2018年06月11日

選り取り見取り


 _0093514.jpg


赤、橙、黄、茶、黒、白・・・彩りの豊かな食卓を見ると、もうそれだけで幸せな気持ちになる。豊かさは平和の証でもある。満たされたお腹をひとつふたつ叩いてみると、ポンポンといい音がした。

posted by 生出 at 08:39 | Comment(0) | その他

2018年05月17日

パエリア


 _0122989.jpg

月一回の某集まりで用意されたのが「パエリア」であった。実は・・・パエリアというものを初めていただいた。僕が小さいころには・・・もしかしたら日本国内にはなかったのでは?単に僕が知らなかっただけかもしれない(笑) きっとそうなのだろう・・・。この歳になって初めての経験。

料理に限らず・・・感覚に訴えるものは、出会った時の印象が強く残っていればいるほど、後年の趣味嗜好に影響を与えてしまう。そして日々食するものの選択基準がパターン化されてしまい、気がつくと繰り返し似たようなものになっている。

なので料理を持ち寄る集まりは、未知の出逢いが出来る絶好の機会なのである。人生の楽しみは、まさにそこにあるような気がする。食はもちろん、あらゆる創作されたもの、風景、そしてヒト・・・出逢いは人生を豊かにしてくれる。

パエリア、美味しくいただきました。
posted by 生出 at 08:28 | Comment(2) | その他

2018年04月16日

ご馳走


 _0142108.jpg

土曜日の晩、とある集まりがあった。そこに持ち込まれた手作り料理の数々。やっぱり手作りはいい!そう思いながら、たぁ〜んといただきました。自分では決して作れないけど、人様の料理は参考になります。
posted by 生出 at 12:40 | Comment(0) | その他

2018年03月09日

主夫の味方


 _0080818.jpg

カインズホームをふらふらしていて見つけたのがこれ。フローリングスプレーワイパーである。僕が一番の苦手としているのが整理整頓、掃除・・・なのである。ひっくり返った灰皿が一ヶ月も放置されていたなんてことはザラ。まぁ〜男ヤモメになんとやらとはよく云ったもので、それを地でいく自分に少々嫌悪感を覚えていたところに、これと出会ったのであった。

雑巾がけなど、小学校以来していないのでは?と思いつつ床を拭き拭きしてみた。腰に負担がかからないのがいちばん。雑巾だけでなく「お掃除シート」も取り付けられる。正に主夫の見方。でも修行僧から見たら、そんな雑巾がけの姿は邪道と映るかもしれない。

ま、とりあえず興味のある方はどうぞこちらをご覧あれ。
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | その他

2017年12月05日

ひさしぶりの焼き肉


 _0029989.jpg

焼き肉屋に入ったのは10年ぶり?いやそれ以上前?なので記念にアップしておこう。場所は会津若松市錦町にある「丸忠」さん。美味であった。
posted by 生出 at 12:52 | Comment(0) | その他

2017年10月15日

昨日の出来事


 IMG_0442.jpg

今朝の朝刊を見ていたたまれない気持ちになった。昨日すれ違ったパジェロは救出に向かう途中だったのだ。赤埴山から幾度となくのぞいた磐梯山の山頂は雲がかかっていて、これじゃせっかく登っても眺望が利かず登山者は気の毒だな、などと山頂で発生した事故に気を配りることもなく呑気なことを考えていた。ただただご冥福を祈るのみである。合掌。
posted by 生出 at 22:37 | Comment(0) | その他

2017年08月18日

人間ドック


 _0088244.jpg

今年も行ってきました人間ドック。かろうじてセーフといったところ。検査後、ご褒美の昼食がこちら。メインの鶏モモは昨年と同じだった。自分のブログを見て初めて気がついた(笑) 来年は何かしら引っかかるかもしれないなぁ〜。
posted by 生出 at 16:51 | Comment(0) | その他

