2018年08月26日

西会津国際芸術村(旧新郷中学校)


 _0114407.jpg

木造校舎の中に一歩足を踏み入れると、外の暑さとは裏腹にひんやりした空気に包まれる。すでに学び舎としての務めは終えたとはいうものの、元学校だったということが多少の緊張感を抱かせる。もう教科書を開くこともないのに、なぜか勉強しなければ、自分を磨かねば・・・との思いも湧いてくる(笑)

 _0114376.jpg

廊下は格好の遊び場である。掃除の時間になると、丸めた雑巾をボールに、ホウキをバッターに見立てて、すぐに野球ごっこが始まる。廊下の角には、ちょっと気の利く奴が先生の来るのを見張っていてくれる。来た!と合図を確認するや、すぐに掃除に戻る体勢は整っていた。しかし生真面目な女子が、そんな男子を許すはずもなく、必ず担任への報告をするものだから結局は怒られる羽目になる。愚行蛮行の限りを尽くした小中学校だった(笑)

 _0114370.jpg

 _0114373.jpg

元素記号もある程度は覚えたけど、結局何の役にも立たなかった。英会話にしても、ネイティブアメリカンと接したほうが手っ取り早いよね。まぁ〜そんな環境を持った人は限られていただろう。当時は旺文社のLL教室の雑誌広告をよく目にしたことも思い出した。

 _0114338.jpg

まぁ〜悩みは幾つになっても尽きないものでね、自分が押しつぶされないよう、上手に付き合って行くしかないかな。難しい問題だけどね。

 _0114330.jpg

図書室は見知らぬ世界への扉を提供してくれる。小学6年の頃だったか、アサヒグラフで見たベトナム戦争の惨状は衝撃だった。撮影者が誰だったのか、今となっては知る由も無いが、僕に写真に興味を持たせるキッカケのひとつになったのは間違いない。
posted by 生出 at 12:29 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]