2015年03月10日

酒味寿・・・


 simizu.jpg

ここ数ヶ月の間、気になることがあった。「酒味寿」の灯りが消えていることである。福島市内で飲むのは一ヶ月に一回あるかどうかで、たまたまそのタイミングで店が閉まっていただけかもしれないが・・・。カーテンに閉ざされた店内が、やはり気になるのである。

意気消沈しているところに現れたのが・・・

 yoruno-miyamorisan.jpg

・・・宮森さんであった。車輛は車道を、歩行者は歩道を歩きましょう(笑) 酔っぱらったオヤジは困ったものである。自分もだけど・・・。ちょっとわざとらしい展開でした。
posted by 生出 at 08:21 | Comment(2) | 馴染みの店

2015年02月27日

珈琲舎「雅」のカウンターにて


 pen.jpg

僕が見たところ、食堂に置かれている本で多いのは「ビッグコミック」と「ビッグコミック・オリジナル」。大方の食堂に置いてあるようだ。馴染みにしている「あたごや」さんにも、この2誌があって注文が出来上がるまでの時間、ぱらぱらとページをめくりながら時間をつぶす。お気に入りは「ゴルゴ13」「三丁目の夕日」「深夜食堂」「C級サラリーマン講座」である。お客さんが少ないときは、数冊まとめて手元に置き・・・行儀は悪いが・・・食べながら見るのであった。

一方、「珈琲舎・雅」さんにはコミックなどは少ない(深夜食堂とテルマエ・ロマエ、ともに単行本がある)。コーヒーをいただくとき、たいていは常に携行しているMacbookでウェブ閲覧をしていることの方が多いのだけど、気になる雑誌などがあるとそちらを見る。

先週、マスターから「興味ありそうな内容ですよ」と薦められたのがCCCメディアハウスから発刊されている「Pen」だ。今回の特集は「最後に聴きたい歌」である。具体的な内容は雅さんで見ていただくとして、僕にとって「最後に聴きたい歌」ってなんだろう と真剣(?)になって考えてみた。

鞄からiPodを取り出しCover Flowをグルグルしながら、あれもこれも・・・とついつい欲張ってしまう。外せない曲がたくさんありすぎて「これっ!」と決めるのは不可能。全部聴きたいし、まだ十分に聴いていない曲だってたくさんあるし・・・。

ふと思ったのは、もし今日が人生最後の日だとして、残された時間は当然限られているわけだから、そんな境遇で音楽を聴いていられるだろうか?ということだ。会いたい人、行きたい場所、食べたいもの、飲みたいもの、言っておきたいこと、そして撮っておかなければならないもの、などなど・・・ すべてを満たしたいと思うのが人情だろう。人生最後の日に、どう頑張ってもそれは無理。

で、また思ったのは・・・ならば可能な限り欲望を満たすように生きようじゃないの・・・と。欲望・・・こう書くと、何か無節操且つ破廉恥に思われるかもしれないけど・・・いずれ人生は有限なのだから遠慮する必要はない。欲望を満たすためなら何でもします(笑)    
posted by 生出 at 08:04 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年02月25日

お知らせ


 information1.jpg

というわけで、宮森さんがこのようなサービスを始めました。興味のある方はぜひご連絡してみてください。上記の連絡先は携帯へとありますが、看板の電話番号にお願いいたします。市外局番は024です。なお宮森さんのご都合で連絡が取れないこともあります。そんなときは何度かチャレンジしてみてください。

 information2.jpg

フィルム、プリントの現像液につきましては富士フィルムのサイトを参考にしてください。見てもよくわからないという方は宮森さんにお訊きください。
posted by 生出 at 08:00 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年12月30日

煮込みカツ丼


 boiled-and-a-pork-cutlet-bowl.jpg

今年もあと一日を残すのみ。あたごやさんの年内の営業は本日が最終日だった。この一年、自分へのご褒美として煮込みカツ丼を食べたのであった。

僕のカツ丼の食べ方であるが、まずはじめに一切れのカツを丼の脇に置き、ご飯を露出させる。白く輝くご飯から箸をつけるのである。二切れ目のカツ、白いご飯、三切れ目のカツ、白いご飯・・・これを繰り返す。そして最後はいちばんはじめ脇に置いたカツを〆としていただくのである。

カレーを食べる時も、カレーのかかっていないライスからいただくのが僕の流儀である。ちなみにアンパンもアンの入っていない部分をまず片付けてから核心部分を攻めるのであった。さらに・・・めったに口にしないグリコのポッキーはチョコのかかっていない部分をポキポキと折ってからチョコでコーティングされた部分をいただく・・・。

それが何なの?と訊かれても困るのだが、僕は物心がついてから、ずっとこんな感じで食べていたのであった。食べ方が生き方に通ずるのかどうかはわからないけど、人それぞれ、いろいろあっていいのではないでしょうか?

