2023年01月30日

春日先生、民報俳句選者に!


 img20230129_20384506b.jpg


昨日の福島民報新聞文芸欄に、春日石疼さんが新たに民報俳句選者に就かれたことが報じられていました(ちなみに第一報は、毎月私のブログでカレンダーを紹介している宮森さんからでした)。
クラシック音楽に深い造詣を持ち、フォークソングを唄い、酒豪で、地域の安寧と世界平和を求め、ビッグバンから今日までの時空に想いを馳せながら、医師として患者の人生を考え、そして家族を愛する・・・そんな春日先生が、どのような俳句を選ばれるのか、実に楽しみです。
春日先生と私はフォークソング繋がりで、10年以上のお付き合いをさせていただいていました。


posted by 生出 at 08:40 | Comment(0) | その他

2023年01月20日

はくちょう丸とかめ丸


 _1200123b.jpg

猪苗代湖の長浜に係留されている「はくちょう丸」と「かめ丸」。今朝の気温、この付近でマイナス5度。
コロナ禍で翻弄されながらも、この地にあり続ける姿は、人々の暖かい気持ちの賜物であると。もしこの二隻が無くなっていたとしたら・・・長浜から見る風景は大きく変わっていただろう。
posted by 生出 at 18:42 | Comment(0) | その他

2022年11月07日

磐梯山、初冠雪


 _B050094b.jpg

4日(金)から5日(土)の晩にかけて、磐梯山山頂付近では降雪があったようで、うっすらと雪化粧した姿を見る頃ができた。折角なので超望遠レンズでのぞいてみる。人の姿は確認できなかった。
posted by 生出 at 17:39 | Comment(0) | その他

2022年10月06日

マスター来たる!


 _9300157b.jpg

9月最後の日、突如、喜多方から「珈琲舎器」のマスターが我が家を訪れたのであった。若松市内の知り合い宅に寄っていたそうで、少し時間があったから僕の顔を見に来たのだそうだ。2〜3週間に一回は喜多方市内のマスター宅へ行っている僕である。なのでそれほど懐かしさは感じない(笑)
でも誰かが訪ねてくるのは嬉しいものである。チャチャッとマイクをセッティングして3曲ほど歌ってもらった。最近、マスターは・・・特に横顔が桑名正博に似てきた。下田逸郎の「早く抱いて」は桑名正博もカバーしていて、マスターの十八番の一曲である。甘い歌声を聞いたら、気持ちがフラッとする人もいるのでは?
僕は聞き慣れているので気持ちは平常心でした(笑)
posted by 生出 at 08:43 | Comment(2) | その他

2022年09月22日

稲刈り


 _9210040b.jpg

毎年、会津地方では「会津まつり」が行われるころ稲刈りが始まる。明日は秋分の日(彼岸の中日)、朝晩の気温は半袖ではいられないほど低くなった。そして日の出、日の入り時間にも秋を感じる。

三島町の山奥、志津倉山の登山口の手前の間方集落では、一部の田圃で稲刈りが終わり、刈り取られた稲穂が稲架(はさ)に干されていた。昔ながらの天日干しは珍しい。この田んぼは他県などからオーナーを募り、田植えから収穫までを地元民と共に行っている。休耕地が増える中、景観を守るだけではなく、食文化についても考える機会を与えてくれる。

 _9210054b.jpg

道路っぱたにはコスモスが風に揺れていた。稲刈りが終わると、晩秋の風情が身に沁みる。高い山が白くなるのも、もうすぐである。
posted by 生出 at 17:54 | Comment(0) | その他

2022年09月15日

喰丸小学校の銀杏


 _IMG0831b.jpg

9月も中旬をむかえ、朝晩は一段と秋らしさを感じるようになった。昭和村の喰丸小学校校庭の銀杏の木は、少し黄色味を帯びてきて秋の準備を始めた。一ヶ月後には見事な黄葉を楽しませてくれるだろう。敷き詰められたような落葉も見事である。
posted by 生出 at 18:02 | Comment(0) | その他

