2019年07月18日

林道「本名津川」線


 _7150135b.jpg

会津には数多くの林道がある。その中でも僕が好きなのが金山町と新潟県阿賀町を結ぶ林道「本名津川」線だ。全長は約40キロ。走り応えのある林道だ。福島側は国道252号線の本名ダムが起点となる。これまで走った回数は数知れず。情報では災害のために新潟側へは抜けられないらしい。それを確かめるために出かけたようなものだ。実は一週間前、金山町役場へ問い合わせをしたものの、担当者不在でわからないと言われていたのだった。

 _0152804b.jpg

今季初の本名林道である。災害の他に気になったのは、現在国道252号線のバイパス工事が行われていて、もしかしたら工事による交通規制があるんじゃないかと。結果は杞憂であった。トンネル工事は林道の下部で行われていて走行には全く影響がなかった。

工事現場を下に見ながら、少し進むとキジの親子がのんびり歩いていた。しばし車を止めて様子をうかがう。一定の距離を保っていれば彼らはマイペースである。しかしずっと止まっているわけにもいかないので、ゆっくり進むことにする。5メートルくらいの距離に近づいた途端、キジの親子は超特急で草の中へ飛び込んでいった。

 _7150117b.jpg

さらに進むと御神楽岳と新潟側への分岐点に到着。案の定、通行止めであった。これを無駄足と世間はいう。でもいいのである。自分の目で確認することが大切なのだ。ほとんど負け惜しみである(笑)

 _7150144b.jpg

あまり絵にはならないことはわかっていたが、とりあえず御神楽岳の登山口まで行き周囲を散策する。入山していると思われる人の車が一台止まっていた。天気が思わしくないので、登山ではなく何かの捕物を目的に入山していたのかも知れない。

まぁ〜通行止めはよくあることなので別に何とも思わない。いずれ復旧工事も終わり走れるようになるだろう。ちなみに工期は今年10月いっぱいということだ。ギリギリ紅葉には間に合うかな?
posted by 生出 at 21:37 | Comment(0) | クルマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]