2013年04月13日

komugi

 
 komugi-u.jpg

しばし妹の家にやっかいになっていた。久しぶりに行ってみたら犬がいた。komugiと名付けたとか。
父が転勤族だったため、子供の頃、犬や猫を飼うことは出来なかった。飼ったことがあるのはクサガメ3匹、イシガメ2匹、ミドリガメ2匹、セキセインコ3羽の、いわゆる小動物が中心であった。いつかは犬を飼いたいと思いつつも、その夢は叶わなかった。
それにしてもかわいいものである。よく年賀状や携帯の待ち受け画面に愛犬、愛猫の写真を設定する人がいる。これまでは、なんだか、ちょっとねぇ〜と思っていたのだが、そうする気持ちが初めてわかったのであった。
posted by 生出 at 22:09 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
動物は、永くいると もう、家族です。
 姿が見えないと、もう心配です。
 私は、精神的に、何度も助けられました。
 一緒に生きているだけで、其処に気づかいが出来れば、それは、もう家族といえるのではないでしょうか?どうでしょう?
Posted by momozo at 2013年04月14日 00:20


◇妹の家族を見ていると、まるで小さな子供をあやすように接しています。もはや家族の一員ですね。生活のパターンが犬中心になっているようにも見えました。ちゃんと会話も成立しているようで、そこがカメとは違うのだなぁ〜と感じました。私の飼っていたカメは、20年も一緒だったのに、ついぞ心を開いてくれませんでした(笑) そこがカメらしいのですけどね。
Posted by 生出 at 2013年04月14日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]