俣町秋山字小長石といえば「駒桜」で有名。満開ともなると周辺は押すな押すなの大賑わい。さすがにこの季節はすれ違う車もほとんどない。桜の季節以外は静けさが日常を包むのである。

静けさはこれからも繰り返し続くだろう。唯一異なるのは、この白い塀の中に置かれた汚染土が、この地区の住民の日常生活の隣りに出現したことだ。県道51号線を走っていたら突然出現したこの白い塀に異様な雰囲気を覚え、見下ろせる場所へ移動してみた。

「たられば」の話をしても仕方が無いが、白い壁と保管されている汚染土が渋谷のど真ん中に、突如として出現したらどうなるのだろう?きっとたいへんな騒ぎになるだろうね。

川俣町の人は静かな人しかいないので、もちろん騒ぐ人は誰もいない。彼らにとって、この不自然な光景が、もはや自然になったのだ。これは他県の人間にとってはとても都合のいいことなのである。

云うまでもなく汚染土とは・・・除染作業ではぎ取られた土壌のことだ。
posted by 生出 at 23:05 | Comment(2) | その他

2015年10月19日

車輛火災


 Automobile-fire.jpg

本日14時20分頃、福島市仁井田字西下川原の西道路にて車輛火災が発生。たまたま通りかかって撮影をした。火災を起こした車輛が何を積んでいたのかは定かではない。消化剤が撒かれる寸前、荷台の黒っぽいアスファルトのようなものが発火して周囲は煙に包まれていた。テレビ、ラジオ、ネットのニュースで報道されることもなかったので事故の被害は大したことはなかったのだろう。

ちょっとした気の弛みが大きな事故につながる。折しもマンションの基礎工事で手抜きが騒がれている時節である。どんな仕事であれ、職人気質だけは忘れてほしくない・・・ただそれだけである。
posted by 生出 at 23:08 | Comment(0) | その他

2015年08月12日

病院食


 The-hospital-food.jpg

毎年この時期に人間ドックを受けている。今年も二泊三日の日程で受診してきた。結果、所見無しということで一安心。受診後出されたのが、この定食である。味付けは当然のことながら薄味。しかし見た目以上に量は多かった。なのでデザートのヨーグルトまで手が出なかった。もし毎食この量を食べたとしたら・・・来年は要再検査になるだろうな、と思ったのであった。
posted by 生出 at 07:39 | Comment(2) | その他

2015年04月16日

花見


 hanami.jpg

昨夕、福島は雷雨だった。夜になり雷はおさまったものの、7時過ぎまで雨風が強かった。そんなときに信夫山で花見をした。実際は茶屋の中なので花を見ることはなかったけど・・・。初めて入った「どんとこい」。福島の人なら知らない人はいないのではないだろうか?

 hanami2.jpg

店内はこんな感じ。どこかの会社の新歓コンパもやっていて、とても賑やかだった。もしこのグループがいなかったら貸し切りに近かっただろうね。信夫山の桜はすでにピークを過ぎた。この週末で花見も一段落かもしれない。

 hanami3.jpg

昨夜桜が見られなかった方、せめてこちらの写真をご覧ください。


posted by 生出 at 22:19 | Comment(2) | その他

2015年01月10日

吾妻小富士


 azumakofuji.jpg

昨年12月12日、気象庁は吾妻山の噴火警戒レベルを平常の「1」から火口周辺規制の「2」に引き上げた。火山性地震が増加していて、今後、小規模な噴火 が発生する可能性があるということだ。そのため旧火口を中心に、概ね500メートルの範囲で噴石による被害が想定され、立ち入りが規制されている。 現在観光道路「スカイライン」は積雪で通行止めになっている。旧火口のすぐ脇を通るスカイラインは、春以降、通り抜けが出来るのだろうか?

東日本大震災で日本列島の地質は大きな影響を受けたようだ。記憶に新しいところでは御嶽山の噴火で甚大な被害が出た。櫻島も挙動が落ち着かない。3.11は もしかしたら前奏曲にすぎなかった、なんてことにはなってほしくないのだが・・・。自然の大きな力に人間が太刀打ちできるわけもなく、ただただ平穏でいてください、と祈るのみだ。吾妻山の雪ウサギも気が気でないだろう・・・。
posted by 生出 at 08:06 | Comment(2) | その他

2014年09月30日

komugi


 komugi.jpg

同じ屋根の下に住んでいれば、やっぱり同じものを食べたいよね。イッパイやりながら寛ぎたいという気持ちもよくわかる。でも、ここは匂いを嗅ぐだけで我慢してくれ。君は箸もスプーンも持てないし、なにしろまだ2歳半なんだからビールは早い。
posted by 生出 at 21:39 | Comment(0) | その他