あと一日となった今年も、どう過ごすかは・・・もちろんあなた次第です。
posted by 生出 at 23:56 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年12月22日

半チャンラーメン


 Half-fried-rice-and-Chinese-noodles.jpg

あたごやさんの「半チャンラーメン」である。一粒で二度美味しいのがアーモンドグリコだが、半チャンラーメンを口にすると、単品を頼むより数倍、舌が、腹が満足するのであった。それぞれのいいところがコラボすることで引き出されるのである。理想的なコラボと云っていいであろう。ラーメンにチャーシューが2枚入っているところも大きなポイントだ。
posted by 生出 at 23:00 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年12月21日

一足早くメリークリスマス


 xmas-cake.jpg

クリスマスも目前の今夕、うつわのマスターは早くもクリスマスケーキの作成に勤しんでいた。一年に一度、僕が口にするケーキは、うつわのマスターが作ってくれるこのケーキなのである。一足早くメリークリスマス!なのであった。
posted by 生出 at 22:59 | Comment(4) | 馴染みの店

2014年11月07日

珈琲の苗木


 miyabi1.jpg

磐梯山や安達太良山、そして吾妻小富士もすでに初冠雪し、市街地では落ち葉がカラカラと音を立てて足早に目の前を通り過ぎて行く。昼下がり、珈琲舎雅にていつものブレンドを頼む。器の中に青い空と白い雲が映っていた。窓辺に置かれた小さな鉢が目に入る。

マスター曰く「珈琲の苗木です」と。豆は幾度となく目にしているものの、苗木ではあるが、珈琲の木を見たのは初めてである。形状はブナの幼木にも似ているなと思った。葉の色艶はこちらの方がツヤツヤしている。

 miyabi2.jpg

窓辺からカウンターに下ろしてこんにちは。いまはまだ手のひらに乗るほどの大きさだけど、いずれは花を咲かせ、そして実を付けるだろう。桃栗三年というけれど珈琲はどのくらいなんだろう?珈琲の花は見たことがないけれど、白い花を咲かせるそうな。そしてジャスミンの香りがするらしい。

淹れたての珈琲を口にしながら、そう遠くないであろう将来、この苗木の成長した姿を想像したのであった。
posted by 生出 at 12:59 | Comment(2) | 馴染みの店

2014年10月15日

オムライス


 an omelet containing fried rice.jpg

前日に引き続き「あたごや」さんのメニューの中からオムライスをどうぞ。こちらはすでに(2012年8月26日)紹介済みだが、改めて見てみるとボリュームのあることに気づく。卵焼きの両端からチキンライスがはみ出している。添えてあるものは季節によって変わるが、満腹感は変わらない。この年になると、他店によくある「喰い放題」や「お代わり自由」に触手は動かないものの、たまに満腹感を味わいたいときに「あたごや」さんのオムライスを食すのであった。
posted by 生出 at 12:50 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年10月14日

チャーシューメン(手打ち麺)


 chinese-noodle-soup-topped-with-roast-pork-.jpg

「あたごや」さんの手打ちチャーシューメン。麺はモチモチで僕好み。好みは人それぞれだろうが、このチャーシューメンに関しては少々のびても美味しくいただける。以前ブログに書いたが、昼時になるとあたごやさんの駐車場はすぐに満杯。毎度、時間をずらして行く。それでもタイミングが悪く停めることが出来ず、泣く泣く引き返したことも多々あった。
この日も午後一時半過ぎだというのに、店内にはけっこうお客さんがいた。車はなんとかギリギリセーフで停められた。

シンプルな構成のチャーシュメンである。これでいいのである。世の中には創造性豊かなラーメンがあることも知っている。でも結局はここへ戻るのである。鮭が産まれた川へ戻るように・・・。例えがちょっと違った? このスープから僕が産まれたと思えばいいのさ。
posted by 生出 at 21:55 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年10月09日

