2014年02月03日

HEADWAY HN30A/SR

 
 HN30A1.jpg

HEADWAYのHN30A/SR、いわゆるニューヨーカースタイルのアコギである。12フレットジョイントで通常の14フレットジョイントのアコギに比べ小振りながらも音量があり、ブライトなサウンドが特徴。Headway30周年を記念して50本限定で製作されたモデル。TOPはスプルース単板で、Side&Backはローズウッド。スロッテッドヘッドと指板にある馬のインレイが印象的だ。

 HN30A2.jpg

このギター、会津若松市内の楽器店で人目惚れで購入したものである。店で弾いて一発で気に入ったものの、自分の部屋で弾いてみると、どうにも納得がいかない。5フレット以上のハイポジションを押さえると弦高が僕の指にはどうにも押さえづらい。

で、福島のM氏に調整をお願いしてきた。前出のMorrisのW100Dの所有するM氏である。これまでケースの中で眠っている時間が多かったのだが、きっとM氏の調整で日の目を見ることも多くなることだろう。
posted by 生出 at 22:56 | Comment(2) | アコギ
この記事へのコメント
お疲れ様です。
 本日、牛骨のサドルパーツを手に入れました。
 生出さんの、ベストの弦高は、2,2mmのようですね、頑張って調整致します。
 乞うご期待!!
Posted by momozo at 2014年02月04日 23:27



◇momozoさん、おはようございます。お忙しいところお手数をおかけします。調整には定評のあるmomozoさんですから、きっと弾きやすくなることでしょう。よろしくお願いいたします。
Posted by 生出 at 2014年02月05日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]