2014年06月07日

中体連

 
 table-tennis.jpg

先日、ある中学校の卒業アルバム作成のお手伝いを依頼され、卓球、サッカー、野球の撮影をしてきた。いやぁ〜動き回る選手を追うのはほんとうにたいへんだった。ひさしぶりに緊張感みなぎる撮影だった。

思い起こせば30数年前、スポーツ写真に燃えていた自分がいた。とくにラグビー、野球は自分で云うのもハバカレルがけっこう得意だった。母校の野球部を紹介するための写真がNHKで流されたこともあったっけ。バッターがボールをジャストミートする瞬間を捉えるのはそれなりにコツが要るのだけど、むかしの感覚を懐かしく思い出しながらの撮影だった。

ややタイトなスケジュールだったため、自分としてはもうちょっと突っ込んだ撮影がしたかったが致し方ない。もし機会があれば再チャレンジしてみたい、そう素直に思ったのだった。

ブログには個人を特定出来るカットは掲載出来ないが、この日撮影した600数枚の中で納得のいくものは・・・残念ながら1枚もなかった。

posted by 生出 at 22:57 | Comment(0) | その他

2014年04月07日

矢吹さん

 
 yabuki-san1.jpg

矢吹さんとのおつきあいは・・・どのくらいになるのだろう。初めての出会いから、すでに10年以上経過しているのは間違いない。お会いするのは年に数回なのだけど、いつだって笑顔の矢吹さんなのである。その屈託のない笑顔は、ときに凹んでいる僕の気持ちを癒してさえくれる。

今回は無線LANの接続が出来なくなったという連絡だった。ルーターの中を見てみると、なぜかISP情報が消えている。原因はともかく再設定してすぐにつながった。

 yabuki-san2.jpg

ノートパソコン2台を駆使する矢吹さん。コミュニケーションツールであるパソコンは手放せないと云う。

さて、何気なく壁に眼をやると、矢吹さんが詠った作品が飾ってあった。

 yabuki-san3.jpg

お母様の話によると中学生のときに詠んだのだとか。目にした瞬間、心の中で泣きそうになってしまった。
posted by 生出 at 12:55 | Comment(0) | その他

2014年03月23日

アトリエにて

 
 atelier.jpg

この週末、知り合いの画家のアトリエにお邪魔した。前夜はしこたま持ち込んだアルコールと用意していただいた豚しゃぶをほおばりながら、絵画、写真、音楽・・・など感性を刺激する話で大いに盛り上がった。

次の日、画家は早速創作活動にいそしむ。キャンバスに向かう顔は真剣そのもの。BGMはMJQ。ヴィブラフォンの軽快な音に同調するかのようにキャンバスの上を絵筆が走る。「これで完成」ということはないのだそうで、一枚の絵は画家の人生とともに歩み続けるのだとか。

画面右下にはMarshallのアンプ。前夜ギターをつないで弾きまくった。画面左のケースの中にはFenderのテレキャスターが入っている。画面には写ってはいないがブラックフェースのマッキントッシュのアンプがある。

創造性豊かな時空に身も心も満足したのであった。
posted by 生出 at 12:09 | Comment(4) | その他

2014年03月18日

奇蹟の一本松

 
 the-pine-of-miracle.jpg

先日、福島県南相馬市鹿島区へ行ってきた。海の近くまで来たのだから、汐風にあたることにした。何もかも無くなってしまった海岸付近に一本の松がある。松の脇に看板があり、それによると「海岸で、たった一本だけ残った奇蹟の松」とあった。

震災前、僕はこの地を訪れたことがない。どんな風景が広がっていたのか・・・。想像するのもむずかしい。松には花束が手向けてあった。悲喜こもごも、この松は見てきたに違いない。

松のうしろ、2〜30メートルも歩けばすぐに堤防だ。頑丈な堤防がご覧のように見るも無惨な姿になっている。

 bank.jpg

足が濡れないように瓦礫の上を渡り、辛うじて残った堤防の上に立つ。白い波がテトラポットを繰り返し洗っている。風が強く白波が立っている。上下に激しく揺れる波間にカモメが一羽、平然とした顔で浮かんでいる。その姿は風呂場に浮かべる子供のおもちゃのようにも見えた。

ひときわ激しい波がテトラポットにあたる。その瞬間、目の前が波しぶきで見えなくなる。

 sea-gull.jpg

くだけた波は虹色に輝き、すぐに海に落ちた。カモメは何事もなかったように浮かんでいた。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | その他

