2022年04月13日

花見猿


 _4120110b.jpg

福島市の北、桑折町の西山城址へと足を運ぶ。伊達市内を一望できる小高い場所は、あまり人も来なくて僕のお気に入り。あまり大きくはないが、何本か桜があって、2〜3度撮影したことがあった。

この日は光があまり良くなかったので撮影はしなかった。桜の木の手前に広いスペースがあり、数匹の猿が落ちている樹の実だろうか、盛んに口に運んでいる。僕との距離は50メートルほど。こちらを気にすることもなく食事に夢中だ。

満開の桜の下を見ると、この群れの長老だろうか?群れからは離れた少し高い場所から群れを見守るように桜に寄り添っている。子猿たちは木に登ったり、追いかけっこをしたりと忙しい。長老は動きも緩慢で、しばらく同じ場所で花を見上げたり、群れに目をやったり、終始穏やかな眼差しだ。もしかしたら若かりし頃の自分を思い出しているか・・・。

レンズを向けている姿が気になるのか、時折こちらをチラ見するが、極端に僕を警戒するような素振りはない。元気な子猿たちをレンズで覗いている間に、長老はゆっくり斜面を下り、やがて姿は見えなくなった。

もしかしたら最後の花見を堪能していたのかもしれない。
posted by 生出 at 08:34 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]