2014年02月20日

HELL FREEZES OVER

 
 hell-freezes-over.jpg

Eaglesの名を聞けば、最大のヒット曲「ホテルカリフォルニア」を思い出すご同輩も多いことだろう。ロック史に燦然と輝く名曲中の名曲。Eaglesの楽曲はロックのダイナミズムとカントリーミュージックの暖かさを融合させた新しいサウンドで、多くのファンの心をつかんだ。

バンドにはありがちなことで、Eaglesもご多聞にもれず音楽性の相違とか、メンバー間の確執により1982年に解散している。

「Hell Freezes Over」は1994年、Eagles再結成を機ににリリースされたアルバム。全15曲のうち4曲が新曲(スタジオ録音)、11曲はMTVのライブを音源としている。

ライブ音源はアコースティックサウンドが中心。オリジナルの楽曲を新しいアルバム用、あるいはライブ用にアレンジし直すと、オリジナル曲の印象とはかけ離れたものになり違和感を覚えることがままある。しかしそこが彼らの才能なのだろう、オリジナル曲のティストを壊すことなく聴き応えあるサウンドに仕上がっている。なにより音作りにブレがない。オリジナル曲と聞き比べてみると、それぞれの楽曲アレンジの完成度の高さがうかがい知れるというものだ。
posted by 生出 at 22:18 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]