2018年12月06日

珈琲舎うつわ


 _C010755.jpg

11月30日(金)をもって店を閉めた珈琲舎うつわ。最終日は所用のため残念ながら伺うことが出来なかった。翌日ご挨拶のために顔を出す。店内は片付けが始まりつつあるようで、すでにCDが棚からテーブルの上に置かれていた。

せっかくなので記念撮影をさせてもらった。

去年の宮森さんのお店といい、こう立て続けに行きつけの店が無くなるのは、なんともやりきれない。帰り道、喜多方市内の風景が、いつもと違うように見えた。

きっと近い将来、新しい「うつわ」としてお会い出来ることを確信している。
posted by 生出 at 13:00 | Comment(2) | 馴染みの店

2018年11月26日

運命を左右するもの


 _B230563.jpg

シロとチビが「うつわ」の入り口を占拠していた。なるべく端っこを歩き、彼らの脅威にならないよう、そっと店内に入る。シロもだいぶ人に慣れてきた。

 _B230590.jpg

店内に入ると、チビはこんな顔をして「ニャーニャー」と鳴きはじめる。貰い手が見つかったことは先日ブログに記載した。僕にはどこの誰かはわからないけれど、どうか末永くかわいがってほしい。

シロは、またひとりになってしまうけれど、シロとチビの運命を変えたのは、やっぱし見てくれ・・・なのだろうな。
posted by 生出 at 12:52 | Comment(2) | 馴染みの店

2018年11月21日

うつわのチビ


 _0177427.jpg

あと数日で店の灯が消えてしまう珈琲舎うつわ。そんな思いが夕暮れ時の寂しさを助長する。

 _0177443.jpg

そんなことを知ってか知らずでか、チビは今日もおねだりにうつわにやって来る。マスターによると、あっという間に人馴れした可愛い子猫になったのだとか。閉店後のことが気になったのだが、チビをもらってくれる人も現れ、とりあえずは一安心である。

少し前までレンズを向けると逃げたのに、広角レンズでよっても動じない。日々生きる術を学んでいるのだろう。その術のいくつかはマスターから指導されたのかも?
posted by 生出 at 21:22 | Comment(2) | 馴染みの店

2018年11月19日

珈琲舎うつわ 閉店


 _B170471.jpg

平成10年6月に現在の場所で営業を始めてから20年。とうとう「珈琲舎うつわ」が閉店です。突然の連絡で、私も戸惑っています。青天の霹靂とはまさにこのことです。

 _B180493.jpg

きっとマスターも苦渋の決断だったのでしょう。ギターを弾く姿は、どことなく哀愁をおびていました。
posted by 生出 at 13:08 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年11月07日

新顔猫ちゃん


 _B030182.jpg

珈琲舎うつわで、いつものようにBGMを聴きながら珈琲をすすっていると、時折猫の鳴き声らしきものが入っているのに気がついた。曲が変わっても鳴き声が止まないので、振り返ってみて見ると・・・こいつがいたのであった。マスターによると、つい数日前から来るようになったとのこと。まるで何かをねだるかのように鳴いているのに、そばに近寄ると、さっと逃げてしまう。

今後、古顔シロとの関係はどうなるのだろうか?ちょっと心配している。
posted by 生出 at 12:45 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年09月25日

タマゴダケとカノシタ


 _0246079.jpg

珈琲舎うつわのマスターは、キノコの達人である。タマゴダケとカノシタをいただいた。さてどうやって食べようか・・・。


posted by 生出 at 21:54 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年08月20日

神谷明氏!ご来店!!


