2021年03月16日

棚倉町「竹の家」パート2 & 桜開花


 _3150234b.jpg

昨日、所用があり棚倉町方面へ行ってきた。棚倉城(亀ヶ城)の桜の蕾はピンク色が増し、まだ若いソメイヨシノが数輪、開花していた。福島県内では公式な開花宣言はされていないが、気の早い桜達は春の訪れを待ちきれなかったようだ。

 _3150207b.jpg

前回2020年11月9日にブログで紹介した県指定の天然記念物の欅も立派だが、この周辺には欅の巨木が多い。いつかじっくり撮影してみたいものだ。

さて、せっかく訪れた棚倉なので、何か美味しいものでもということで、再び「竹の家」の暖簾を潜ることにした。この前は「長崎ちゃんぽん」だったので、ちょっと贅沢をしようか・・・などと考えていた。

 _3150197b.jpg

お昼時は混むので、ややフライングして入店する。隅々まで手入れの行き届いた感じの店内、受け答えが丁寧で、柔和な表情の店員さんに、こちらの財布も少し緩みそうになる。しかし情けない話だが、財布の中身がやや心許なかったので、今回は「和風ラーメン」800円にすることにした。

 2021-03-15_11-35-02_303b.jpg

和風とうたうだけあって、日本人の身体には素直に馴染む味だ。日本人としてのDNAがよろこぶ。うどんや蕎麦のツユを代用したのではなく、ラーメンのためにアレンジされている(と感じた)。具材はワカメ、かまぼこ、小松菜、ゆで卵、支那竹、チャーシュー、刻みネギ。味全体のバランスも、よく考えられている。よどみなく完食した次第である。

食べ終わって、再び訪れた時は「五目ラーメンにしよう!」と決めて店を後にしたのであった。
posted by 生出 at 08:52 | Comment(0) | ふらりとよった店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]