2013年08月03日

梅雨明け

 
 toad-u.jpg

とある林道を走行中、左から右へ横切る物体を発見。危うく轢きそうになったが、なんとか避けることが出来た。車を降り、その動く物体を確認したところ体長15センチほどのヒキガエルだった。ヒキガエルを間近に見たのはずいぶん久しぶりだ。懐かしさのあまり頭をなでなでしたり、背中をさすったり手足を摘んだり、しばし戯れたのだった。彼(彼女?)の皮膚感は相変わらずヒンヤリとしていて、感触はまるでゴムで作ったフィギアのよう。それがたまらない(笑) 左右の前脚をつかんで持ち上げると後ろ足で「はなせぇ〜」と強力なケリが入る。その感触もすばらしい。20分ほど遊んでから草むらの中に放してあげたが、イソイソと茂みの中に入っていった。
ふたたび車を走らせるやいなや、ラジオから「東北地方が梅雨明けした模様」と気象庁の発表が流れてきた。ヒキガエルくん、梅雨明けを知っていたのか、これから続くであろう猛暑を避けるために、秘密の避暑地へ移動する途中だったのかもしれない。  
posted by 生出 at 22:11 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]