2012年08月01日

AFTER MIDNIGHT

 
 document-1.jpg

懐かしいアルバムである。1956年に発表されたNAT KING COLEの「AFTER MIDNIGHT」。僕が産まれる前なので、当然リアルタイムで聞いてはいない。

いまから25年くらい前、会津若松市の某所に「5スポット」というバーがあった。マスターはオサムさん。日参とまではいかなかったが、それに近いくらい通ったかもしれない。そこでよく耳にしたのが、このアルバムであった。一緒に飲みにいった先輩がよくリクエストをして、繰り返し聴いていたものだから、いつのまにか身体にすり込まれてしまった。

「5スポット」はもうこの世に存在していない。マスターが・・・あれは平成元年くらいだったか・・・亡くなってしまったからだ。かなり個性の強い方で、昼間、なぜかカウ・ボウィの出で立ちで自転車に乗り、街をふらりふらりと彷徨していた。偶然会ってしまったりすると「やばい」と物陰に隠れるのだが、しっかり見られていて「おいでさ〜ん」と大声で名前を呼ばれ、周囲の白い目を気にしながら「どうも」と軽く会釈し、そそくさとその場を立ち去るのであった。まだ20代半ばだったので、人並みに?恥ずかしさを感じたのであった。

目を閉じると、いまもあの出で立ち、とくに滑車の付いたブーツが思い出される。亡くなる数日前にお見舞いにいったのだが、まったく別人の顔だった。

たまに「5スポット」があった場所を通るのだが、いまは駐車場になってしまい面影はまったくない。あれからずいぶん時間が経ってしまって、マスターの話をする人も今はいない。悲しいことだ。

アルバムの話は・・・まぁ〜これはとても有名なアルバムなので、ここで詳細を紹介するまでもないでしょう。
posted by 生出 at 22:54 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]