2016年12月21日

横転事故


 car-accident.jpg

今朝は全国的に気温が高いと云う予報が出ていた。実際、会津若松市内を走っていると路温は5℃と表示されていた。四駆に入れることも無く後輪駆動で走行していた。しかし土湯峠はやはり別世界である。長いトンネルを抜けると・・・ツルツルの凍結路面が現れた。

福島側から上ってきたであろうトラックが横転していた。事故を起こして間もなかったのではないだろうか。上下共に一車線で凍結路面、ここで停車するのは危険と判断。数百メートル先に駐車スペースがあるので、そこから110番通報。ドライバーは無事だっただろうか?

お昼に土湯峠のライブカメラを見たところ、12時33分現在、まだ車線が規制されていた。

posted by 生出 at 07:53 | Comment(0) | クルマ

2016年12月12日

雄国へ


 70_C120253.jpg

気象条件などタイミングが合わなくて、冬の雄国へ足を運んだのは、実に3年ぶりのことである。積雪は10センチ弱というところだが、湿り気が多くて油断をするとハンドルを取られてしまう。登りも下りも細心の注意が必要。
posted by 生出 at 12:34 | Comment(0) | クルマ

2016年11月15日

三河小田川林道


 lc77.jpg

いちぶサイトで通行可能との情報があっったので、2012年以来4年ぶりに入ってみたが・・・結局通り抜けることはできなかった。いや、出来たかもしれないが、単独行では、どうしてもビビる気持ちが先行してしまう。ジムニーなら行けたのに・・・などと言い訳をするのであった。ジムニー、ほしい・・・。最近、ジムニーへの熱が再燃している。
posted by 生出 at 08:44 | Comment(0) | クルマ

2016年11月06日

雪の洗礼


 70.jpg

冬将軍の洗礼を受けてきた。場所は山形と福島を結ぶ赤崩林道である。山都町から飯豊町へ抜け、それから林道へとアクセス。数年前、路面は荒れ放題で、手に汗を握っての走行だった。大規模林道「飯豊檜枝岐線」が開通してから、全線を走行したのは初めてのこと。会津側は3年前の豪雨で、大きく路面がえぐられ、とても通行出来る状態ではなかった。

かなり足が遠のいていたので、どんなものかと入ってみた。山形側、会津側共に走行には大きな支障はなかった。ただ、最後の最後、会津側の入り口にロープが張られていて「路肩崩壊 通行止め」の看板が・・・。山形側には何も無かったのに・・・。仕方なくロープを外して抜けたのであった。
posted by 生出 at 17:36 | Comment(0) | クルマ

2016年09月08日

フロントグリル交換


 70-2.jpg

我70は、平成8年式なので、今年で丸20年をむかえたことになる。昨年、ボディの錆た部分の修繕を行ったのを機に、月に一回くらいのペースでワックスがけをしている。しかし以前から気になっていたのはフロントグリルの劣化であった。上の写真が交換前である。写真ではわかりづらいが、塗装が剥離しはじめ、一部下地が露出してきた。

 70-1.jpg 

今回、思い切って交換をしたのであった。70に光物などの虚飾は不要なので、どうせならと消防自動車仕様のグリルをチョイス。メッキ塗装のされていない地味なタイプで、取り付け後のスタイルは、いかにも道具っぽくて気に入っている。えっ、わからない?それが普通の感覚なのでご心配なく。

 70-3.jpg
posted by 生出 at 08:40 | Comment(0) | クルマ

2016年07月04日

スピーカー交換


 speaker1.jpg

いつのころからか、ボリュームをさほど上げていないにも関わらず、低音がびびるようになってしまった。仕方なく低音を抑えるセッティングにしていた。低音を効かせるのが好きなので物足りないったらありゃしない。もともと直径が10センチのスピーカーなので、重低音はのぞむべくもなかったのだが・・・。

原因はスピーカが、ご覧のように破けていたためだった。しかし、こんなこともあるんだなぁ〜。新しく取り付けたのはカロッツェリア「TS-J1010A」である。

 sperker2.jpg

70の場合、スピーカーの取り付け位置が、どうにもよろしくない。基本設計が80年代中頃の車なのだから、まぁ〜仕方ないか。交換後、普通に音が聞こえるようになって満足している。 
posted by 生出 at 08:12 | Comment(0) | クルマ