2014年03月11日

今宵の月

 
 311this-moon.jpg

福島市、今日の月の出時刻は午後12時46分。午後2時46分、東日本大震災発生時刻。午後5時37分、見上げると月がぽっかり浮かんでいた。
posted by 生出 at 23:10 | Comment(0) | その他

2014年02月18日

ガラスの小瓶part2

 
 the-pint-bottle-of-small-glass.jpg

昨年の2月14日にアップしたガラスの小瓶、一年ぶりの登場。昨年の写真と比べてみると葉っぱの数は少なくなっている。この一年間で水を交換したのは僅かに2回。相変わらず放置に近い。さて来年の今頃はどうなっているか・・・。
posted by 生出 at 08:37 | Comment(2) | その他

2013年12月20日

『全世界環境美化推進実行委員会』からのメッセージ

 
 miimasu.jpg

強烈なメッセージです。
posted by 生出 at 21:22 | Comment(0) | その他

2013年12月17日

除染の土

 
 The-ground-of-decontamination.jpg

福島県中通り、浜通りにお住まいの方であれば、これがなんであるか・・・説明は不要だろう。放射能で汚染された土などが一時的にこのような状態で随所に保管されているのである。僕が福島市内で借りている駐車場にもしっかり置かれている。ルーフキャリアの上に上ってみたら、奥の家の敷地にも置いてあるのが確認出来た。

汚染土の運ぶ場所が、いまだに決まっていないので空いているスペースに置かざるを得ないのが現実なのだ。庭先、道路の脇、空き地・・・様々なところにブルーシート、或いは黒いシートに覆われた汚染土が置かれている。

さて、気になるニュースを目にしたので以下にご紹介しよう。失礼ながら毎日新聞からのコピーである。

◇東京電力福島第1原発事故に伴う福島県営団地の除染工事で明らかになった、汚染土などのずさん管理。県は土で覆うなどの処理を業者任せにしたまま現場を確認せず、子どもらの安全管理が置き去りにされた形だ。住民からは「県民の健康を真剣に考えるなら起きない問題」と県の姿勢を問う声が上がる。

「県に電話し『子どもたちが(廃棄物入りの)袋に乗って遊んでいる』と対策を求めても、たらい回しにされた揚げ句、ほったらかしにされた」。福島県白河市内の県営団地のそばに住む70代の女性から情報提供があったのは11月中旬だった。

この団地で除染が始まったのは10月。11月上旬から団地内の児童公園に廃棄物入りの袋の搬入が始まった。しかし、袋には自由に近づける状態で、子どもたちが袋の周りで鬼ごっこなどをするようになったという。記者が歩道間際に置かれた袋に線量計を近づけると、最高で毎時「2.23マイクロシーベルト」と表示された。国の安全基準の約10倍に相当する。立ち会った女性の線量計も同様の数値が表示された。数メートル離れると、数値は0.23以下に戻った。

 ここを含め、同市内の5カ所すべての県営団地を取材した。このうち、今月から廃棄物を置き始めた別の団地では9日、野積みした袋のすぐ横で住民の中学生2人が立ち話をしていた。記者が危険性について聞くと「知らなかった」と、驚いた様子だった。さらに別の2団地は児童公園の周囲を鉄板で囲っていたが、鉄板の内側ぎりぎりまで袋を置いており、外側で同1マイクロシーベルト前後が確認された。遊具の間際まで袋を置いている団地もあった。

県営団地には幼い子のいる家庭が多い。ほとんどの住民が線量計を持っておらず、県が各戸に配布した文書にも危険性や安全対策についての言及はない。2歳と3歳の子を持つ30代の父親は「現場保管は仕方ないとは思うが、できる限りの安全策は取ってほしい」と話した。

県は2マイクロシーベルトを超えた団地では金属製の囲いを設置したが、記者の線量計では依然として高いところで同0・7マイクロシーベルトを示した。

 県幹部は「(除染する)県営住宅の大半は敷地内に埋設保管する。(地上保管している団地は)自治体の仮置き場が近く完成するから、との判断があったようだ」と、今回のずさんな保管が例外的な措置であることを強調する。だが、仮置き場の完成は「来年度にずれ込む見通し」(自治体担当者)で、除染廃棄物は長期にわたり児童公園に置かれたままになる。

ニュース、以上。

バッチを付けたお偉いさん、福島に来てコンビニ袋ひとつに入るだけの土でいいので、あなたの家の庭に持っていってくれませんか?あなた方の気持ちが見てみたいな。
posted by 生出 at 08:32 | Comment(4) | その他

