2012年11月21日

アオリ・・・その1

シノゴなどの大判カメラでの撮影の醍醐味のひとつに「アオリ」操作がある。ライカ判カメラ用でもアオリのできるレンズがあるが種類も少なく、ラインアップに入れているメーカーは国産だとキヤノンとニコンしかない。
デジタル化が進み、パソコンの画像処理で、疑似アオリ的な写真がいとも容易く出来てしまう昨今であるが、光学的に歪みを矯正したり、ピントの位置を調整したりする撮影は、長年シノゴを使ってきた者として拘っていきたい部分である。

さて、アオリ・・・その1であるが、今回はレンズを上下させるシフト(ライズ↑とフォール↓)をご紹介しよう。論より証拠、写真を見ていただくのが手っ取り早い。

まずレンズをいちばん上に上げた(ライズ)状態での撮影。
 rise.jpg


こちらはアオリをまったく使っていないニュートラルな状態。
 neutral .jpg


そして一番下に下げた(フォール)位置での撮影。
 fall.jpg

アオリを使い始めた人にとっては「あ〜いまアオッているんだ」と実感出来る行為かもしれない(笑) 三脚はあらかじめ水平を合わせておき位置が決まったら三脚は動かさないことが肝心。また動きのある被写体の撮影には向いていない。今回使用したレンズはニッコールPC-E 45mm。詳しいスペックはメーカーのサイトなどを見ていただくとして、上下のシフトで、これだけ絵が変わる。

そしてこの3枚を合成したのが下の写真である。合成時に色調などの調整を行っている。カメラはニコンD800。このカメラは36メガあるので、本来ならかなりの高画素になるのであるが、使っているパソコンがおんつぁ※なので、予めリサイズしたもので作業を行った。

 pc-e45.jpg

晩秋の森にたたずむ愛車「LandCruiser70」でした。

※おんつぁ・・・会津弁で「ものが壊れる」「駄目になる」「使い物にならない」 例)三脚がおんつぁになった・・・てな具合で使う
posted by 生出 at 12:43 | Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]