2021年10月10日

西会津町・幸寿司


 IMG_6362b.jpg

西会津町は新潟県境に接し、古くは越後街道の要衝として栄えた宿場町である。町を囲む山の姿も、文化も、ほかの会津地方とは少々趣が異なる。独特な雰囲気を感じるのは、いまでも人的交流は新潟県の方が多いというところから来るのかもしれない。

町の中から見る飯豊連峰も、僕の住む会津若松市とは見る角度が違うというだけでなく、何か神々しさを強く感じるのである。人口6000人弱の小さな町だが、しっかりと本物を提供してくれる店がいくつかある。

そのひとつが「幸(こう)寿司」だ。国道49号線、道の駅のすぐそばで、ランチ(am11:30〜pm1:30)提供時間になると、続々とお客さんが訪れる。地元西会津はもとより、他の地域からのお客さんも多いようだ。ネタは毎日、新潟港から仕入れるという。山国会津で寿司?というイメージであるが、単に流通経路の利便性の良さだけではなく、東京銀座で修行したという大将の、ネタを選ぶ眼力は侮れない。

 IMG_6361b.jpg

 IMG_6474b.jpg

ランチで提供されるのは「にぎり」「海鮮ちらし丼」「ネギトロ丼」である。いずれも小鉢、お椀、サラダが付いて1000円である。ネタはもちろん新鮮で、比べてはいけないが・・・本格的な寿司が、たった1000円でいただけるのなら、無理をしてでも、こちらのお店へどうぞとお薦めしたい。

 IMG_6471b.jpg

今回、山登りの先輩から、こちらのお店を教えていただいた。寿司店に入る機会は年に一度も無かったが「幸寿司」を知ってから、西会津へ行く機会を作らねば・・・と思うようになったのであった。次回はネギトロ丼を予定している。
posted by 生出 at 16:51 | Comment(2) | ふらりとよった店
この記事へのコメント
幸寿司は法事でしか使ったことが無かったですが 生出さんのコメントを見て 今度は友人と食べにいきたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by 石川宣彦 at 2021年11月14日 17:49


◇案外、地元のことって、知らないことがあるものです。
 私も県外の知人から、どこか観光の穴場は?と、訊かれても
 答えに窮することがあります。
Posted by おいで at 2021年11月16日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]