2013年07月07日

マスター、YAMAHA FG-130を弾く

 
 yamaha F130-u.jpg

今日は七夕だった。会津地方は雲におおわれた一日だった。いまも星は見えていない。そんな七夕の日に、M氏よりホットラインが入る。いま「うつわ」にいます、とのこと。山の向こう側から、わざわざ足を運んでくれたのだ。うつわに到着すると満面の笑みと、M氏所有のYAMAHA F-130が傍らに鎮座していた。ひさしぶりの再会。空は曇っていたが七夕様のご利益だろうか?

ひととおり弾かさせてもらっての印象は・・・このギターは間違いなく進化している。今年3月に弾かせてもらったときに比べて、明らかに音がよくなっている。単なる激鳴りではなく、マイルドさが加味されている。他のお客さんもいたので、思いっきりストロークはしなかったが、とても弾きやすいギターとの印象を強くした。小一時間も弾かせてもらっただろうか。まだまだ弾いていたいと思わせるギターである。

そろそろ店終いという時間になり、マスターが「僕にも弾かせて」とお得意の下田逸郎の曲を聴かせてくれた。僕のモーリスよりいい音がする、とマスターもしげしげとFGを見つめていた。目が「ほ・し・い」と云っていましたよ、マスター(笑)

七夕の夜、いい歳のオヤジ達が目をキラキラさせながら一本のギターを見つめる・・・なんて素敵なんだろう。
posted by 生出 at 22:31 | Comment(2) | アコギ
この記事へのコメント
 早速のUPありがとうございます。
ご無沙汰でございました。 本日は、私のギターを、気に入っていただきましてありがとうございます。
 苦労して、リペアした甲斐が有るというものです。
 しかし、日々このギターは進化しているような気がしております 育っているのですね、大したものです。
また持っていきますので、乞うご期待です 宜しくです!!。
Posted by M蔵 at 2013年07月07日 23:25


◇M蔵さん、こんばんは。昨日はこちらこそありがとうございました。ご連絡いただいて感謝しています。本文にも書きましたが、ほんとうにいいギターですね。「大当たり」というのは、このギターのためにある言葉です。また近々触れる機会があるような予感がしています(笑) そのときを楽しみにしています。
Posted by 生出 at 2013年07月08日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]