2022年02月05日

雪の壁、第四弾


 _2050033b.jpg

年末の訪問以来、1ヶ月以上経過した只見町の雪の壁である。ランクルの高さが約2メートルなのだが、それを軽く超える積雪量である。雪は重みで沈むので、実際の降雪量は3メートルではきかないだろう。

しんしんと降る雪は、見ている間に数センチは積もっていく。ひさしぶりに本格的な雪国の真髄に触れた感じ。
posted by 生出 at 18:19 | Comment(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]