2017年08月02日

ゲリラ豪雨


 L1140985.jpg

毎年のように豪雨による被害が発生している日本列島。昨日も神奈川県で猛烈な雨が降った。この写真は先週の金曜日、私の住む会津若松市の模様。道路はまるで川である。歯車が狂いはじめた自然を元に戻すのは難しい・・・.この先も豪雨被害が発生するのは必至なのだろう。
posted by 生出 at 07:58 | Comment(0) | その他

2017年06月12日

窯出し


 _0126677.jpg

本日、宗像窯で窯出しが行われた。今回は約300個の陶器が窯に入れられたとのこと。火入れをした日と同様、多くの人が窯出しを見守った。窯の中はこんな感じ。

 _0126706.jpg

八代当主・宗像利浩氏、息子の利訓氏、スタッフの方によってひとつひとつ窯から運び出される。

 _0126728.jpg

「なかなかいい梅花皮(かいらぎ)が出ている」と抹茶茶碗を手にする利浩氏。他にも「得心のいく作品が多かった」とのこと。宗像窯の登り窯は江戸中期に築かれたもので、東北地方では実際に火を入れている窯としては最古のものと言われている。今回、火入れ、窯出しの両方に立ち会えて、改めて焼き物の魅力を感じた次第である。これも縁かなと思い、お気に入りの利鉢をひとつ購入してしまったのであった。
posted by 生出 at 22:48 | Comment(2) | その他

2017年06月04日

宗像窯火入れ


 _0036139.jpg

昨日、会津美里町の宗像窯で火入れが行われた。四年ぶりとのこと。神事の後、八代目当主・宗像利浩氏、息子の利訓氏によって火入れが行われた。窯の周りには焼き物ファン、マスコミ各社などなど数十人が見守った。

 _0036202.jpg

火が入れられた直後の窯はこんな感じ。これから数日間、寝ずの作業が続く。窯出しは12日(月)に行われるという。

 _0036221.jpg

窯の大きさを写真で伝えるのは難しい。上部から超広角レンズを使っても全体を画面に入れることができない。窯が震災の被害から再生して今回で二度目の火入れ。期待もまた大きいのである。
posted by 生出 at 18:26 | Comment(0) | その他

2017年03月28日

登り窯


 nobori-gama.jpg

久しぶりに登り窯(会津美里町指定文化財)を拝んできた。何年ぶりだろう。前回(たしか15年以上むかし)は、ちょうど窯出しのタイミングでお邪魔した。焼きあがった作品を、ひとつひとつ確認しながら運び出している七代目当主と、現在の当主、宗像利浩氏の姿が印象に残った。2011年3月11日の東日本大震災で大きく崩れてしまった登り窯だったが、2012年5月には修復が完了し、今回2回目の火入れが行われるという。いまから楽しみである。

 nobori-gama2.jpg

宗像焼は、いわゆる民芸の流れをくむものであり、野良で働く娘の素朴な美しさがある。そこが魅力だと思っている。
posted by 生出 at 12:41 | Comment(0) | その他

2017年02月08日

komugi


 komugi.jpg

先週末、仙台のお寺で父の七回忌を行った。妹夫婦と私の三人で墓前に手を合わせたのであった。
妹夫婦の飼っている柴犬「komugi」とも数年ぶりの再会。あいかわらずよく動く。その姿から、ちょっと元気をもらったかな・・・。
posted by 生出 at 08:14 | Comment(0) | その他

2016年12月31日

年越しそば


 toshi-koshi-soba.jpg

間もなく新しい年です。今回は「緑のたぬき」にしました(笑) そして紅白歌合戦ではなく、ネットで「男はつらいよ」を見ていました。

みなさん、よいお年をお迎えください。
posted by 生出 at 23:52 | Comment(0) | その他

2016年12月19日

宗像利浩作陶展


 40th anniversary.jpeg

大阪タカシマヤにて宗像利浩氏の「作陶展」が開催されます。皆様、ぜひご覧ください。

会津を訪れた先輩と、久しぶりに宗像釜へお邪魔したところ、節目の作陶展が開催されることを知った。お祝いを兼ねて一献傾けたのであった。

 toshihiro-san.jpg
posted by 生出 at 08:11 | Comment(0) | その他

2016年12月14日

鳥インフルエンザ


 abukuma-river1.jpg

すでに報道されているように、福島市岡部で見つかったオオハクチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が検出された。

