2019年04月15日

千年桜も・・・


 IMG_4249.jpg

先日の大雪で多くの桜の枝が折れてしまった。龍泉寺の惨劇の2日後、千年桜に会いに行ったのだが・・・無残な姿を眼の前にして言葉がなかった。横に伸びた大きな枝が無残にも地面に横たわっていた。周辺の管理をされている方と話をする機会があり、この桜にまつわるあれやこれやをお聞きした。「もっと多くの人々に千年桜の良さを知ってもらいたかった」ということで「少しずつだが個人的に周辺の整備を進めていた」そうだ。

道の狭さのためにアプローチが難しいのだが、反対斜面に道路を作る考えもあったらしい。さすがに個人の力では限界があり、行政に頼る部分も出てくるのだが、なかなか難しいのが現実だ。

大きな枝の他にも、何本か折れた枝があり道を塞いでいた。それをその方と一緒に除去したが、折れてなお花を付ける健気さに、人が出来ることの限界をつくづく思い知らされたのだった。
posted by 生出 at 17:35 | Comment(2) | その他
この記事へのコメント
なんということでしょう。
千年桜との名前の通り樹齢は相当なわけですから。
驚くほど大きな樹ではなかったけど存在感はかなり大きかったと記憶しています。
本当に残念としか言いようがありません。

Posted by ルパン三世 at 2019年04月17日 20:46


◇まずはモンキーパンチ氏に哀悼の意を表します。

千年桜ですが、実際の樹齢は800年ほどということです。形あるものの宿命と
いえばそれまでですが、残念無念です。

でも来年も会いにいきますよ。
Posted by 生出 at 2019年04月18日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]