2012年06月03日

はじめまして

 
 hajime mashite-u.jpg

南こうせつとかぐや姫のファーストアルバム「はじめまして」。72年のリリース。吉田拓郎がアレンジャー、ミュージシャンとして参加している。こうせつは、このアルバム以前に別なアーテイストと「かぐや姫」を結成していたが売れることなく解散。正やんとパンダを迎えて第二期のかぐや姫がスタートする。当初、コミックバンドを目指していたらしく、このアルバムにも数曲、コミカルな曲が収められている(「僕は何をやってもだめな男です」「離婚歴三回」)。
一曲目の「青春」からスタジオライブ的雰囲気で曲がはじまる。
「はい、いきます」「はい(こうせつ)」「本番です」「はい(こうせつ)」「あ、ははは」「ぴー」・・・ 軽快なブルーハープの音で新生かぐや姫がスタートした。かぐや姫は75年に解散してしまったのだが、実はこのアルバムの第一曲目から、今日に至るまで、そしてまだまだずっと先まで続く「かぐや姫」の歴史が始まったのだ。

ファンなら誰もが知っている「雪が降る日に」「加茂の流れに」「好きだった人」「ひとりきり」「マキシーのために」「雨が空から降れば」「あの人の手紙」。12曲中、これだけの代表曲が収められているデビューアルバムが「はじめまして」なのである。
posted by 生出 at 23:23 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]