2017年07月15日

鈴木佳世作品展、本日最終日


 _0148114.jpg

それにしても暑い日が続きます。連日の真夏日、猛暑日にいささかグロッキー気味です。涼を求め珈琲舎雅を訪れると、コスモスの花が目に入ってきました。バックの作品は、鈴木佳世さんの作品です。

 _0148142.jpg

連日のようにファン、とくに多くの女性が訪れています。今日が最終日です。もう午後になってしまいましたが、まだの貴方、ぜひお越しください。
posted by 生出 at 12:27 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年07月12日

円盤餃子


 _0067952.jpg

福島市霞町にある居酒屋「たかのは」の円盤餃子である。ここは馴染みの店とまではいかないが、幾度かお邪魔したことがあった。でもなぜか餃子のことは記憶から飛んでいたのである。なんでだろう。

というわけで今回はしっかり証拠写真を撮るとともに、じっくり味わったのであった。

美味であった。たしかこれで二人前だったと思う。あっというまに皿は空いた。

 _0067995.jpg

こちらは野菜炒め。テーブルにのってから数分で3分の1ほど消費されている。焼き鳥も美味しかった。
また行こう(笑)
posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年07月11日

暑気払い


 _0078083.jpg

連日のように猛暑日が続く福島である。いっぱいやりましょう!ということで、宮森さんを囲んでの暑気払いを、いつもの「だいじょうぶ」で行った。それにしても暑い!カウンターに座ったオヤジ達の熱気も猛暑日の遠因?ときにヒートアップするのもいいだろう(笑)
posted by 生出 at 08:17 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年06月30日

鈴木佳世 作品展開催中


 _0297842.jpg

珈琲舎雅開店13周年、Roccia開店1周年を記念して陶芸家鈴木佳世さんの作品展「ひとり時間」が開催されています。すでに6月24日から開催されていて、7月15日(土)までの会期です。思わず手にとってみたくなる暖かみのある作品が雅、Roccia両店内に飾られています。

詳細は珈琲舎雅のブログをご覧ください。

 _0267823.JPG

窓辺に飾られている作品達。心がほっこりする世界観に溢れています。
posted by 生出 at 07:52 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年05月23日

アイスコーヒー


 utsuwa-ice-coffee.jpg

ここ数日、真夏日の福島県内。今季初のアイスコーヒーを珈琲舎うつわで注文した。この瞬間から僕にとって季節は夏なのである。氷のカランカランという音が涼しさを誘う。

 miyabi-ice-coffee.jpg

こちらは珈琲舎雅のアイスコーヒー。昨日の福島市内はもう少しで35度に手が届く猛暑。長時間、外に身を置くのは無謀と云うもの。そんなときは水出しコーヒーで一息つくのもいいだろう。ここは正にオアシスなのである。
posted by 生出 at 08:18 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年05月13日

あたごやの味噌ラーメン


 miso_0135645.jpg

ここ数年、大人気の食堂「あたごや」さん。お昼時など駐車場が空いているのは稀である。泣く泣く帰ることが幾度となくあった。今日は12時ちょい過ぎだったにもかかわらず、すんなり停めることができ超ラッキーであった。本日頼んだのは味噌ラーメン。美味しくいただいた。

三月下旬に仙台から来た客人を案内した。一般人ではあるが調理師免許を持ち、味にはシビアな感覚の人物である。店に入るなり言った言葉が「あたごや」さんの本質を言い得て妙であった。「正しい食堂の匂いがする」と。
posted by 生出 at 23:53 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年04月06日

雅の木


 P3302127.jpg

珈琲舎雅の扉を開けると、まずマスターのウェルカム、そして入り口左側におかれた木からもウェルカム。僕はウェルダム、腕を噛む・・・と村上ショージのギャグを悟られないように、そっと呟く・・・。

さて、この木は2012年11月25日にブログで紹介して以来の登場。約4年ぶりに撮影をした。木は成長にともない、鉢も交換されていて、なにより背も伸びた。けっきょくこの木が何と云う名前なのか・・・いまだにわからない。カウンター席に座り、たまにこの木の視線を感じながら、美味しい珈琲をいただくのが、僕の至福の時間なのである。
posted by 生出 at 08:20 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年03月17日