 IMG_22942.jpg

珈琲舎うつわの店内に何気なく貼られていたサイン入りのポスター。マスターに訊いたところ「神谷さんという人が来たみたい」と、素っ気ない返事(笑) 神谷明さんって北斗の拳とかキン肉マンとか・・・そのほかいろいろなアニメキャラクターの声優をやっているんですよと、説明をする。

マスターの話では「来年の冬、プライベートで来るらしいので、そのとき一緒に会津を案内してね」と(笑) 生の「あ〜たたたたたたぁ〜!」を聞けるか?
posted by 生出 at 12:47 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年08月13日

珈琲舎雅、本日はお休み


 IMG_2177.jpg

先週、マスターからお盆休みについて聞いていたにも関わらず、日頃の習性なのだろう、無意識に足を運んでしまった。雅は明日14日(火)から、お隣のROCCIAは16日(木)から通常営業です。お間違いのないようお気をつけ下さい。
posted by 生出 at 12:37 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年07月07日

カレーパスタ


 _0073907.JPG

珈琲舎うつわの裏メニュー「カレーパスタ」である。テレビ番組「秘密のケンミンショー」で会津若松の「カレー焼きそば」は、一気に全国に知られるところとなったわけだが「カレーパスタ」の存在は殆ど知られていないのが実情だ。

あちらは口にしたことはないが、カレーパスタは僕の中では喜多方の味なのである。ラーメンも焼きそばもいいのだろうが、僕は断然こちらをお勧めしたい。

もしマスターに時間的な余裕があるときは、食事をする目の前でマスターの弾き語りを生で聞くことが出来る。どうですか、いちど。メニューには載っていないが「生出が食べていたカレーパスタを」と言えば問題なくオーダーに応えてくれる。
posted by 生出 at 23:16 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年06月30日

猛暑日の夜


 _0293839.jpg

昨日、今日と猛暑日だった福島市である。こんな日は理屈抜きで生をグビグビやるに限る。酒飲み族であることを、我ながら幸せに思う瞬間なのである。今回は福島市の「おこぜ」が会場。少し遅れて写真家Y氏も参戦。

 _0293834.jpg

今宵のお勧めはこちら。牛タンのサッと焼は美味。かつを刺も美味かったぁ〜。床に就いたのは・・・12時半を回っていたようだ。
posted by 生出 at 22:18 | Comment(2) | 馴染みの店

2018年05月29日

最近の宮森さん


 _0253228.jpg

毎度!と店に入るとマスターの、あまり元気のない、やや無愛想な声で迎えられる(笑)店内はオヤジの巣窟という感じ。先週金曜日、お馴染み「呑み喰い処だいじょうぶ」で宮森さん、Yさんの三人で久しぶりの飲み会であった。お二方とも元気でお過ごしのようで何よりである。

 _0253207.jpg

正しいカメラの持ち方をジェスチャーしていたのかどうかは酔っぱらっていて記憶にないが、まぁ〜とにかく元気な宮森さんなのであった。なんでも最近ブローニーフィルムを購入したのだとか。近々、新作を拝める事であろう。
posted by 生出 at 08:39 | Comment(2) | 馴染みの店

2018年05月15日

冷やし中華やってます


 IMG_13372.jpg

夏の風物詩の「冷やし中華」。あたごやさんでは、すでに提供されております。例年より一ヶ月以上早いようです。
posted by 生出 at 12:44 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年04月30日

春の味覚、第二弾「ウドと鶏肉」の炒めもの


 IMG_1289.jpg

うつわのマスターからご馳走になったウドと鶏肉(ササミ)の炒めものである。またまた春の味覚をご馳走になってしまった。居酒屋のお通しとしても十分である。いや、お通しというよりはメニューに加えてもいいくらい。
posted by 生出 at 21:37 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年04月29日

春の味覚


 IMG_1266.jpg

ベーコンパスタを頼んだら、マスターが採りたてのコシアブラをタップリと入れてくれた。ほろ苦い味が、ベーコンの塩気とパスタの微妙な甘さと絡まって、これ以上のご馳走はない。

店を後にする際、コシアブラのお土産もいただいてしまった。早速茹でて醤油とマヨネーズでいただいたのであった。

 IMG_1273.jpg
posted by 生出 at 20:26 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年04月13日

