2013年06月23日

タチアオイ

 
 tachi-aoi-u.jpg

梅雨に入ると会津地方のあちこちで目にするのが、このタチアオイだ。民家の庭先、田んぼのあぜ道など人の生活の匂いのするところに花を咲かせている。赤、白、ピンクなどなど様々な色の花を付けるこのタチアオイ、「会津若松市」の花である。昭和42年、戊辰戦争百年を記念して市民から公募し市の花として制定されたという。

市のサイトからのベタコピーだが・・・「会津若松市では、平成12年度から「花と緑の課」を新設し、市の重点施策として「美しい環境のまちづくり」を掲げ、その実現のために美しい花々によるまちの演出と、植栽による緑豊かなまち並みの創出などについて取り組んできたところです。その活動の一環として、市の花であるあおい(タチアオイ)を広げる活動を行っています。具体的には、花と緑の課では、希望する市民の方に無料でタチアオイの種を配付して、タチアオイの普及を図っています。また、市有地である会津若松駅前公園、会津総合運動公園、鶴ヶ城公園西口花壇などにもタチアオイが植えられています。今後とも、市民の皆さんに市の花としてより認識されるように努力して行きたいと考えております」・・・とある。

1メートル半〜2メートル近くまで伸び、いちばん上のツボミが花をつけると梅雨明けが近いと云われているのだが、ここ数年の歪んだ気候では、あまり当てにはならないようだ。写真は旧塩川町(現喜多方市)で撮影。
posted by 生出 at 22:46 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]