2012年06月06日

かぐや姫おんすてーじ


 onstage-u.jpg

南こうせつとかぐや姫のセカンドアルバム「かぐや姫おんすてーじ」、72年11月9日の九段会館ホールのライブが音源。同年12月に発売された。

たくろうの「元気です」同様、僕がギターを弾くきっかけとなった一枚。saitoくん他数名と中学の文化祭でステージに立ったのは、このアルバムの影響が大きかった。楽譜がなかなか買えなくて、耳コピーでコードを探り、カセットにダビングしたアルバムに合わせて、まるで自分がライブに参加している一員であるかのようにギターをかき鳴らしていた。

「おんすてーじ」であるが、名曲「ひとりきり」を皮切りに全11曲が収められている。曲もさることながら三人のMCが時代を物語っている。

〔こうせつ〕え〜どうも皆様こんばんは。かぐや姫は・・・「エロスのにおい」という、え〜、コンサートの開始です。はっはは、は。え〜どうもありがとうございます。あっ、テープが乱れ飛んでいます。これから約、そうですね、時間にしまして6時間半(笑) はっははは、はぁ〜、え〜一緒にですね、楽しく唄っていきたいと思います(こーせつハンサム!・・・観客) 私どもが、その〜企画を、はじめ〜ましたのが、ちょうどぉ〜5月の5日こどもの日に、九段会館でやろうということで、皆さんのお宅に連絡が行ったと思いますが・・・(笑) 幸い、ひとりの欠席者もなく、集まることが出来まして、非常に・・・関係者を代表しまして、わたくしが御礼を申すものでございますが・・・まぁ幸い今日は、晴れになりまして・・・いろんな、問題を控えております。周りを見れば住宅問題あり、あるいは物価問題もあろう・・・相模原の問題も、まだ残っている。しかし、そういうのを乗り越えて、ここに・・・ひとりの欠席者もなく集まったと云うことは、これは素晴らしいことではないかと思います(拍手) どうもありがとうございます。

これが一曲目が終わったあとのMC。

 〔こうせつ〕それでは、あのぉ〜・・・パンダさんがソロで新しい唄ですね。
 〔パンダ〕あはっ、え〜、あ、(パンダかわいい!・・・観客) え〜まぁ〜アメリカ大統領選挙もニクソンの圧勝で、え〜、非常に、マックガバン、僕は応援しておりましたですが、残念ながら・・・ではまた来週(笑)。

2曲終了後のMCは、パンダがいまだに使っている「ではまた来週」のフレーズが初登場。しかし、まぁ〜よく喋る。フォーク系のライブではMCが曲同様に聞き所であった。これがひとつのスタイルだったのだろう。MCで笑わせ、曲でしんみりさせる・・・。緩急つけてファンを惹きつける、そんなスタイルにファンは魅了されていた。

さて、聞き所満載のアルバムであるが、僕のイチ押しは「この秋に」「今はちがう季節」「そんなとき」かな。久しぶりにアルバムに合わせてギターを弾いてみたけど、けっこうコードは覚えていた。若いときに覚えたものって、身体に染み付いているんだねぇ〜。妙に感心してしまった。
posted by 生出 at 21:50 | Comment(2) | 音楽
この記事へのコメント
MCに当時の匂いがプンプンします。ところで「相模原の問題」って一体なんですか?
あと、このコンサートの完全版ってあるんでしょうかね?
Posted by すすむ at 2013年01月09日 16:45


◇すすむさん、こんばんは。書き込みいただきましてありがとうございました。
このアルバムが約40年前のものになっていることに、少々驚きを隠せません。アルバムが発表されたとき、私は小学5年生。実際にこのアルバムを聴いたのは、それから3年後のことでした。相模原の問題が何であるのか、正確なところは判りません。ただ台風か集中豪雨で川が氾濫し、多くの住宅が流される被害が相模原だったような・・・記憶違いかもしれません。「おんすてーじ」の完全版については多分ないのではないでしょうか? 
Posted by 生出 at 2013年01月09日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]