2012年02月16日

珈琲舍 雅


 miyabi-u.jpg

 「美味しさ」など、感覚に訴える経験を第三者に伝えるのは難しい。シンプルに美味いと云ってもでもいいだろうし、言葉を巧みに使って表現するのもいいだろう。僕的に表現するならば・・・ここに一杯の珈琲がある。口に含んだのち喉元を過ぎると単純に胃に落ち込むだけではなく、瞬時に体液と同化する・・・。満足するのは胃袋だけではない。体全体が悦ぶのだ。

 それが雅の珈琲なのである。

 シンプルで落ち着いた店内で飲むのも良し、豆を買って自宅で飲むのも良し。珈琲舍 雅のサイトはこちら。随時イベントも開催しているので要チェック。
posted by 生出 at 21:56 | Comment(0) | 馴染みの店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]