喫茶店の日


 _0132067.jpg

今日4月13日は「喫茶店の日」なのだそうだ。1888年の今日、東京は上野に「可否茶館(かひいちゃかん)」が開業したことに由来している。いまでいうところのオーナー(マスター?)は長崎出身の鄭永慶(てい・えいけい)という人物。彼は英語、仏語、中国語が堪能で、たいへんなインテリだったという。

検索したら、きちんと調べた人がいて 資料(出典:公益財団法人 図書館振興財団)もあったので、ぜひご一読のほど。

先人の苦労を偲びながら飲む珈琲の味は深くコクがある。写真の珈琲はいうまでもなく珈琲舎雅である。
posted by 生出 at 12:44 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年02月01日

珈琲舎雅の窓


 _0260531.jpg

僕が福島県内に住んで30数年になるが、これほど寒さが続いたのも、雪の日が多いのも初めてである。例年、市街地は降った雪は数日で融け、それからまた降るのが普通なのだが、今冬は積もった雪がなかなか消えてくれない。新潟の佐渡では大規模な水道管破裂による断水で自衛隊に救助要請が出された。当初、暖冬という予報は大きく裏切られた。

営業時間中は暖かな店内だが、夜間の冷えの影響だろうか、チューリップもだらりんこ。それとも像の小物と話がしたかったのかな・・・。温かい珈琲を口にしながらBGMとチューリップ、像の会話に耳を澄ます至福のひととき。


posted by 生出 at 08:33 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月25日

白はいずこへ?


 _0210389.jpg

この前の日曜日に「うつわ」で撮影した野良猫の白である。食事を終え満足のポーズをとっている。数年ぶりの大寒波に包まれてしまった日本列島。この寒さの中、白は何処にいるのだろう?
posted by 生出 at 08:23 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月23日

雪中酒宴


 _0220418.jpg

昨夜来から福島市は雪だった。雪は美しい。そんな夜は「だいじょうぶ」で飲むに限る。というわけで暖簾をくぐったのであった。大した雪ではないが、テレビのニュースは大騒ぎである。

 _0220443.jpg

今年お初のだいじょうぶ、ビール数杯、そして焼酎の水割りと続く。食べ物はお決まりの焼き鳥から。

 _0220416.jpg

ほかポテトサラダ、マグロ納豆、めざし・・・をいただく。いつのまにか知り合いのYカメラマンも隣りにいて、しばし写真談義をする。〆は大盛りのカツカレーを彼と半分こにしたのだった。降りしきる雪の帰り道、ふらりふらりと歩いていたら、聞き覚えのある声が聞こえてくる。前を歩いている人に勇気を出して声をかけてみたら、なんとフォーク酒場でいつもご一緒しているT氏とK嬢だった。

それからミスドで珈琲を飲んで宿に入ったのが、たしか11時少し前だったかな。

今朝の駐車場の雪の状態がこんな感じだった。

 _0230521.jpg

福島市内で30センチ前後の積雪だった。かわいいものである。


posted by 生出 at 08:26 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月09日

手打ちチャーシューメン


 _0080218.jpg

馴染みの店、第三弾はあたごや食堂である。今年お初は手打ちチャーシューメンをチョイス。食後は、もちろん満足という言葉しかない。

考えてみると(別に考えなくてもだけど)・・・僕にとって珈琲舎雅、うつわ、あたごや食堂、居酒屋だいじょうぶの4軒があればいいのである。これまでに写真の店みやもりをはじめ、諸事情により看板を下ろした店はいくつもある。そのたびに無念な思いはしたものの、馴染みの店の代用はないのである。

新しい店との出逢いを求めつつも、この4軒とは末永くお付き合いが出来ればと願っているのである。
posted by 生出 at 08:24 | Comment(0) | 馴染みの店

2018年01月05日

珈琲舎雅、本日より営業


 _0040210.jpg


昨日の昼、いつもの習慣で・・・無意識のうちに珈琲舎雅の扉の前に立っていた。暮れに年明けの営業のことを聞いたにも関わらずである。思わず苦笑い。珈琲舎雅の営業は本日からです。
posted by 生出 at 08:33 | Comment(0) | 馴染みの店