2022年06月20日

湿原の柵


 IMG_1492b.jpg

先日訪れた、南会津町の駒止湿原で驚愕の光景を見た。ご覧のように湿原内には鉄柵が・・・。イノシシ、鹿から高山植物を守るために設置されたとのこと。

そうせざるを得ない状況にまで、自然が歪んでしまったことに正直がっかりしている。かつての自然の姿には、残念ながら、もう戻ることはない。自然の歪みが人身にまで及ばないことを、ただただ祈るのみである。
posted by 生出 at 08:44 | Comment(0) | その他

2022年06月06日

里芋植え


 IMG_1280b.jpg

昨年の秋、知り合いの畑で里芋の収穫を手伝ってきた。あれから約半年、今回は里芋の植え方をしてきた。少々風があったものの、天候に恵まれ、作業は順調に進んだ。

 IMG_1286b.jpg

朝7時半ころから作業を開始。10時はお約束のお茶の時間。美味しい漬物の差し入れがあり、ツマミながら世間話に花が咲く。ここで話が盛り上がってしまうと、その後の作業に支障が生じるので、適当なところで作業に入る。

 IMG_1298b.jpg

写真には写っていないが、今回はじめて使ったのが「ホーラー」という器具。黒いマルチシートの上から穴開け、穴掘り、植え付けが瞬時にできるすぐれもの。コツを覚えると実に楽しい。農作業の経験は殆どなかった自分であるが、少しずつ経験を積んで、いろんな農作物の収穫の楽しさ(辛さも)などを味わいたいと思ったのだった。




posted by 生出 at 07:40 | Comment(3) | その他

2022年04月04日

福島市 桜開花!


 _4060035b.jpg

本日、福島市で桜開花宣言が発表されました。平年より3日早く、昨年よりは10日遅い開花です。これから福島県内を駆け巡る桜前線。どんな花との出会いがあるか・・・いまから楽しみです。
posted by 生出 at 20:52 | Comment(0) | その他

2022年03月21日

寛ぐ仙人


 _3200005b.jpg

喜多方在住の仙人宅へお邪魔する。そして仙人が淹れてくれたコーヒーをご馳走になる。他では味わえないコーヒーである。4杯はいただいただろうか。いや5杯だったか。おいとまするまでに三回ほどお手洗いを拝借した。コーヒーの利尿作用はてきめんである。

客人用に座布団が4枚ほどあるが、4枚を敷くスペースは無い。客人それぞれのタイミングで訪れるのだが、ほぼ同時に訪れる客人は、これまで3人がマックスで4人目は不思議と来ないのである。神(仙人)の見えざる手が効いているのか。

さて今日も撮影の帰りによってみるか・・・。
posted by 生出 at 11:34 | Comment(0) | その他

2022年03月11日

あれから11年・・・


 IMG_9376b.jpg

東日本大震災から今日で11年。時の流れの無常を感じる今日このごろである。これから時は、ますます加速し、あっという間に20年、30年・・・と過ぎゆくことだろう。あの日の午後2時46分から運命が変わってしまった多くの人たち。3.11を経験した者として、時を越えて同じ気持ちを共有していきたい。
posted by 生出 at 19:21 | Comment(0) | その他

2022年03月06日

雪崩の跡


 IMG_9289b.jpg

冬の山に行った方であれば、すぐに「あっ!」とお気づきだと思うが、これは小規模ではあるが雪崩の跡である。

赤丸で囲ったところはクレバスがあって、スノーシューを履いた足を突っ込んでしまうと抜けなくなることがある。太い木の幹周りにも注意しなければならない。根回りは雪解けが進んでいて、思わぬ落とし穴があるのである。

昨日の「東山大滝」の撮影後、この斜面を登り上部に出た。斜度はそれなりなので、一歩一歩確実にグリップさせる。両手両足を使い登る様は、お世辞にもカッコいいとは言えない(笑)
posted by 生出 at 13:06 | Comment(0) | その他

2022年02月16日

ワカサギ釣り


 _0065041b.jpg

裏磐梯の桧原湖も完全結氷し、湖上はカラフルなテントが、あちこちに設営されていた。数年前、暖冬の影響で湖上でのワカサギ釣りができなかった。それを思うと普通に結氷し、湖上に糸を垂らせるのは、やはりしあわせなことなのだろう。
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | その他

