2019年12月06日

チンチン電車


 _B250773b.jpg

保原町の中央交流館に保存されているチンチン電車。福島交通が町に寄贈した「1116号」。保原ロータリークラブが2015年に修復したという。掛田驛の桑島食堂で食事をした数日後に訪れてみた。この場所に設置されてから4年が経ち、住民にはお馴染みの風景になっているようだ。きれいにペイントされた車体を見ていると、この場所に置きっぱなしにしておくにはもったいないとも思った。

 _B250771b.jpg

復活させることは夢物語だが、もし令和のこの時間にチンチン電車が走っていたら・・・と想像するだけで、なんとも楽しくなってくる。ひとは年齢を重ねると、懐かしい思い出の中で時を過ごすことが多くなるのだろう。
posted by 生出 at 08:10 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]