2012年04月23日

Walts for Debby


 walts-for-debby-u.jpg

いつの頃からかジャズを聴くようになった。とくにピアノトリオがお気に入り。数あるトリオの演奏で、僕のいちばんはビル・エバンスの代表作「Waltz for Debby」。エバンスの代表作というよりは、ピアノトリオの代表作、つまり頂点と言ったほうがいいかもしれない。このアルバムを越えるトリオの演奏は・・・僕も全ての演奏を聴いているわけではないのだけど・・・そうはないだろう・・・と思う。

1961年6月ニューヨークのジャズクラブ「ヴィレッジ ヴァンガード」でのライブ録音が音源。 ジャズ史上においても名盤中の名盤なので、いまさら薀蓄を語るのも気が引ける。エバンスの奏でる主旋律に、スコット・ラファロのベース、そしてポール・モチアンのドラムが絶妙に絡む。ライブ音源なので、会場で酒を飲んでいる客の笑い声、グラスや皿のぶつかる音なども入っている。やや雑然とした感はあるが、それがかえって臨場感を高めている。地下鉄の音も入っているというが、僕のチープなステレオでは確認できなかった。※
この名演奏を目の前に酒を飲めた人たちが、ほんとうにうらやましい。僕は目を閉じ、あたかも自分も会場にいることを想像しながら、ひとりグラスを傾け、悦に入っている。

 ※音楽好きの先輩に地下鉄の音について訊いてみたら、早速以下のようなメールが届いた。耳を澄ませてみよう。

 1トラック  1:00〜1:04
                 2:52〜2:55
 2トラック  6:34
 4トラック  4:55〜5:00
 5トラック  00:14〜00:19
          3:55〜3:58
                 4:12〜4:17
 10トラック  2:09〜2:12
          4:38〜4:42  
posted by 生出 at 22:15 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]