2014年05月13日

ミノルタα7000

 
 α7000-1.jpg

ミノルタα7000が世に出たのは1985年のことだった。その衝撃はいまでも覚えている。遂に来るべきところまで来たか!との印象を持った。

写真撮影の難しさに絞りとシャッタースピードの組み合わせがあるわけで、適切な値を瞬時に設定するのは、どうしてもそれなりの経験が必要だった。プロやハイアマにとって、それは腕の見せ所であったわけだが、すでに露出のオート化は、かなり前から進んでいて、絞り優先、シャッタースピード優先、そしてプログラムオートと、各社がしのぎを削って、より精度の高いオート露出が開発されていた。

そして最後に残されたのがピント合わせのオート化だった。すでにコンパクトカメラではオートフォーカス機能が取り入れられ、一般コンシューマにも受けいられていた。

このカメラにはいわゆるダイヤルがない。ボタンを押して機能を選択する訳だ。いちど機能を合わせれば、あとは人差し指でシャッターボタンを半押しにすればいいのである。極端な光線状態でなければ合焦、露出はこれでOK(オートフォーカスの出始めの機種なので、もちろんいまのような精度は望むべくもないけど・・・)。

 α7000-2.jpg

このカメラが出たおかげで、左手はおヒマをいただくことになった。たまにカメラに手を添えるくらいで、基本的には大方右手の操作で事足りる。これが技術の進歩の恩恵を受けるということなのだろう。すでにオートマチック車では、左足が失業して久しい訳で、左手、左足は、今後時代が下れば、退化してしまうのでは?と危惧している僕なのであった。
posted by 生出 at 12:49 | Comment(0) | フィルムカメラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]