2012年05月30日

ぷらいべiと

 
 private-u.jpg

吉田拓郎の「ぷらいべiと」。小室等、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるの4人が立ち上げたレーベル「フォーライフレコード」から1977年にリリースされた。当時、このアルバムを聴いてがっかりした。
なんで拓郎が「夜霧よ今夜もありがとう」「くちなしの花」を唄うのか、まったく理解出来なかった。
フォークの人間が歌謡曲に媚びを売っている、などと今思えば狭い了見で、このアルバムを見ていた。フォークはこうあるべきだ、テレビに出るなど、もってのほか・・・等々、当時のファンは拓郎をはじめ、フォーク歌手に枠をはめて見ていた。その枠から外れたら「商業主義に走った奴はもう終わりだよ」などとうそぶいていたのだった。

モノを作る人間には、それぞれスタイルがあって、それは次第に、時には突如として変わることがある。ひとつのスタイルに拘ることもいいだろうが、大胆にこれまでの枠から飛び出し新しい境地に立つことはアーティストとして当たり前のことだ。一部の頭の固いファンには、それがわからなかった。

そういえばアルバム「元気です」で拓郎は、こんなメッセージを発していた。
「フォークシンガーになんかなりたくないのです。だって僕はもっと自由でいたいし、人前でだけ器用に自由を売り物になんかしたくないから。もうやめよう、もういいかげんにしよう・・・自分で自分の言葉をもつのです。その時、もうフォークなんか関係ないのです。何でもいいのです。自分の唄であるならば、自分のメロディを皆んながもてれば・・・。」

「ぷらいべiと」の中にはキャンディーズの「やさしい悪魔」、由紀さおりの「ルームライト」、梓みちよの「メランコリー」が収められているが、いずれも拓郎の作曲である。
拓郎はフォーク歌手でもあるだろうし、すぐれた作曲家でもある。ひとくくりにはできない多面的な才能を持つアーティストである。
ちなみにジャケットは拓郎自身が描いたもので、キャンディーズの伊藤蘭がモデルなのだとか。
posted by 生出 at 22:08 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]