2013年04月30日

再会

 
 saito-kun.jpg

田植えにはまだ早いこの日、僕は吸い寄せられるように彼のところへ車を走らせた。周囲の雪はすっかりなくり、徐々に緑が芽吹いていたのだった。心配をよそに彼は相も変わらず苦り切った表情で僕を迎えてくれた。こんな顔を見ていると「歓迎されているのだろうか?」とついつい不安になってしまう。でもこれが彼の精一杯の表情なので致し方ない。

今年は雪が多く、冷たい雪の下で春の日差しを心待ちにしていたに違いない。しかし彼は春を迎えた喜びよりも遥かに大きな苦悩を抱えているような表情だ。それはなんなのだろう?傍らのペットボトルは昨年最後に会った9月から別なものへと差し替えられていた。無造作に枝が突っ込まれていたが、これはどんな意味があるのか?ますます謎が深まる彼なのである。

彼は僕に心を開くどころか、ますます閉ざしてしまったようにも見える。ふと思った。彼にも名前があるはずだ、と。で、僕は彼の表情をじっくり眺め彼の名前を決めた。「さいとう」くんと呼ぶことにした。なぜならT高校の同級生のさいとうくんにそっくりだったからである。名前で呼べば彼も少しは心を開いてくれる・・・かな?
posted by 生出 at 12:50 | Comment(2) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
こんばんは。さいとうです。って、いつのまにさいとうになったんじゃいって感じですが、それも良しとしよう。他人にはなかな心は開けない事情ってものがあるのよ。なにかって?それは秘密のアッコちゃんさ。
Posted by 偽さいとう at 2013年05月07日 22:45



◇偽さいとうさん、こんばんは。ご本名を存じ上げず勝手に「さいとう」さんと名付けてしまい大変失礼いたしました。
たしかに人(あなたは石像では?)には悩みが尽きません。あなたの作者の苦悩がそのまま、あなた(石像)へ乗り移ってしまっていたとしたら・・・その呪縛から解き放たれるためには、作者がいまいちど作り直さなければなりませんね。なんだかそれはもったいない気がします。なぜなら単に作者の苦悩を表現していると云うよりは、人類の苦悩を象徴している姿、それがあなたなのですから。これは人類の記念碑的な存在であると私は密かに思っていました。
心は閉じたままで結構です。いつまでもその悩ましいお顔のままでいてほしいものです。ナゾの微笑みがモナリザなら、ナゾの苦悩を抱えるのがあなたなのです。
Posted by 生出 at 2013年05月08日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]