2012年12月02日

アオリ・・・その2

35ミリ用のPCレンズは構造上、一方向にしかシフトが出来ない。前回ご紹介した上下のシフトを行ってから、もう少し左右どちらかに振りたいな、と思っても構造上、シフトすることが出来ない。下はノーマルの状態でボディに装着した写真。
 
 pc45n.jpg

左右のシフトをするときは赤丸のレバーを押しながらレンズを時計の針の方向(逆でも可)にレボルビングする必要がある。

 pc45r.jpg

これで左右のシフトが可能になる。上から左、ノーマル、そして右にシフトした写真である。

pc45-l-u.jpg

pc45-n-u.jpg

pc45-r-u.jpg


今回は左右2枚の画像を合成してみた。

buna-l-n-r.jpg

実際、前回の上下でも、今回の左右でも、撮影でこれほどレンズをシフトすることはない(僕の場合)。アオリが出来るのは非常に助かるが、やはりシノゴに比べるとPCレンズは制約があるので、ちょっといらっとすることもある。比べても意味はないが、それぞれの特性をつかんで撮影すのが肝要だろう。
posted by 生出 at 00:24 | Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]