2013年09月26日

名器見参

 
 maccho-u.jpg

これまでに、いろんな器を見てきたけれど、これほどインパクトの強いものはなかった。「珈琲舎雅」で出会った岡部耕太郎氏の作品だ。デザインはご覧のとおり。遊び心で右に出るものはないだろう。しかしこの作品の真骨頂は、デザインの奇抜さとは裏腹に使いやすさにある。腕と足の間に指を絡めてみると・・・これはもう癖になるくらい気持ちがいい。この感触はたまらない。図らずもその行為を繰り返してしまう。そうすることを身体が欲するのである。この器があれば他のカップはいらない・・・と思うくらい完成度が高い。マスターも「単に奇抜なだけでなく、使いやすさも考慮しているところが魅力です」と云っていた。「うん、そのとおり」と僕。

昨日まで栃木県益子町の「益子時計」で作品展が行われていたようだ。いつか雅さんでも開催してくれればなぁ〜と、小さな声でリクエストをしておきます。他の作品もぜひ見てみたい。心と身体を満たしてくれる器は、そうはありません。正に名器と呼ぶに相応しい。ひさしぶりに一目惚れをしました。
posted by 生出 at 23:25 | Comment(2) | 馴染みの店
この記事へのコメント
なんと、私もそのマッチョな筋肉に触れてしまいました。たくましい腕に捕まってのマンデリン、魅惑的な味がしましたよ(笑)
Posted by 風 at 2013年09月28日 19:09



◇風さん、こんばんは。風さんも、この器に魅了されたようですね。料理もドリンクも、それに相応しい器でいただくと、さらに美味しくいただけます。デザインの好みはあるでしょうが、それを凌ぐほどの魅力が、この器にあると思います。
Posted by 生出 at 2013年09月29日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]