2016年05月24日

車検


 LC77shaken.jpg

70は4ナンバーなので車検は毎年行わなければならない。ちなみに自賠責保険1万7270円、重量税1万8900円、印紙代1100円、代行料7000円、消費税が560円の合計4万4830円である。毎年のお約束はブレーキパッド交換、エンジン、ミッション、デフなどのオイル交換。たぶん今回は致命的なデメージはないだろうから、すぐに終わると思う。
posted by 生出 at 08:21 | Comment(0) | クルマ

2016年05月05日

玉川林道


 _5050694.jpg

南会津、里の桜もほぼ終わり、新緑の眩しい季節となった。昨年の今ごろと比べてみると、林道に残雪は無くストレス無く走ることが出来る。なんだか物足りないというのが正直なところである。例年だと冷湖の霊泉にすらたどり着けないのだけど、今年は難無くクリア。こうなると人は贅沢なもので、立ちはだかる壁があればなぁ〜・・・などと我が儘なことを思うのである。
posted by 生出 at 22:56 | Comment(0) | クルマ

2016年03月10日

三菱Jeep


 L1130971.JPG

細降る雨の中、懐かしい車と遭遇した。三菱Jeepで ある。こちらのヘッドライトのあたり具合で白っぽく見えるが、ボディカラーから判断するに最終限定車ではないかと思われる。あれほど走っていたJeep も、気がつくと目にする機会はほとんどなくなっている。前後共に板バネのクロカン車の代表と云えば、ほかにJimny-SJ30、JA11、 Landcruiser40、60、70系がある。基本的な構造はどれも同じ。そんなことからこの三台には親近感を覚えるのである。

 L1130972.JPG

ひさしぶりに目撃したJeepと、ほんの少しの間、ランデブーをしてみたのであった。
posted by 生出 at 07:44 | Comment(0) | クルマ

2016年02月03日

ようやく・・・


 77.jpg

1月31日の雪の壁はご覧の通り。桧原湖も何とか全面結氷に近い状態になった。ようやく湖上にワカサギ釣りのテントが張れるようなった。今日は節分、そして明日が立春。福島市の花見山ではすでにロウバイも終わりを告げ、マンサクが咲き始めたようだ。先を急ぐ季節に「ちょっと待って!」と自制を促したい。
posted by 生出 at 07:52 | Comment(2) | クルマ

2016年01月26日

一瞬の出来事。


 Traffic-accident.jpg

皆さんも、雪道には気をつけましょう。
posted by 生出 at 22:25 | Comment(9) | クルマ

2016年01月18日

フォグランプ


 fog.jpg

けっきょく新調する羽目になったフォグランプである。前回同様IPFの「SUPER OFFROADER/900 H3 24V」をチョイスした。リレーなどは使えるようだったので、そのまま流用した。
posted by 生出 at 07:41 | Comment(0) | クルマ

2016年01月12日

雪不足


 77.jpg

今さら云うまでもなく暖冬である。雪がほとんどない。たしか一年前の今ごろ、桧原湖は結氷していたように記憶している。しかし今冬はいまのところ、その兆しがまったくない。

写真は裏磐梯「野鳥の森トンネル」で撮影したもの。昨年2月11日、ブログにアップした写真(撮影は1月だった)と比べると、その差は歴然だ。このままだと桧原湖が全面結氷しないで春をむかえてしまうかも・・・。さていかに?
posted by 生出 at 08:22 | Comment(0) | クルマ