独り酒


 daijoubu1.jpg

毎度お馴染み「呑み喰い処・だいじょうぶ」である。先週末、ふらりとよってみた。午後6時20分くらいだったかな。

 daijoubu2.jpg

とりあえず生をひとつ。お通し突っつきながら喉を潤す。

 daijoubu3.jpg

まずは焼き鳥を。つくね、ネギ間、レバー・・・など。「おまかせ5」という「だいじょうぶ」の定番メニューだ。

 daijoubu4.jpg

2杯目の生は「冷や奴」で。

 daijoubu5.jpg

3杯目は「ポテトサラダ」を頼む。ゆで卵はマスターのサービスだ。ラーメンに使うやつ。

 diajoubu6.jpg

3杯の生では、ちょっと口寂しかったので、〆は麦焼酎の水割りを。時計は9時を少し回ったところだったように記憶している。会計を済ませ、よろよろと宿へと向かったのであった。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(4) | 馴染みの店

2017年02月27日

写真の店「宮森」日本カメラに掲載!


 pon-came.jpg

宮森さんのお店が「日本カメラ」に掲載されました!・・・と云っても2011年の話です。お披露目するまでに、かなり時間がかかってしまいました。

 pon-came2.jpg

あれから5年5ヶ月が経過してデジカメシーンも今は昔・・・です。しかし宮森さんのお店は、あの頃とあまり変わっていません。フィルムカメラへの情熱は微動だにしていません。様々なことが、ものすごいスピードで変わってしまう現在、生き残るためにはライフスタイルを変えざるを得ないこともあるでしょう。それは人それぞれです。

けっして器用とは云えない宮森さんですが、時を経てなお、変わらぬ店内の空気感は、店主そのものの生き様が反映されているからなのでしょう。

高級機、実用機は少なく、初めて訪れた人は、そのカオスに呆然とするかもしれません。しかし取材をした中村文夫氏も云っていたように「福島の隠れた名店」の趣は本物であると確信しています。
posted by 生出 at 22:05 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年01月28日

新年会


 miyamorisan.jpg

早いもので一月も、あと数日を残すのみ。昨日は宮森さん、Yさん、そして私の三人で呑み喰い処「だいじょうぶ」にて新年会を行ったのであった。話は興に乗じて大いに盛り上がり会計を払う段になって、ようやく記念写真(笑) カウンターの上には飲み代がすでに用意されている生々しい瞬間である。

 ofutarisan.jpg

我々が帰ろうというところに入ってきた、こちらのお二人さん。すでにベロベロに近い状態。どこの誰かは知らないけれど、ピースサインを出すので反射的にシャッターを押してしまった。後日、だいじょうぶの大将にプリントを渡しておこう。もしかしたら撮られたことを忘れているかもしれないけれど・・・。
posted by 生出 at 16:30 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年01月05日

珈琲舎雅、営業開始!


 miyabi2017.jpg

夜遅くになってしまいましたが・・・本日より珈琲舎雅が通常営業を開始いたしました。ブログによると新年恒例のお買い得な豆セットは、すでに完売してしまったようです。

今年もまた、美味しい珈琲を堪能させてもらいます。
posted by 生出 at 22:40 | Comment(0) | 馴染みの店

2017年01月02日

珈琲舎うつわ、営業開始!


 utsuwa.jpg

本日より珈琲舎うつわが営業を開始いたしております。皆様のお越しをお待ちしてます、とマスターも申しておりました。ふらりとお立ち寄りください。
posted by 生出 at 21:51 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年12月25日

クリスマスケーキ


 2016cake.jpg

クリスマスの夜、皆様いかがおすごしでしょうかぁ〜。私はいつもと変わりのない夜を送っていました。つまりはちびりちびり焼酎をなめながら・・・です。

珈琲舎うつわのマスター作ったクリスマスケーキ2016vr.がこちらです。今年も満面の笑みを浮かべながら持ち帰ったお客さんがいました。
posted by 生出 at 21:50 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年11月03日

鍋の前で・・・。


 nabe-no-maeno-miyamori-san.jpg

おいしい鍋を前にすると、こんな笑顔になる・・・これが普通でしょう。呑み喰い処「だいじょうぶ」で宮森さんが見せた最高の笑みです。これに勝る笑みは・・・そうはありません。
posted by 生出 at 22:57 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年10月08日

