2022年08月21日

磐越西線


 _8140060b.jpg

今月3日〜4日にかけての記録的豪雨で喜多方市を流れる濁川が増水し、磐越西線の鉄橋(濁川橋梁)が崩落した。

この橋は118年前(明治37年)にかけられたもので、建設当時のままの石造りの橋脚の歴史的価値が評価され、平成28年に「磐越西線鉄道施設群」の一部として土木遺産に認定された。

現在、喜多方駅と野沢駅の間は不通になっている。まもなく11年前の豪雨被害を克服し、只見線が再開通するというときに、路線が違うとはいえ、同じ会津地方でまたしても同じような災害が起きてしまい、ほんとうに残念である。
posted by 生出 at 21:42 | Comment(0) | にわか鉄ちゃん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]