2020年07月15日

郡山市「 かげやま食堂」


 _6300524b.jpg

福島県の商都、郡山市の「かげやま食堂」へ立ち寄ってみた。コロナ騒動は一時的に下火になったようだが、再び感染者が増え予断を許さない状況だ。コロナと共に生きていかなければならない時代なのだ。

 3ywp424WQxKmIQJV8Q1mGQfb.jpg

「かげやま食堂」は国道49号線を郡山警察署をいわき市方面へ進み、阿武隈川にかかる金山橋を渡ったところ右側にある。小雨の降る昼ちょっと前に初めて暖簾を潜ってみた。駐車場脇の紫陽花は、やや見頃を過ぎたが綺麗な色彩を残していた。

 _6300523b.jpg

店内はテーブル席と座敷がある。お好みでどうぞ。壁に貼られたポスターは色褪せていて、いったい何年前から手付かずなんだろうと・・・笑 80代?のご夫婦二人で頑張っていらっしゃる。少なく見積もっても半世紀は営業しているだろう。

 TxzclS-yRGiqjMWEp_RkVAb.jpg

店内の雰囲気もメニューも昭和をひきづっている。カツ丼が600円(税込)である。これは去年11月22日にブログで紹介した霊山町掛田の「桑島食堂」と同じである。そしていちばん高価なのもトンカツ定食で700円、これも同じだ。

でご挨拶がわりにカツ丼をひとつ。

 jU7eyJRbR-StR91zYWgs4gb.jpg

2度目の訪問時はロース焼き肉定食(680円)を頼んだ。

 ekCbaujRQ7CKsCythA4ZIAb.jpg

どちらも値段以上の食べ応えであった。商売だから利益はあげなければならないだろうが、値段の設定は、いい意味で庶民にとって「いい加減」である。財布に優しい。メニュー表の状態から判断するに、消費税が8%の時のまま代えていないのではなかろうか。きっとそうに違いない。もはや商売の域を超えたのか?
posted by 生出 at 21:18 | Comment(0) | ふらりとよった店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]