2013年12月16日

"elago" FLEXIBLE LED WORK LIGHT


 elago1.jpg

どうしても必要という訳ではなかったのだが、衝動買いをしてしまった。パソコンのUSBに射し込むだけで手元を照らしてくれる便利グッズ、elago(エラゴ)のLED WORK LIGHTである。

 elago.jpg

こんな感じで使えます。MacでもWindowsでもOK。ひとつあると何かと便利かも。詳細はこちらをご覧ください。ちなみにメーカーのサイトでは青っぽい光に見えますが実際は白色です。
珈琲舎雅さんのカウンターをお借りして撮影しました。
posted by 生出 at 21:08 | Comment(0) | その他

2013年11月04日

究極の盗難防止策

 
 chari-u.jpg

僕は自動車免許を取得したのが遅く26歳だった。かなりの奥手であった。足があるうちは歩く、遠方へは自転車で、というのが持論であったが、その気持ちもいつしか崩れてしまい、いまや車がなければ生きていけない身体になってしまった。

高校のとき、駅に止めた自転車が盗難にあった。けっして高級なものではなかったが、自転車は大切な移動手段で、なければ行動範囲が極端に狭くなり、ずいぶんと不便な思いをした。ちゃんとチェーンロックで施錠していたのに、やられた!と悟った時は心底がっかりしたものだった。

いまは駅には立派な駐輪場があって、管理も行き届いているが、当時は適当な場所に止めておけばオーケーだったので、自転車泥棒にとってはずいぶん仕事がしやすかっただろう。いま思い出しても忌々しい・・・。防犯グッズも当時に比べればだいぶ進歩したし、よほどのことがなければ被害に遭うことも少なくなっただろう。しかし、自転車泥棒にとって、新しいカギが出れば、それを解除する術をきっとあの手この手で・・・それこそジグソーパズルを組み立てるように・・・楽しみながら?見つけるのかもしれない。

とある駅の駐輪場である。これは・・・もしかしたら自転車泥棒が見るなり、ぜったいにあきらめるだろう盗難防止策だ。見事なものである。たとえやったとしても人目に付き過ぎる。いっぱつで御用である。う〜ん、あまりの見事さにしばし見とれてしまった。しかし、ある瞬間僕は思ったのである。もし、この自転車が自分のものだとしても、街中を乗り回す勇気は持ち合わせていないだろうな・・・ということを。なによりも乗りづらい・・・。

単なる放置自転車と見てしまうと、まともすぎてつまらないと思いますが・・・いかがでしょう。
posted by 生出 at 18:46 | Comment(0) | その他

2013年10月29日

ICZ-R51

 
 icz-r51-u.jpg

先日、スカイセンサーの話をしたが、現在メインで使っているラジオがソニーの「ICZ-R51」というポータブルラジオだ。このラジオのいちばんの特徴は、300時間を超える録音ができるところだろうか(SDカード使用)。予約も最大20番組なので、いちどセットしておけば、聞き逃すこともない。

実は以前から、NHK第一で放送されている「ラジオ文芸館」(毎週土曜日午前8時5分〜45分まで)のファンであった。テレビだとイメージが固定されてしまうが、ラジオだと自分なりのイメージを頭の中で自由に描けるところが気に入っている。映像イメージのトレーニングにもなるのかなと思っている。もちろんテレビにはテレビの良さがあるのだろうけどね。僕は妄想する癖があるので、ラジオドラマは妄想癖をくすぐるのに、うってつけなのだ。

さて、比べることはいかがなものかと思いつつも、スカイセンサーとこのラジオを比べてしまう。性能は文句なしに「ICZ-R51」に軍配が上がる。これは造られた時代が違うから致し方ない。しかし持つ喜びはスカイセンサーに軍配だ。ネーミングは「アイ・シー・ゼット・アール51」だが、一聴してどこのメーカーなのかよくわからない。国籍不明機のようにも思われる。筐体の造りそのものは現代の製品らしく、はっきり言って安っぽい。中身がギュッと詰まっている感じは皆無だ。ちょっとバランスを崩すと倒れそう。ボリュームが正面、向かって右側の側面にあり、操作性は悪い。ボリュームはふつうツマミでしょ。

細かいところをいえばキリがないが、所詮は使い捨てになるのかな・・・と思っている。壊れたら修理を依頼するのではなく買い換える。そんな製品のサイクルが現代的なのだろうが、軽薄短小な製品を量産し、売り上げを伸ばし生き残る・・・メーカーの戦略を第一に感じてしまう僕は、きっと時代の流れに着いていけない敗残者なのだろう。
posted by 生出 at 12:52 | Comment(0) | その他