2021年03月28日

久々のアトリエ訪問


 _3270068bwb.jpg

画伯のアトリエにお邪魔するのは、2019年12月下旬以来のことである。そのことにまず驚いた。実に一年と三ヶ月が経過していた。
その間、世の中の動きは大きく変わった。混沌とした時代の中であっても、創作活動を続け、自らの審美眼を追求する画伯の姿に、かくあるべきと確信したのであった。
posted by 生出 at 22:34 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]