2019年07月05日

昼下がりの出逢い


 _7020163b.jpg

昼食後、福島市のフルーツラインから吾妻球場へ抜ける広域農道を走っていて、ちょっと一休みするために立ち寄ったのがここ。来月には蓮の花が咲き、それなりに人が見に来るところ。おそらく元は田んぼで、オーナーがせっかくだから蓮でも植えるか、とこしらえたのだろう。あくまでも僕の想像。

あぜ道に足を一歩踏み入れると、ぴょんぴょんいろんなものが飛び跳ねる。ウンカ、バッタ、カエル・・・。クモもカメムシもいた。小さな生き物達の楽園である。こういう場所に入ると、気持ちは小学生になる。何か珍しい生き物はいないか、鵜の目鷹の目で散策をする。

 _7020132b.jpg

葉の裏から恐る恐る、こちらを見ているのはキリギリスの幼虫か。

 _7020156b.jpg

幾重にも葉が重なる人目に付かないところでは、黄金虫が愛を育んでいた。

 _7020162b.jpg

葉の幅に合わせるように気をつけをしながら昼寝をしているクモ。

 _7020144b.jpg

まだシッポの残っているカエルは、興味深そうにこちらを見ている。

ちょっと目を凝らしてみると生き物達の営みに出逢える。昼下がりの、ほんの30分ほどの間、しばし小学生に戻っていたおじさんなのであった(笑)


posted by 生出 at 07:54 | Comment(0) | 出逢いの妙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]