十三夜の集い


 jyusanya2.jpg

10月6日は旧暦の9月13日だそうで、この日は十三夜といい、中秋の名月「十五夜」についで美しい月と云われているそうな。それで日ごろ美を愛でる同志達が宮森さんのマンションに集い、月を見ながら一献傾けようということになった。飲み会の趣旨をきちんと、このように掲げるというのは実はとても大切なことで、宮森さんが手間ひまかけて作ってくれたのだが、頭の下がる想いである。

 jyusanya.jpg

宮森さんの部屋はきれいに整理されていて、雰囲気は学生の頃に訪れた友達の部屋のようだった。なのでモノクロ調に仕上げ、ややノスタルジックな感じにしてみた。もう少し粗粒子にしてもよかったか・・・。

差し入れていただいた二升のポン酒が残ったのかどうかは定かではないが、ひとつだけ確かなことが・・・気がつくと時間もだいぶ回ってしまい、いつの間にかお月様がビルの陰に隠れてしまい見ることが出来なかった。千鳥足の帰り道、十三夜の月のことはすっかり頭から飛んでいた。

結局、単なる酒飲みになってしまったわけだ。
posted by 生出 at 12:46 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年08月13日

Le Tirage


 Le-Tirage1.jpg

今年もそんな季節がやってきた。ほぼ一年ぶりの「Le Tirage」である。思わずレンズを向けてしまう佇まいである。

 Le-Tirage2.jpg

今回は赤ワインで・・・。

 Le-Tirage3.jpg

鴨の肉。やわらかい。美味。

 Le-Tirage4.jpg

酔いもだいぶまわってきた。ピントを合わせるのもつらい。ホテルに戻ったのは12時を少し回ったあたりだったか・・・。また来年・・・と思うのであった。
posted by 生出 at 08:05 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年05月25日

宮森さんが・・・

 
 miyamorisan1.jpg

呑み喰い処「だいじょうぶ」のカウンターに宮森さんが・・・。

 miyamorisan2.jpg

珈琲舎「雅」の窓をのぞくと宮森さんが・・・。

近々宮森さんから重大な発表があるようだ。正式発表は6月中旬以降になるとか。
posted by 生出 at 07:51 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年05月15日

独り酒

 
 daijoubu.jpg

この日は無性に飲みに行きたかった。で、ふらりと「だいじょうぶ」に立ち寄る。頼む品はたいてい決まっている。おまかせファイブ(焼き鳥のおまかせ5本セット)、サラダ、冷や奴、あとその日のお薦めのメニューをチョイスする。この日のお通しはモツ煮であった。

マスターも手が空くとカウンターに座りテレビを視ている。相変わらずくだらない番組が多いな、と思いつつもついつい眼がいってしまう。

入り口に何か動く影があったので見に行ってみると野良猫だった。

 cat.jpg

物欲しそうに店の中をのぞいている。人慣れしているところをみると、お客さんからおこぼれを頂戴するのが常なのだろうか?風体から判断するに、野良猫であるのは間違いないだろう。

ふと疑問に感じたのは飼われていない猫はなぜ野生の猫ではなく野良なのだろうか?ということだ。野良なのか野生なのかの線引きをどこですればいいのかはわからないが、飼われていない猫イコール野良という図式は、きっと誰の頭の中にもあるだろう。ツシマヤマネコは野生種であることは疑いの余地はない。大自然の中に生息していれば野生なのだろうか?

ずいぶん前だが、土湯峠のかなり標高の高いところに猫がいた。なんでこんなところに?と思ったが、きっと捨てられたのだろうな・・・と。その猫のその後はわからないが、たくましく生き抜いていれば、これは立派な野生の猫と云っていいだろう。

人と関わりをもたなければ生きていけない彼らの境遇を不憫に思ったのだった。同時に、「独り酒」で悦に入っている僕の姿も、人様からは「不憫な奴」と思われているのかもしれない(笑)
posted by 生出 at 08:58 | Comment(0) | 馴染みの店

2014年03月06日

おんねん

 
 on-nen-kun.jpg

昨日のブログで宮森さんのオブジェ「おんねん」を紹介したところ、ある方からよく見えない、とのご指摘をいただきましたのでアップの写真を掲載いたします。なお正式名称は「温念くん」だそうです。シュールな作品です。
posted by 生出 at 22:31 | Comment(2) | 馴染みの店

2014年01月17日

OZマガジン

 
 oz.jpg

OZ(オズ)マガジンの最新号に珈琲舎雅さんが掲載されています。お求めは書店でどうぞ。珈琲を飲みながら、掲載された写真と実際のマスターを見比べてみるのも一興かと。
posted by 生出 at 08:25 | Comment(2) | 馴染みの店

