2022年04月27日

ぽつんと一羽


 _4260676b.jpg

猪苗代湖を見下ろせるところで、車を停め春霞の磐梯山を眺めていた。ふと眼下に目をやると、白い物体が蠢いている。目を凝らしてみてみると白鳥が一羽、浅瀬に首を突っ込んで食事をしているようだ。

白鳥といえば、すでに北帰行したはずである。聞いた話では、この地に留まり続けている白鳥がいるということだ。

 _4260670b.jpg

望遠で確認するまでもないが、明らかに白鳥である。本来、群れで行動する白鳥たちであるが、この広い湖にぽつんと一羽でいる気持ちを想像すると、なんだかいたたまれなくなってしまう。いや案外、そんなセンチな気持ちなどなく、独りでいられる歓びを感じているのかもしれない。いずれ確認する術はない。
posted by 生出 at 08:21 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]