2019年07月08日

ボサノバの神様、逝く


 img058.jpg

つい二週間ほど前に、中古の楽譜を買った。ここのところギターの演奏も八方塞がりのような状態で、如何にもこうにも新しい切り口というか、いい刺激に飢えていたところだった。ボッサでもやってみるかと、ネットを検索していて見つけたのがジョアン・ジルベルトのボサノバギター完全コピーと銘打った、この楽譜だった。

ジョアン・ジルベルトといえば、いまさらだけどサンバとジャズを融合させたボサノバの創始者の一人で、ボサノバの父とも神とも称されている。音楽シーンに与えた影響はあまりにも大きい。

ちょうど一ヶ月ほど前にオベーションの弦が切れ、弦の新調と今回の楽譜の購入をしたところで飛び込んできたのが、ジョアン・ジルベルトの訃報だった。まさに巨星墜つである。

 img057.jpg

いま「ジョアン 声とギター」を聴いている。2000年にグラミー賞を受賞したアルバムだ。タイトルどおりジョアンの歌声とギター演奏のみで構成された、実にシンプルなアルバム。こんな静かな夜にうってつけ。グラスを傾けながら星になった偉人に思いを馳せている。
posted by 生出 at 21:47 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]