2022年01月21日

猪苗代町のパワースポット


 IMG_8457b.jpg

昨日、訪れた猪苗代町のパワースポット「達沢の不動滝」。雪の無い季節なら、この鳥居近くの駐車場まで車は入れる。いまは除雪されていないので、車の入れる場所から、徒歩で20分〜30分で滝に辿り着ける。

その日の状況によるのだが、昨日までは訪れる人がそれなりにいるようで、雪道は踏み固められていて、地元の妙齢の女性が長靴で歩いていた。しかしところどころ「つぼ足」もあったので、くれぐれも用心が必要。道のついていないところを歩くには、やはりスノーシュー、カンジキが必要となる。


posted by 生出 at 18:58 | Comment(0) | その他

2022年01月04日

会津のマッターホルン


 _C290143f.jpg

只見町に鎮座する会津のマッターホルンこと「蒲生岳」である。標高は828メートルと、それほど高いとは言えないが、急坂な登りのある険しい山なのだそうだ。僕はこの山には登ったことはないが、前を通るたびにいつかは・・・とつぶやいているのである。

別名、会津のマッターホルンと呼ばれているだけあって、その山容は登山者でなくても魅力を感じることだろう。
posted by 生出 at 17:56 | Comment(2) | その他

2021年12月29日

忘年会


 _C240119b.jpg

相変わらず世界中に蔓延っているコロナウィルスである。日々の感染者はだいぶ少なくなり、些か不自由さは感じつつも、人々の行動は、元に戻ろうとする力強さを伴っているなと感じる。

そして・・・画家のアトリエで忘年会を開催!いつものようにオヤジ二人だけの飲み会である。今回はいままでいちばん盛り上がったかもしれない(もしかしたら毎回、そう感じているのか?)。

どんな時代であろうとも、創造し続けることこそが生きるパワーになるのだと得心した時間だった。
posted by 生出 at 09:00 | Comment(0) | その他

2021年12月27日

檜枝岐村・六地蔵


 _C200004b.jpg

山深い村々を「寒村」と呼んだ時代があった。檜枝岐村の「六地蔵」は、その象徴である。

農林水産省のサイトで檜枝岐村の農林水産業の基本指標を見てみると、いかに農業に適していないかがわかる。山々に囲まれたこの土地で田畑を作ることが、そもそも難しかったのは、この地を訪れてみれば理解できる。

いまは尾瀬のお膝元として多くの観光客が訪れる。村内の家々の佇まいに昔の寒村のイメージを探す方がむずかしい。むしろ「寒村」というイメージは村のPR材料のひとつとなのかもしれない。

ハイシーズンともなれば、県内外から多くの車が行き来する。凶作のために間引きされた赤ん坊の供養のために建立された六地蔵。嬉々として六地蔵にカメラを向ける観光客を、どんな思いで見ているのだろう。



posted by 生出 at 16:44 | Comment(0) | その他

2021年11月30日

再スタート!


 _IMG2086b.jpg

どうにか再スタートを切った「かめ丸」と「はくちょう丸」である。10月下旬に「はくちょう丸」が遊覧船として再運行、「かめ丸」は湖上レストランとして、現在改装中とのことだ。
posted by 生出 at 17:51 | Comment(0) | その他

2021年11月23日

里芋掘り


 2021-11-21_09-15-47_027b.jpg

過日、知り合いの畑で里芋堀りをしてきた。といっても里芋はすでに掘り起こされていてビニールハウスの中に置かれていた。親芋から子芋を分離する作業が中心だった。といっても、それなりの量があり、ほぼ半日近く土まみれになっての作業だった。

 2021-11-21_13-38-04_644b.jpg

収穫は15ケース以上だったと思う。今回は収穫だけのおつきあいだったが、とても充実した一日だった。きっと種芋の植え付けからやったのなら、その気持ちはもっと強かったことだろう。

 2021-11-21_11-07-34_732b.jpg

遠くに飯豊連峰、磐梯山が拝める会津盆地の真ん中で、自然の恵みのありがたさを噛み締めた一日であった。
posted by 生出 at 12:39 | Comment(2) | その他

2021年10月25日

初冬の飯豊連峰


 Mt.iide.jpg

飯豊連峰は、すでに冬である。標高1100メートルの雄国沼金沢峠より。三枚の写真を合成してパノラマにしてみた。
posted by 生出 at 18:29 | Comment(2) | その他