2016年01月05日

フォグランプが・・・


 foglight1.jpg

フォグランプが切れてしまった。バルブ交換のためにカバーを外したところ・・・。

 foglight2.jpg

本体はご覧のように朽ち果てていて、中が丸見えの状態に・・・。まさかと思って もう片方も見てみると・・・。

 foglight3.jpg

案の定、同じようにぽっかり穴が開いていた。春風亭昇太じゃないけれど、思わず「それじゃだめじゃん!」と叫んでしまったのであった。

何かと手のかかる70である。
posted by 生出 at 08:20 | Comment(0) | クルマ

2015年11月14日

77復活


 77-1.jpg

気がつけばボディのあちこちに錆が発生していた我77である。走りそのものに影響はないものの、多少の見栄もあって思い切って修繕をすることにした。

 77-2.jpg

錆の箇所は数カ所に及んでいた。見える箇所だけで5カ所以上、見えない箇所でも錆が進んでいた。このたび修繕が完了し約1ヶ月ぶりに戻って来た。それで早速記念撮影。

 77-3.jpg

これからはマメにワックスをかけてやろう。
posted by 生出 at 22:29 | Comment(0) | クルマ

2015年05月10日

駒止湿原、再チャレンジ


 street-closed5.jpg

一週間前、残雪に阻まれた林道へふたたびチャレンジした。昭和村側から駒止湿原へ向かう林道である。無理なことはわかっていた。時間と油を無駄にしていることも重々承知している。でも・・・行きたかったのだ。

この一週間でだいぶ融けていて、林道の起点から2キロ弱は進めたが・・・やはり思った通りの結果だった。あと一週間もすれば冷湖の霊泉までは行けるかもしれない。

別に意地になっている訳ではない(笑) 5月になってから似たような写真が続いている(汗)
posted by 生出 at 22:54 | Comment(0) | クルマ

2015年05月07日

三ノ倉林道


 san-no-kura.jpg

飯豊連峰を背景に山桜を撮ろうと三ノ倉林道へ入った。ここもまた残雪に行く手を阻まれてしまった。起点から約5キロちょっとの林道。この先は数百メートルで行き止まりとなる。ちょっと手前では新しい林道の工事が始まっていた。

進行方向、左側に飯豊連峰が見えるのだが、樹木の成長は思った以上に早く、視界が利かなくなっていた。仕方なくルーフキャリアの上に乗って、辛うじて撮影することが出来た。それが下の写真である。

 iide-renpou.jpg

あと数年も経つと、ルーフキャリアからも撮影するのは難しくなってしまうだろう。まぁ〜自然は生きているので致し方ない。あきらめが肝心である。

posted by 生出 at 23:28 | Comment(0) | クルマ

2015年05月04日

残雪、惨敗記録のびる。


 street-closed3.jpg

会津美里町のとある林道。柳津町を目指そうとしたが、たっぷりの残雪で断念。そして気を取り直し駒止湿原を目指すが、しっかりゲートが下りていた。こちらは南会津町側。

 street-closed1.jpg

ダメもとで昭和村側へ車を走らせる。案の定、残雪に阻まれたのだった。

 street-closed2.jpg

行ってみなけりゃわからない。惨敗記録がのびてしまったが、自分の眼で確かめられたことに納得をした僕なのであった。
posted by 生出 at 22:07 | Comment(0) | クルマ

2015年04月29日

残雪


 lc7729680.jpg

今年の桜前線は例年に比べて一週間ほど早かったようだ。福島県内も主だった桜はほぼ終わりをむかえつつある。あとは標高の高いところの山桜を待つのみである。春の訪れは早かったものの除雪されていない林道は、ご覧のとおりの残雪だ。場所は裏磐梯の秋元湖畔。

林道の途中にある小さな水たまりは、ふ化したばかりのオタマジャクシで大賑わい。枯れ葉を美味しそうに食べていた。

 otama.jpg

生命力溢れる春と、ようやく目覚めたばかりの早春の二つを味わった一日であった。
posted by 生出 at 16:42 | Comment(2) | クルマ

2015年04月22日

ひさびさに・・・


 LC40.jpg

ランドクルーザー40を目撃した。福島市内の国道115号線、福島西インター付近だった。まだ走っているんだね。詳しい年式などは知る由もないが、最終型だとしてもすでに30年は経過している。元気に走る姿を見るだけでもうれしくなってしまう。40に興味のあるあなた、ぜひこちらをご覧ください。
posted by 生出 at 22:00 | Comment(0) | クルマ