2013年10月10日

SONY スカイセンサー5800

 
 skysensor-u.jpg

知り合いの写真家さん宅にお邪魔した際、目に入ったのが「スカイセンサー5800」だった。このフォルムはたまらない。中学生の頃、ほしくてほしくてたまらなかったラジオだ。昼食代を浮かして「少ない小遣いの中から百円ずつ貯めると、ゴールは・・・」などと皮算用を幾度となくしたものだ。74年当時、2万円ほどの価格だった。結局買えずじまいで僕の中では幻のラジオとなったのだった。

あの頃、BCLがブームとなり、ベリカードを躍起になって集めている友達もいた。なんのことか判らない人は、検索してみてください(笑) ソニーの「スカイセンサー」に対抗してナショナル(現パナソニック)からは「クーガ」が発売されていた。ジャイロアンテナを装備し、独特のスタイルは少年の心の柔らかい部分を鷲掴みにし、決して離すことはなかった。スカイセンサーかクーガか・・・と選択するのに大いに悩んだものだった。

使っていたラジカセがナショナルのMac ff(RQ448)だったので、最終的にラジオはソニーにしようと決めたのだった。

スカイセンサー5800を目標に小遣いを貯めはじめたのだが、75年には後継機種の5900が発表された。これがまた格好よかっただけでなく、お値段もよかった。販売価格は驚きの2万7千円。そこで僕はポッキリと折れてしまったのだ。いまだに傷口がうずくのであった(笑)
posted by 生出 at 13:14 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
生出さん、はじめまして。
ココへはたまに来させていただいて
素晴らしい写真に見入っています。
「スカイセンサー」。
懐かしい名前に一言カキコせずにはいられなくて・・・
発表された時からあこがれでした。
また当時のソニーのコマーシャルもよかった。
学校を卒業して家を出るときに5900を買ってもらいました、
その後10年以上使って故障でなくなく手放しました。
今でもソニーには思い入れがありますが、出してる製品はなんだかなぁって感じです。
Posted by kawazu at 2013年11月04日 13:26



◇kawazuさん、こんばんは。書き込みいただきありがとうございました。スカイセンサーの記事に敏感に反応されたということは、年代的にほぼ同じ・・・と見ましたが・・・。

5900をお使いでしたか。いや〜うらやましいの一言です。スカイセンサーはもちろん、同じくSONYのSTUDIO1980とかLISTENシリーズなどは高嶺の花でした。
ネット上で当時のカタログを見ては、いまだに心ときめかせています。最近の製品は、持つ悦びを求めてはいけないのかな・・・とすら感じています。

またお暇な時にでもお越し下さい。
Posted by 生出 at 2013年11月04日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]