マスコミ各社が申し合わせたように、この場所で取材をしていた。

 abukuma-river2.jpg

そして、どの社もこの注意書きを映していた。
posted by 生出 at 08:04 | Comment(0) | その他

2016年09月02日

病院食


 the-hospital-food.jpg

昨年同様、二泊三日で病院であった。身体をひっくりかえさりたり、裏返しにされたり、輪切りにされたり・・・と好き放題いじられてきた。まぁ〜とりあえずはギリギリセーフということで、無罪放免となった次第である。検査が終わり、ご褒美の食事がこれであった。病院食の割には塩っぱく感じたのだが・・・。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(0) | その他

2016年04月25日

小塩の桜、その後・・・


 uende-no-sakua.jpg

2013年5月3日、拙ブログにアップした小塩の桜(左側の樹)であるが、あれから3年経った姿がこちらである。花を付ける枝は、もはや一本のみ。この枝が折れると・・・。

たまたま近くを通りかかったのでよってみた。僕が現地にいたのは30分ほどの間であったが、他に誰一人として来る者はなかった。近隣の人が、僕を不審者だと思ったのだろう。遠巻きに見ていたのが印象的だった。
posted by 生出 at 07:47 | Comment(2) | その他

2016年04月10日

花見


 hanami1.jpg

一気に満開となった福島の桜、信夫山の茶屋も大賑わい。先週の金曜日、毎年恒例の花見を行った。茶屋の中はこんな感じ。

 hanami2.jpg

むかしは、この茶屋の他にもテントがあったらしいんだけど、いまはこの「どんとこい」だけである。福島市民であれば知らない人がいないくらい有名な茶屋なのである。

 hanami3.jpg

ちょっととっぽい感じのおじさんと約2時間ほどたのしいひとときを過ごしました。肝心の桜を見た記憶がないのは、いったいどういうことでしょう(笑)
posted by 生出 at 22:32 | Comment(0) | その他

2016年01月16日

不自然な自然


 Polluted-earth.jpg

福島の川俣町秋山字小長石といえば「駒桜」で有名。満開ともなると周辺は押すな押すなの大賑わい。さすがにこの季節はすれ違う車もほとんどない。桜の季節以外は静けさが日常を包むのである。

静けさはこれからも繰り返し続くだろう。唯一異なるのは、この白い塀の中に置かれた汚染土が、この地区の住民の日常生活の隣りに出現したことだ。県道51号線を走っていたら突然出現したこの白い塀に異様な雰囲気を覚え、見下ろせる場所へ移動してみた。

「たられば」の話をしても仕方が無いが、白い壁と保管されている汚染土が渋谷のど真ん中に、突如として出現したらどうなるのだろう?きっとたいへんな騒ぎになるだろうね。

川俣町の人は静かな人しかいないので、もちろん騒ぐ人は誰もいない。彼らにとって、この不自然な光景が、もはや自然になったのだ。これは他県の人間にとってはとても都合のいいことなのである。

云うまでもなく汚染土とは・・・除染作業ではぎ取られた土壌のことだ。
posted by 生出 at 23:05 | Comment(2) | その他

2015年10月19日

車輛火災


 Automobile-fire.jpg

本日14時20分頃、福島市仁井田字西下川原の西道路にて車輛火災が発生。たまたま通りかかって撮影をした。火災を起こした車輛が何を積んでいたのかは定かではない。消化剤が撒かれる寸前、荷台の黒っぽいアスファルトのようなものが発火して周囲は煙に包まれていた。テレビ、ラジオ、ネットのニュースで報道されることもなかったので事故の被害は大したことはなかったのだろう。

ちょっとした気の弛みが大きな事故につながる。折しもマンションの基礎工事で手抜きが騒がれている時節である。どんな仕事であれ、職人気質だけは忘れてほしくない・・・ただそれだけである。
posted by 生出 at 23:08 | Comment(0) | その他