2014年01月16日

昼下がりの珈琲舎“雅”


 miyabi.jpg

今冬は各地で厳しい寒さを記録している。北海道ではマイナス29.5度まで下がったとか。体感気温はもっと低かったに違いない。昨日の裏磐梯はマイナス13度だった。寒さに強いと自負しているものの、しっかり防寒をして撮影にのぞんだのだった。

冷えきった身体を「雅」の珈琲で暖める。花瓶に生けられた一輪のチューリップで心もほっこり。冬来たりなば春遠からじとはよく云ったもので、これから本格的な冬を迎えるのだが、ほんのちょっぴりだけど春のエッセンスを身近に感じたのだった。
posted by 生出 at 08:36 | Comment(0) | 馴染みの店

2013年12月28日

忘年会

 
 a-year-end-party.jpg

昨日は宮森さんを囲んでの忘年会であった。場所は呑み喰い処「だいじょうぶ」。おいしい酒と料理、そしてあれやこれやの楽しい話で大いに盛り上がりました。有志参加による二次会は「時代屋」だった。けっきょく部屋に戻ったのが12時を軽く超えてしまったのだった。それにしても楽しい時間はあっという間だなぁ〜。
posted by 生出 at 23:45 | Comment(2) | 馴染みの店

2013年12月23日

今日はイブイブ

 
 xmas.jpg

今日はイブイブ。昨年に引き続き、うつわのマスターからケーキをご馳走になってしまった。しかし一年、あっという間である。

昨日から作りはじめたそうで、お手製のケーキを楽しみにしている常連さんが何人もいるそうだ。僕がケーキをいただいている間にも四人ほどのお客さんが来て引き取っていった。どなたも満面の笑みを浮かべていた。

今年も残すところ8日である。来年は例外無く誰もが笑っていられる年になりますように・・・。そう願わずにはいられない。
posted by 生出 at 21:49 | Comment(2) | 馴染みの店

2013年09月26日

名器見参

 
 maccho-u.jpg

これまでに、いろんな器を見てきたけれど、これほどインパクトの強いものはなかった。「珈琲舎雅」で出会った岡部耕太郎氏の作品だ。デザインはご覧のとおり。遊び心で右に出るものはないだろう。しかしこの作品の真骨頂は、デザインの奇抜さとは裏腹に使いやすさにある。腕と足の間に指を絡めてみると・・・これはもう癖になるくらい気持ちがいい。この感触はたまらない。図らずもその行為を繰り返してしまう。そうすることを身体が欲するのである。この器があれば他のカップはいらない・・・と思うくらい完成度が高い。マスターも「単に奇抜なだけでなく、使いやすさも考慮しているところが魅力です」と云っていた。「うん、そのとおり」と僕。

昨日まで栃木県益子町の「益子時計」で作品展が行われていたようだ。いつか雅さんでも開催してくれればなぁ〜と、小さな声でリクエストをしておきます。他の作品もぜひ見てみたい。心と身体を満たしてくれる器は、そうはありません。正に名器と呼ぶに相応しい。ひさしぶりに一目惚れをしました。
posted by 生出 at 23:25 | Comment(2) | 馴染みの店

2013年08月29日

植物の名前


 name-u.jpg

珈琲舎雅にて。美味しい珈琲を飲みながら、カウンターの隅を見ると小さな鉢植えがあった。何気に植物の名前を見ると、なんともかわいらしい名札があった。「子猫の爪」「野うさぎ」だって。名前を見ただけで思わず「ほしい〜」と声を出す女子もいることでしょう(笑) 僕はもちろん無言です。

時間があったので、動物の名前を冠した植物が他にもあるのか調べてみた。

熊童子 緑亀の卵 落日の雁(らくじつのかり) カメレオン クロコダイル 胡蝶の舞 白蝶の舞 緑蛇(みどりへび)小亀姫(こがめひめ)松虫 クロトカゲ イヌソラマメ イヌノフグリ ウマノアシガタ オケラ カマキリソウ サギソウ サギシバ サギラン スズメノコメ タヌキマメ ネコジャラシ ハクサンチドリ ハエトリソウ ヒツジグサ ヒヨコグサ ブタクサ ヘビノコンニャク マムシグサ リュウノヒゲ・・・ちょっと検索しただけでもこんなにあった。それぞれどんな姿形をしているのか、調べてみるのも面白かも。
posted by 生出 at 12:54 | Comment(0) | 馴染みの店