「アートぶらり〜」展はじまる


 art-buraly1.jpg

毎年恒例、蔵のまち「アートぶらり〜」展がはじまりました。今年で第16回になります。珈琲舎うつわでは能面師浅見晃司氏の作品がご覧いただけます。期間は10月31日(月)までで午前11時〜午後5時半までです。

 art-buraly2.jpg

皆さんのお越しをお待ちしています、と器のマスターも申しておりました。連絡先は0241−23−2250です。美味しい珈琲を飲みながら、ぜひ本物の作品をご覧いただければ幸いです。
posted by 生出 at 16:43 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年05月16日

鈴木登「パステル画」習作展


 A-pastel-drawing-exhibition.jpg

鈴木登さんの「パステル画」習作展が、喜多方市押切の珈琲舎うつわにて開催されています。毎年恒例の個展で、楽しみにされている方もかなりいらっしゃると聞いています。「6月4日(土)あたりまでは開催する予定」とマスターがおっしゃっていました。皆様お誘い合わせの上、おこしください。

尚、会場は珈琲舎うつわ二階ですが、上り下りの階段の傾斜がかなりきついです。足元にはくれぐれもお気をつけ下さい。女性の場合、マスターがやさしくサポートしてくれる・・・はずです。また・・・運が良ければ二階に棲みついているといわれている「座敷童」に遇えるかもしれません。
posted by 生出 at 08:28 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年04月16日

旅の途上


 miyamori-san.jpg

旅先で何気なく入った蔵の喫茶店。珈琲の芳醇な香り、そしてコクと深みのある味は、苦味しかなかった俺の人生とは大違いだ。俺の人生に足りなかったものが、この一杯の珈琲に詰まっている。

俺の人生、折り返し点は過ぎたかもしれないが、まだまだ人生と云う旅は続く。

さて、そろそろ駅へ行くか・・・。ゆっくり歩いても余裕で間に合う。人生の旅は今からだって十分に楽しめる・・・と宮森さんが思ったかどうかはわからない。今度訊いてみることにしよう。
posted by 生出 at 22:51 | Comment(0) | 馴染みの店

2016年01月25日

A FILM ABOUT COFFEE


 miyabi.jpg

こんな雰囲気が好きである。置かれているテーブル、椅子、器・・・それぞれがあるべくしてある、という感じで。壁に一枚のポスターが貼られていた。

 a-film-about-coffee.jpg

珈琲の映画が上映されるという。何気なく口にしている珈琲が辿った「壮大な冒険」を追ったドキュメント映画なのだとか(公式サイトはこちら)。なんだか面白そう。一杯の珈琲がどんなルートを経て、僕の目の前まで来るのか・・・。ぼんやりとしたイメージはあるものの、実際のところ、僕には持ち合わせの知識が無い。

3月5日から11日、「フォーラム福島」で上映される。なお6日午後5時〜、11日午前10時〜、それぞれ「珈琲舎雅」さんの淹れる珈琲が飲めます。美味しい珈琲を飲みながら珈琲の映画を見る、なんて洒落ているのでしょう。
posted by 生出 at 07:54 | Comment(0) | 馴染みの店

2015年12月28日

もうひとつのクリスマスケーキ


 xmas-cake.jpg

先日お披露目したクリスマスケーキには、別バージョンがあって、それを是非お披露目したかった。生クリームがチョコで、イチゴがサンタクロースなのである。イチゴのサンタは今年初めてだそうで「来年はぜひサンタクロースをお願いします」とリクエストをする常連客もいた。僕としてはイチゴの味はどんな形でも同じだろうと思うのだが、やはりそれではデリカシーがないと思われてしまうので、僕もサンタクロースが食べたいな、と云っておいたのであった(笑)
posted by 生出 at 17:37 | Comment(2) | 馴染みの店

2015年12月24日

クリスマスイブ


 cake2015.jpg

今日はクリスマスイブ。朝いちばんでラジオから流れてきたのが山下達郎の「クリスマスイブ」だった。たぶん今日一日でいちばん耳にするのがこの曲なんだろうね。

昨夜の話だが、珈琲舎うつわのマスターが創ったクリスマスケーキをご馳走になった。毎年クリスマスケーキを見ると今年も残り少ないことを実感する。甘さの質は異なるが、けっきょく自分に甘い一年であった。
posted by 生出 at 08:17 | Comment(3) | 馴染みの店